ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第182号(株)ギフ加藤製作所特殊処理工場

第182号(株)ギフ加藤製作所特殊処理工場

業種

自動車・同付属部品製造業

182

所在地

〒501-0222

瑞穂市別府2301-1

電話番号

058-252-1411

コメント  「地球環境にやさしい企業活動」を目指し、環境負荷を低減する技術、環境にやさしい製品の開発に努めています。

見学受入

 

E工場登録年月日

平成26年1月14日

事業の内容

自動車用機能部品・自動制御機能部品の製造

特筆すべき取組項目

(特に重点的に配慮している項目)

・顧客のグリーン調達に連携して「地球にやさしい企業活動」を目指し、環境負荷を低減する技術、環境にやさしい製品の開発に努めている。
・特殊処理は全て完全密閉容器で行われるため、煙・炎が発生せず、火災・爆発の危険が無い。また、電気炉のため本体からの温室効果ガス(CO2)の排出はない。
・騒音・振動対策により、地域住民の生活環境が損なわれないように配慮している。資源消費と廃棄物の最小化と再利用に努めている。
・自動化により、24時間体制(夜間無人化)の生産を実施している。
・全部門において低コスト・低エネルギー化に取り組み、CO2削減及びエネルギー使用量削減を図っている。

地域的な環境保全

(公害防止)

・「省エネルギー・節電日常点検表」により日頃から意識付けを行っている。
・エアー漏れ・油漏れ対策設備の点検及び修理を行い、エネルギー消費を削減。
・自動化により、24時間体制(夜間無人化)の生産を実施。

・品質不良の低減。(材料費・消耗品費の低減、エネルギーコストの低減、選別等の労力の低減)
・振動・騒音・水質を定期的に測定し、測定結果はすべて基準値以内である。
・焼入れ施設は循環式の為、排出水の排水はなく、水質汚濁及び土壌汚染を防止している。
・有事(緊急事態・油、化学物質漏洩等)に際しての対応が定められ、定期的に訓練を行っている。
・環境に対する教育(パート・契約社員・研修生・実習生を含む)を恒常的に実施する。

化学物質の適正管理

・PRTR法及び欧州REACH規制・VOC規制・CLP規制等に関連する物質の把握に努めている。
・顧客と共同で代替品化を推進している。
・購入先(油脂・消耗品メーカー)と共同で環境負荷の低い物への転換を継続中。
・SDSの最新版を電子媒体に更新し、周知徹底を図る。

・リスクアセスメントを実施する。

廃棄物・リサイクル対策

・産業廃棄物・一般廃棄物量は、計画通りに目標を達成した。
・金属屑・廃油は、リサイクル業者が引き取っている。

・白黒・両面・集約・縮小印刷を促進し、一般廃棄物の低減を促している。
・梱包用ビニール・ストレッチフィルムを削減し、一般廃棄物の低減を促している。
・長寿命の消耗品(工具・油等)の仕入先及び品種の調査と発注を行っている。
・食事用のマイはし運動を実施中。
・エコマーク商品・トップランナー型・再生材料等の購入の広報及び促進。
・不要になった用紙をリサイクル業者に搬入している。(3回/年)

二酸化炭素削減等

地球環境保全対策

・全社でエネルギー管理士2人・エネルギー管理員26名・防災士1名の資格を確保した。
・処理は全て完全密閉容器で行われるので、煙・炎は発生せず火災・爆発の危険がない。また、電気炉の為、本体からのCO2排出はない。
・空調・給水温度設定の順守。
・環境配慮の輸送方法として、社内巡回トラック便を有効利用する。
・燃料の使用量を把握すると共に、エコドライブや相乗りを啓発するポスターを掲示するなど、CO削減に努力する。

・順次、蛍光灯をLEDに変更する。
・「環境情報報告書」を年間83件作成しており、環境配慮の啓蒙活動を実施している。

緑化・地域の環境保全

活動への協力支援

・5月30日にゴミゼロ運動を実施している。
・日常的に工場内外の4Sを実施している。
・歩きタバコの禁止及び勤務時間中の禁煙を長年実施している。
・地域住民と交流を図り、地域活動(側溝掃除・草取り)に参加している。
・徹底した騒音・振動・臭気対策を実施。地域住民の生活環境が損なわれないよう配慮している。
・中高大学生の工場見学及びインターンシップを積極的に受け入れている。

ISO14001認証取得年月日

 

ホームページへのリンク

外部サイト

http://www.kgk.jp/