ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第129号明知ガイシ(株)大久手工場

第129号明知ガイシ(株)大久手工場

業種

窯業・土石製品製造業

129号

所在地

〒509-7712

恵那市明智町1001-200

電話番号

0573-54-2121

コメント

地球環境の保全に努め自然に優しい企業づくりに取り組んでいます。

見学受入

 

 

E工場登録年月日

平成13年11月15日

事業の内容

ガイシ製造

特筆すべき取組項目

(特に重点的に配慮している項目)

<新規の取組事項>

○生物多様性保全の取組み

・日本ガイシグループの環境行動5カ年計画(2016〜2020年)の強化項目[生物多様性保存への対応]の取組みとして、環境省/経団連が推進する「MY行動宣言」の参加を計画中。

<継続中の取組事項>

○第4期環境行動計画5カ年計画(2016〜2020年)の取組み

・環境行動5カ年計画の重要項目であるCOと排出物の削減及びリサイクル率の向上に努めている。

○地域の環境保全活動への協力

・地域の環境美化活動及びまちづくりフォーラムの清掃活動に定期的に参加している。

地域的な環境保全

(公害防止)

・大気関係は毎年2回測定している。

・焼成炉の燃料を軽油からLNGに転換し、環境負荷低減を行っている。

・トンネル窯2基から1基に減らして単独窯1基を稼働させ、フレキシブルな生産対応とすることで、大気への影響を低減し継続している。

・水質は、毎週COD、全窒素、全燐、毎月BOD、PH、SSを測定している。また、その他水質への環境負荷物質を毎年測定している。なお、いずれも環境基準値内を維持している。

・工場排水の再利用による排水量低減を継続している。

化学物質の適正管理

・化学物質の使用量報告とSDSの情報による有害物質を含まない製品に変更推進している。

・一部上塗りペイントのノントルエン化を継続して使用している。

廃棄物・リサイクル対策

・排出物の削減回収や分別強化を継続的に実施し、リサイクル率向上に努めている。

・2014年から工場再構築を進めているため、排出物発生量は2017年度は前年度比0.02%減であった。

・リサイクル率は98.8%を維持した。

・2018年度は99%以上への向上を目指している。

二酸化炭素削減等

地球環境保全対策

・汎用設備の高効率化設備への順次更新を実施している。

・エアー漏れ防止対応を継続している。

・省エネ改善の抽出アイテム(12項目)を実施した。

・CO2総排出量は2017年度は前年度比3%の増であった。これは、乾燥室の熱源に蒸気を使用したことにより、重油の使用量が増加したためである。

・2018年度はボイラーを重油からLNGに燃料転換する予定である。

緑化・地域の環境保全

活動への協力支援

・工場内緑化の活動を推進している。

・四季を通じて花の植樹をしている。
・事業所内の環境美化活動等を推進している。

ISO14001認証取得年月日平

平成13年8月23日

平成29年8月31日(2015年版取得)

ホームページへのリンク

外部サイト

http://www.akechi-gaishi.co.jp/