ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

PRTR化学物質排出量届出制度

 化管法は、有害性のある様々な化学物質の環境への排出量を把握することなどにより、化学物質を取り扱う事業者の自主的な化学物質の管理の改善を促進し、化学物質による環境の保全上の支障が生ずることを未然に防止することを目的として制定され、 
 

 1化学物質の排出量等の届出の義務付け(PRTR制度)

 2化学物質等安全データシート提供の義務付け(MSDS制度)

 3化学物質管理指針

 等を規定しています。

化管法の概要(外部サイト)

 PRTR制度、MSDS制度、化学物質管理指針についてご紹介します。(環境省HP)

対象物質(外部サイト)

 第一種指定化学物質、特定第一種指定化学物質、第二種指定化学物質について(環境省HP)

データの集計と公表

 毎年、国や都道府県で集計され、公表された結果をお知らせします。