ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第142号セントラル建設(株)恵那アスコンセンター

第142号セントラル建設(株)恵那アスコンセンター

業種

建設業

142号

所在地

〒509-7122

恵那市武並町竹折15-2

電話番号

0573-28-2510

コメント

当社では毎月2回、ボランティア活動とし、地域の清掃活動を行っています。

見学受入

 

 

E工場登録年月日

平成15年3月5日

事業の内容

アスファルト合材、リサイクル砕石の製造販売

建設副産物の中間処理

特筆すべき取組項目

(特に重点的に配慮している項目)

【新規の取組項目】
○化学物質対策

・アスファルト製品の製造に関わる各材料のSDS(製品安全データシート)の整備と保管をしている。

 

【継続中の取組項目】
○廃棄物処理・リサイクル対策

・リサイクル製品(再生アスファルト、再生路盤材)の製造販売を行っている。

・産業廃棄物(アスファルト塊、コンクリート塊)の受入れと中間処理を行っている。
○エコ製品の採用

・アスファルト混合物の付着防止剤に植物性の製品を使用している。
・悪臭防止対策として、アスファルトに天然の臭気中和剤を添加している。
・試験用の溶剤にフロン・塩素系溶剤代替洗浄剤を使用している。
○省エネ機器の導入

・太陽光発電販売事業に取り組んでおり、社内1箇所に太陽光パネル(4.16kw)を設置している。
・事務所内の照明をLED照明に変更している。

地域的な環境保全

(公害防止)

・年2回、事業所の敷地内にて臭気濃度を測定している。

・アスファルト製品に天然の臭気中和剤を添加し、悪臭抑制に努めている。

・雨水の貯蔵タンクを設置しており、雨水は場内散水に使用し、粉じんの飛散の抑制に努めている。

・油水分離槽を設置し、定期的に清掃、維持管理している。

・骨材乾燥炉はA重油を使用し、燃料の改善を行っている。

化学物質の適正管理

・アスファルト製品の製造に関わる各材料のSDS(製品安全データシート)の整備と保管を行っている。

廃棄物・リサイクル対策

・再生アスファルト合材、再生路盤材の製造販売と自社使用を行い、100%リサイクルに努めている。(県産品リストに登録)

・建設副産物の受入と中間処理を行っている。

二酸化炭素削減等

地球環境保全対策

・太陽光発電販売事業に取り組んでおり、社内1箇所に太陽光発電設備(4.16kw)を設置している。

・事務所内の照明をLED照明に変更した。

・工場内照明を一部LED照明に変更した。

・ハイブリット営業車9台、重機に低公害型車両を採用している。また、リース時には低公害型車両を義務付けしている。

・「エコドライブ宣言」を行っており、社用車を対象にエコドライブチェックシートの記入を義務づけている。

・全グループ社員及び関係協力会社に対して、啓示物及び機関誌等を用いて、エコドライブ、アイドリングストップの啓発をしている。

・燃料の燃費率向上、消費電力の削減に自主目標を定めている。

・アスファルト合材の試験用溶剤にフロン・塩素系溶剤代替洗浄剤を使用している。

緑化・地域の環境保全

活動への協力支援

・月1回第3土曜日の早朝に、事業所周辺の沿道清掃を実施している。

・恵那市環境対策協議会主催の環境美化作業及び「恵那環境美化の日」に参加している。

・恵那市環境対策協議会機関誌「青と緑と太陽」第50号に寄稿した。

・平成29年度は中学生2名(職場体験)、高校生7名(インターンシップ)の受け入れ、恵那ロータリークラブに事業場見学を実施した。

・恵那市環境対策協議会の会員である。

・岐阜県緑化推進委員会の賛助会員である。

・岐阜県環境推進協会会員である。

・グループ企業も月1回、各事業所周辺の清掃活動を実施している。

・「えな環境フェア」に毎年展示ブースを出展している。

ISO14001認証取得年月日

平成13年12月21日

ホームページへのリンク

外部サイト

http://www.central1961.com/