ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

大気汚染情報とは

大気汚染の状況が下表の発令基準に達したときであって、かつ、その状態が持続すると考えられる気象条件にあるときに大気汚染情報を発令します。

<大気汚染情報発令基準>

大気汚染予報

大気汚染注意報

大気汚染緊急警報

物質名 大気汚染注意報を発令する可能性がある場合の情報

大気の汚染が著しくなり、人の健康に係る被害が発生するおそれがある場合の情報

大気の汚染が急激に著しくなり、人の健康に係る被害が発生するおそれがある場合の情報
硫黄酸化物

(1)大気中の濃度の1時間値が0.2ppm以上の状態で2時間継続した場合

(2)1時間値が0.3ppm以上の状態になった場合

(3)1時間値の24時間平均値が0.15ppm以上の状態になった場合

(1)1時間値が0.2ppm以上の状態で3時間継続した場合

(2)1時間値が0.3ppm以上の状態で2時間継続した場合

(3)1時間値が0.5ppm以上の状態になった場合

(4)1時間値の48時間平均値が0.15ppm以上の状態になった場合

(1)1時間値が0.5ppm以上の状態で3時間継続した場合

(2)1時間値が0.7ppm以上の状態で2時間継続した場合

浮遊粒子状物質 1時間値が2.0mg/m3以上の状態になった場合 1時間値が2.0mg/m3以上の状態が2時間継続した場合 1時間値が3.0mg/m3以上の状態で3時間継続した場合
一酸化炭素

(1)1時間値が20ppm以上の状態で5時間継続した場合

(2)1時間値が10ppm以上の状態で15時間継続した場合

1時間値が30ppm以上の状態になった場合 1時間値が50ppm以上の状態になった場合
二酸化窒素 1時間値が0.4ppm以上の状態になった場合  1時間値が0.5ppm以上の状態になった場合 1時間値が1ppm以上の状態になった場合
オキシダント 1時間値が0.1ppm以上の状態になった場合 1時間値が0.12ppm以上の状態になった場合 1時間値が0.4ppm以上の状態になった場合
<事業者、住民の方々へのお願い>
予報

 

工場では、注意報の発令に備えて、ばい煙もしくは揮発性有機化合物(VOC)排出量の削減がおこなえる体制をとるようご協力をお願いします。

注意報

 工場では、ばい煙量を20%程度削減(VOC排出者にあっては光化学スモッグ注意報発令時にVOCの管理の徹底、排出量又は飛散量を削減)するようご協力をお願いします。

住民のみなさまにおきましては、外出をできるだけ避けること、及び屋外での活動を中止して屋内に避難するようお願いします。
目やのどなどに刺激を感じた場合には洗眼やうがいをするとともに最寄りの保健所に連絡して下さい。
また、排気ガスを減らすため自動車の運行は控えるようご協力お願いします。