ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

目的

 岐阜県では、化学物質を取り扱う事業者の皆様が、環境リスクの低減に向けて自発的にリスクコミュニケーションを実施できるよう、情報提供と普及啓発に努めています。

 その一環として、平成28年度リスクコミュニケーション研修会を下記のとおり開催しました。

開催概要

 ★日時:平成29年1月30日(月)13:00~16:30

 ★場所:中濃総合庁舎5F大会議室(岐阜県美濃市生櫛1612−2)

★参加者:94名

 ★主催:岐阜県環境生活部環境管理課

 

研修内容

 「リスク評価の結果をリスクコミュニケーションに活用しよう!」

 講師:化学物質アドバイザー寺沢弘子氏

 内容:化学物質のリスク評価の概要(シナリオの設定、有害性評価、暴露濃度推計、リスク判定)について学び、リスクコミュニケーションの場ではどのような説明をすればよいのか、研修を通じて考えていただきます。

 

前半:化学物質のリスクについて

 ・安衛法のリスクアセスメント

 ・PRTR制度と環境リスク

研修資料:ダウンロード(PDF:3.7MB)

 

後半:リスクコミュニケーションの実践

 ・想定Q&Aの作成

 ・ロールプレイング(※)

研修資料:ダウンロード(PDF:0.6MB)

 

参考資料:ダウンロード(PDF:0.3MB)

 

※ロールプレイングは架空の企業であるA社のシナリオを基に、住民の立場になって考えたA社への質問をワークシートに記入します。

 次にグループになり、住民の立場になって考えたA社への質問を10個程度にまとめた後、今度は事業者の立場になって質問に対する回答を作成します。

 その後、事業者役(工場長・環境部長・総務部長)・住民役・司会進行役に分かれロールプレイングを行います。

 

参考

岐阜県リスクコミュニケーションマニュアル

 →リスクコミュニケーションを初めて実施する事業者向けのマニュアルです。

リスクコミュニケーション県内取組み事例

 →県内事業場の取組み事例を紹介しています。