ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第178号(株)東海スプリング製作所本社・鵜沼工場

第178号(株)東海スプリング製作所本社・鵜沼工場

業種

金属製品製造業

事業所の写真

所在地

〒509-0135

各務原市鵜沼羽場町7丁目230番地

電話番号

058-384-2151

経営方針等

地球環境保全が人類共通の最重要課題であることを全社員が認識して行動し社会の発展に貢献します。

見学受入

見学をご希望の方は、総務担当(058-384-2151)にご相談ください。

 

E工場登録年月日

平成23年1月23日

事業の内容

金属のスプリング、プレス品、組立品の開発・設計・製造

特筆すべき取組項目

(特に重点的に配慮している項目)

<新規の取組項目>

・エコキャップ活動を推進している。

・緑の募金を実施している。

 

<継続中の取組項目>

○電力使用量削減

・省エネ型コンプレッサーへの更新や運転管理の徹底を行っている。

・電気式熱処理炉の温度管理を行っている。

・工程の改善により稼働時間の短縮を図っている。

 

○産業廃棄物の削減・リサイクル推進

・洗浄液の再生を行っている。(特別管理産業廃棄物→再製品化)

・一般ごみの再利用を行っている。(一般廃棄物→固形燃料化)

・廃油を工程内で再利用している。(コンプレッサードレンを製品の洗浄に利用)

・排水処理設備で使用する薬品(メタノール)について、再生品を使用している。

地域的な環境保全

(公害防止)

・騒音・振動や工場排水の測定を月1回実施し、法令への適合性を確認している。
・夜間におけるプレス機の運転を制限し、夜間騒音を発生させないよう配慮している。

化学物質の適正管理

・排水処理設備(脱窒処理工程での栄養源)に使用するメタノールの供給量の制御を行うことにより、使用量の削減を図っている。
・仕入れ先へ化学物質管理を指導している。
・環境負荷物質(SOC)をチェックしている。
・洗浄廃液をリサイクル業者に引き渡している。

 平成28年度実績:7,400L

廃棄物・リサイクル対策

・一般ごみ(紙類)を燃料用としてリサイクルすることや、梱包用ビニール、廃プラスチック類を再生することにより、廃棄物を削減している。
・コンプレッサーのドレン排水を100%再利用(熱処理工程の洗浄水として使用)している。

 平成28年度実績:66,800L

・ペットボトルのフタを収集し、そのリサイクルで発生した利益を、発展途上国の子ども向けワクチン代として寄付する「エコキャップ運動」に参加している。

二酸化炭素削減等

地球環境保全対策

・アイドリングストップの啓発看板を工場内に設置し、協力を呼びかけている。(来客車両・従業員車両、フォークリフトが対象)

緑化・地域の環境保全

活動への協力支援

・工場内の植栽維持に努めている。
・平成24年度から全国緑化推進委員会の「緑の募金」に協力している。

ISO14001認証取得年月日

平成14年2月20日

ホームページへのリンク

外部サイト

http://www.tokaispring.co.jp/