ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

西濃地域環境リスクコミュニケーションモデル事業

 岐阜県においてのリスクコミュニケーション普及のため、西濃地域化学物質コミュニケーション懇談会を設置し、平成15年度には懇談会を4回、講演会を2回、そして3事業所によるモデルリスクコミュニケーションを開催し、平成16年度には懇談会を2回、そして6事業所によるモデルリスクコミュニケーションを開催しました。

<研究会委員の内訳>

 地元住民代表5名、企業9社、学識者4名、行政関係者7名の計25名

リスクコミュニケーションの概要を知る

懇談会
 開催日時平成15年11月18日(火)13:30〜14:20
開催場所ソフトピアジャパン
 

 第1回懇談会では、各委員による自己紹介から始まり、今後の予定について事務局から説明をし、リスクコミュニケーションについてほんの少し知っていただきました。

講演会

 開催日時平成15年11月18日(火)14:30〜16:00

 開催場所ソフトピアジャパン

 講師早稲田大学教授村山武彦

 演題「化学物質管理とリスクコミュニケーション」
 

 研究会終了後、早稲田大学教授の村山武彦先生に、リスクコミュニケーションについて講演をしていただきました。

講演会
 開催日時平成15年12月10日(水)13:30〜16:30

 開催場所ソフトピアジャパン

 講演「PRTR制度と今後の対応」

 環境省環境保健部環境安全課長瀬雅信課長補佐

 「リスクコミュニケーションと関係者の役割」

 大阪大学大学院工学研究科環境工学盛岡通教授

 「リスクコミュニケーションの実施事例」

 (株)大周代表取締役姜永根氏
 

 リスクコミュニケーションについて、より理解するために、3名の講師の先生に講演いただきました。

リスクコミュニケーションの知識を深める

懇談会
 開催日時平成16年1月20日(火)15:00〜17:00

 開催場所西濃総合庁舎
 

 緊急事態における企業の対応事例について、大阪大学大学院恒見清孝先生にお話いただき、意見交換を行いました。

懇談会
 開催日時平成16年2月17日(火)13:30〜15:30

 開催場所西濃総合庁舎
 

 モデルリスクコミュニケーションを実施する帝人デュポンフィルム(株)岐阜事業所、日本合成化学工業(株)大垣事業所、イビデン(株)に、リハーサル的な抜粋版リスクコミュニケーションをしてもらい、意見交換を行いました。

懇談会

 開催日時平成16年8月5日(木)

 開催場所西濃総合庁舎
 

 平成15年度に引き続き、平成16年度のリスクコミュニケーションの進め方について、話し合いました

実際にリスクコミュニケーションを行う

リスクコミュニケーション

<平成15年度>
 開催日時平成16年3月5日(金)12:45〜17:15

 開催場所西濃総合庁舎

 開催事業所
 ●帝人デュポンフィルム(株)岐阜事業所

 ●日本合成化学工業(株)大垣事業所

 ●イビデン(株)(PDF3.7KB) 

 帝人デュポンフィルム(株)岐阜事業所、日本合成化学工業(株)大垣事業所、イビデン(株)の3事業所がモデル的にリスクコミュニケーションを実施しました。

<平成16年度>

 開催日時平成16年12月2日(木)13:30〜16:30

 開催場所大垣市情報工房スインクホール

 開催事業所
 ●住友化学(株)大阪工場岐阜プラント
 ●東レ(株)岐阜事業所
 ●フタムラ化学(株)大垣工場(PDF1.5MB)

 開催日時平成16年12月17日(金)13:30〜16:30

 開催場所大垣市情報工房スインクホール

 開催事業所
 ●大垣化成工業(株)

 ●三洋電機(株)岐阜事業所
 ●太平洋工業(株)

今回の反省点、今後の要望などを話し合う

懇談会
 開催日時平成16年3月15日(月)13:30〜15:30
開催場所西濃総合庁舎
 

 リスクコミュニケーションの実施結果やアンケート結果、そして平成16年度のスケジュールなどについて説明しました。

懇談会

 開催日時平成17年3月11日(金)13:30〜15:30

 開催場所西濃総合庁舎
 

 リスクコミュニケーションの実施結果やアンケート結果、そして平成17年度以降のリスクコミュニケーションの進め方などについて、話し合いました。