ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第190号(株)イビソク本社

第190(株)イビソク本社

業種

専門サービス業

190号

所在地

〒503-0854

大垣市築捨町3丁目102番地

電話番号

0584-89-5507

コメント

建設及び文化財コンサルティング事業を通じ、社会・地球との環境調和のとれた持続可能な発展に率先して貢献します。

見学受入

 

 

E工場登録年月日

平成28年2月8日

事業の内容

・地上測量全般、航空写真測量、建設コンサルタント、補償コンサルタント、総合文化財コンサルタント、システム開発等

特筆すべき取組項目

(特に重点的に配慮している項目)

○可燃ゴミのリサイクル

 可燃ゴミを再生紙と廃棄物に分別し、再生紙をリサイクルに回すことで二酸化炭素排出量の削減に努めている。

○電気使用量の削減

 エアコンの温度設定、退社時の電源オフの確認、環境配慮型機器の導入、クールビズ期間の設定により電気使用量の削減を実施している。

○環境活動への参加

 毎月1回の本社・支社近隣の清掃活動を実施。

 水門川クリーン大作戦、揖斐川流域クリーン大作戦への参加。

○太陽光発電パネルの設置

 本社第1ビル屋上に太陽光発電パネル設置。社内蛍光灯をLED化。

地域的な環境保全

(公害防止)

【現在の取組】

・本社をはじめとする全国の拠点で、毎月第1土曜日に地域清掃活動を一斉に実施している。
・火災、地震、洪水に伴う環境影響を想定し、準備・対応の手順を確立している。

【今後の取組】

・清掃活動範囲の拡大を図る。

・全社員への教育を重点的に実施する。

化学物質の適正管理

・該当なし

廃棄物・リサイクル対策

【現在の取組】

・可燃ゴミを再生紙と廃棄物に分別し、再生紙は理採掘業者へ再生資源として引き渡す。
・シュレッダーの有効活用を心がけている。

【今後の取組】

・可燃ゴミのリサイクル率を平成29年度実績の42%に対し、平成30年度は42%以上を目標に実施する。

二酸化炭素削減等

地球環境保全対策

【現在の取組】

・電気使用量の削減に努めており、昼休み時間帯の消灯や退社時の電源オフを徹底することやLED照明の導入により、概ね計画どおりに目標値を達成している。
・5月7日から10月31日までの期間中はクールビズを実施した。
・グリーン製品の購入を実施している。

【今後の取組】

・電気使用量の削減率を平成29年度比で3%減を目標として活動する。

・引き続き環境配慮型機器の導入を図る。

・不要な照明の電源オフを徹底する。

・毎週水曜日をノー残業デーとし、実施を徹底することにより環境負荷の低減を図る。

緑化・地域の環境保全

活動への協力支援

【現在の取組】

・いびがわクリーン大作戦に毎年参加している。
・水門川クリーン作戦に参加している。
・桜の植樹活動(千本夢桜事業、北めぐり回廊)に参加している。
・毎年の樹育運動のための「緑の募金」活動に参加している。

【今後の取組】
・当社が実施した史跡公園跡の美化運動の実施。
・岐阜県内の環境活動への参加。

・過去植樹した場所の清掃活動を実施。

ISO14001認証取得年月日

平成14年7月26日

ホームページへのリンク

外部サイト

http://www.ibisoku.co.jp/