ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

リスクコミュニケーション

 化学物質などが環境を経由して人の健康や生態系に悪影響を及ぼす可能性を環境リスクといい、その大きさは次式で表されます。

化学物質の環境リスク=暴露量×有害性

 環境リスクの考え方を正しく理解したうえで、住民・事業者・行政が化学物質に関する正しい情報を共有し、意思疎通を図るリスクコミュニケーションを行うことが重要です。

リスクコミュニケーションとは

リスクコミュニケーションとは?なぜ「リスクコミュニケーション」か?

リスクコミュニケーションマニュアル

はじめてリスクコミュニケーションを実施する事業所向けのマニュアル

事例集

リスクコミュニケーションの普及

研修会等

研修会開催情報など

環境省(外部サイト)における取組

化学物質に関するリスクコミュニケーション