ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第186号KYB(株)岐阜東工場

第186号KYB(株)岐阜東工場

業種

輸送用機械器具製造業

186号

所在地

〒509-0206

可児市土田60番地

電話番号

0574-26-2135(代表)

コメント

守りますみどりの地球創ります環境にやさしい製品

見学受入

総務課0574-26-2135までお問い合わせください。

 

E工場登録年月日

平成27年2月24日

 

事業の内容

 

・油圧シリンダ、産業車両用油圧機器の製造

・加工、表面処理、制御等の技術の研究開発

・社内の設備の設計製造

・自動車用電動パワーステアリングの製造

特筆すべき取組項目

(特に重点的に配慮している項目)

<新規の取組項目>
・生ごみを堆肥化することで、一般廃棄物の排出量を削減している。
・ビニール袋、気泡緩衝材、PPバンド、紙、段ボールのリサイクルを徹底化することにより廃棄物を削減している。
・電力のリアルタイム把握による無駄なエネルギー消費の削減をしている。
・電力会社のアドバイスによる省エネ活動を実施している。
<継続中の取組項目>
・大気、水質、騒音、振動及び土壌に関して、法的基準、可児市公害防止協定を上回る基準値を設定し、監視している。
・SDSデータベースを常に更新し、化学物質の適正管理、危機有害物質、環境負荷物質の削減、防災、リスクアセスメントに活用している。

地域的な環境保全

(公害防止)

岐阜東工場では、

・住宅地に隣接しているため、操業による騒音等が生活環境に影響を与えないように窓を閉めている。

化学物質の適正管理

岐阜東工場では、

・油圧シリンダ組立ラインで、環境に配慮した水性塗料を使用している。

 

使用している化学物質(SDS)のデータベース化をしており、次の事項に適正に取り組んでいる。

・関連法令の順守

・より環境負荷の低い化学物質への代替

・化学物質の環境影響、危険有害性の見える化

・化学物質リスクアセスメントの実施

廃棄物・リサイクル対策

岐阜東工場では

・食堂から排出される残飯は生ごみ処理機により減容しているが、「残渣」は一般廃棄物としてこれまで廃棄していた。

 残渣・発行促進剤・工場内で刈り取った雑草等をある割合で混ぜることにより、堆肥化することに成功した。

 この堆肥を工場内の緑地帯で使用することにより、肥料の購入を抑制し、他工場と合わせて年間4トン以上の一般廃棄物を削減できた。

・色替えや洗浄時に出る塗料を含む廃液に工場内で生じる酸性の廃液等を凝集剤として添加することにより、塗料カスと水分を分離する脱水処理を実施した。

二酸化炭素削減等

地球環境保全対策

岐阜東工場では、

・空調負荷の見直しに取組み、作業環境に影響がない範囲で優先度の低い空調を停止した。

・従業員への説明や各機器の運転条件の掲示を行い、節電を図った。

・電動ピークカットのため、空調負荷を自動で抑制するデマンド監視制御システムを構築した。

・エアーコンプレッサーの圧力を最適化することで、電力使用量を低減させた。

緑化・地域の環境保全

活動への協力支援

・堆肥(※廃棄物・リサイクル対策を参照)を近隣住民にも配布しており、好評を得ている。

ISO14001認証取得年月日

平成12年2月4日

ホームページへのリンク

外部サイト

http://www.kyb.co.jp/