ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第44号東京窯業(株)((株)TYK)

第44号東京窯業(株)((株)TYK)

業種

窯業・土石製品製造業

44号

所在地

〒507-0818

多治見市大畑町3-1

電話番号

0572-22-8151

コメント

二酸化炭素の排出量削減を毎年の環境目標に掲げ省エネ活動を推進しています。

見学受入

受け入れています。

 

E工場登録年月日

平成12年11月30日

事業の内容

窯業土石製品製造

特筆すべき取組項目

(特に重点的に配慮している項目)

<新規の取組項目>
廃棄物の再資源化を新たな目標に加え、顧客・社内の廃棄物の積極活用を推進している。
また、環境保全活動としてリサイクルビジネスに重点を置いた活動として推進している。
<継続中の取組項目>
1.災害防止活動

・危険物の流出防止、耐震補強
2.廃棄物の削減活動

・基準年に対し5%削減
3.省エネルギー活動

・基準年に対し5%削減
4.環境保全活動

・ダントツ製品の開発(顧客の廃棄物削減)
・TYK-NBNの展開(顧客の環境改善に繋がる商品の販売)

地域的な環境保全

(公害防止)

・自主基準値を設定し、継続管理している。
・焼成炉・乾燥炉の燃料削減をISO14001の目標として設定している。
(平成29年度:0.7%増加、原単位は2.5%改善(対前年度比))
・生産量増加のため総量は増加したが、省エネ乾燥炉の燃焼機構を他設備に展開したことと、水銀灯のLED化を進めることで、原単位の改善はできた。

・水資源投入量の削減については冷却水循環設備を導入して実施している。
・排水浄化処理及び能力強化を実施している。

化学物質の適正管理

・排ガス燃焼設備により排出量を削減している。
・セメント業界向けのレンガについて、酸化クロム無添加の材質の開発と適用を継続して推進している。

廃棄物・リサイクル対策

・現在は顧客の環境改善に繋がる装置、製品全般の販売を推進している。

(ISO14001の環境目標として設定し、継続活動中)

二酸化炭素削減等

地球環境保全対策

・タイマー機能を併用したインバーター設置を標準化している。
・IPM(埋め込み磁石型)モーター採用している。

・平成28年度から水銀灯のLED化と空調の代替フロン化を継続して推進している。
・混載輸送の推進と鉄道輸送の比率アップによる環境配慮輸送を継続して推進している。
・ボランティア清掃活動を継続して実施している。

(周辺の環境保全活動として全従業員に周知している。)

緑化・地域の環境保全

活動への協力支援

・年2回、周辺清掃を継続して実施している。
・各部門にて花壇整備を継続して実施している。
・入社式の記念行事として工場内にアカメガシの植樹を継続して実施している。
・工場内にエノキを植樹し育成している。
・工業高校生徒を継続して受け入れている。(フランスの大学生のインターンシップも継続して受け入れている。)

ISO14001認証取得年月日

平成10年7月13日

ホームページへのリンク

外部サイト

http://www.tyk.co.jp/