ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

目的

 岐阜県では、化学物質を取り扱う事業者の皆様が、環境リスクの低減に向けて自発的にリスクコミュニケーションを実施できるよう、情報提供と普及啓発に努めています。

 その一環として、平成27年度リスクコミュニケーション研修会を下記のとおり開催しました。

開催概要

 ★日時:平成28年1月12日(火)13:30~16:00

 ★場所:中濃総合庁舎5F大会議室(岐阜県美濃市生櫛1612−2)

★参加者:109名

 ★主催:岐阜県環境生活部環境管理課

研修内容

 1「はじめてみよう!!リスクコミュニケーション」

 講師:化学物質アドバイザー江原仁氏

 内容:リスクコミュニケーションは、決して難しいものではありません。

 実際の実施例や実施上の注意点や問題点等について、できるだけ具体的にお話をします。

資料:ダウンロード(PDF:4.4MB)

 

 2「化学物質取扱事業者のための震災対策」

 講師:みずほ情報総研株式会社貴志孝洋氏

 内容:化学物質取扱事業者の皆様を対象に、これまでの地震火災と化学物質の事例を紹介します。

具体的な震災対策やBCP(事業継続計画)などについて紹介し、震災に向けた危機管理について考えます。

資料:ダウンロード(PDF:2.8MB)

 

事務連絡「PRTRから見る岐阜県における現状と取組みについて」

担当:岐阜県環境生活部環境管理課職員

内容:平成25年度実績のPRTRデーターの説明とそこから見えてくる今後の課題、県の取組みについて説明します。

資料:ダウンロード(PDF:0.8MB)

 

参考

岐阜県リスクコミュニケーションマニュアル

 →リスクコミュニケーションを初めて実施する事業者向けのマニュアルです。

リスクコミュニケーション県内取組み事例

 →県内事業場の取組み事例を紹介しています。

岐阜県化学物質適正管理指針

 →環境リスクを低減するため、指定化学物質等を扱う事業者が講ずべき適正管理に関する措置について定めた指針です。

化学物質管理マニュアル作成例

 →規模を問わず各事業所の実情に合わせて、細部を記入いただければ化学物質管理マニュアルが完成します。

化学物質を取り扱う事業者のための震災対策マニュアル(外部サイト)

 →東京都環境局が作成した事業者が参考とすべき震災対策を分かりやすく取りまとめた「震災対策マニュアル」です。(PDF:3MB)

貴志氏の資料中の右上にあるページ数は当マニュアルの該当ページを示しており、合わせてご覧いただくことにより、より理解が深まります。