ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

大気の環境基準達成状況(平成16年度)

 大気汚染は、工場・事業場からのばい煙や粉じん、自動車の排出ガス、又は、これらが要因物質となって大気中の様々な条件の下で生成される物質などにより引き起こされます。
平成16年度の主な汚染物質の状況をみますと、二酸化硫黄、二酸化窒素については、全般的に平成15年度と同程度であり、すべての測定局で環境基準を達成することができました。
光化学オキシダントについては、すべての測定局において環境基準を超える日が見られましたがその頻度は平成15年度より多くなっていました。「岐阜県大気汚染緊急時対策要綱」に基づく光化学スモッグ予報の発令日数は9日(岐阜地域5回、西濃・羽島地域4回、可茂・東濃西部地域8回、恵那・中津川地域3回)であり、光化学スモッグ注意報の発令日数は3日(岐阜地域1回、西濃・羽島地域2回、可茂・東濃西部地域2回、恵那・中津川地域で1回)でした。
また、浮遊粒子状物質については、平成15年度と同程度でありましたが、すべての測定局で、環境基準を達成できました。

各項目の測定結果は、次のとおりです。

○二酸化硫黄の測定結果

○二酸化窒素の測定結果

○光化学オキシダントの測定結果

○浮遊粒子状物質の測定結果

○一酸化炭素の測定結果

○炭化水素の測定結果

○降下ばいじんの測定結果