ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

リスクコミュニケーションの普及

 岐阜県では、平成15年度より、リスクコミュニケーション普及のために各圏域において、リスクコミュニケーション等に関する懇談会や研究会の設置、講演会等の開催を行っています。

 また、その一環としていくつかの事業所において、リスクコミュニケーションをモデル的に実施してきました。

リスクコミュニケーションモデル事業の内容

 環境リスクコミュニケーション事業

 平成15年度

 ■西濃地域

 ○帝人デュポンフィルム(株)岐阜事業所○日本合成化学工業(株)大垣工場○イビデン(株)

 平成16年度

 ■岐阜・中濃地域

 ○(株)トーカイ羽島工場○ソニーイーエムエス(株)美濃加茂テック

 ■西濃地域

 ○住友化学(株)大阪工場岐阜プラント○東レ(株)岐阜工場○フタムラ化学(株)大垣工場○大垣化成工業(株)

 ○太平洋工業(株)○三洋電機(株)岐阜事業所

 平成17年度

 ■東濃地域

 ○三菱電機(株)中津川製作所

 平成18年度

 ■飛騨地域

 ○大洋薬品工業(株)高山工場

県内の事例

 県内で行われたリスクコミュニケーションの資料を見ることができます。

国内の事例

 ■(独)製品評価技術基盤機構HP(外部サイト)

 ■環境省リスクコミュニケーション(外部サイト)