ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

エコドライブ10のすすめ

 エコドライブは、毎日の運転の中でも、ちょっとした心がけで実践することできます。
「エコドライブ10のすすめ」を参考に、ご自分にできることから取り組んでみましょう。

1ふんわりアクセル『eスタート』

やさしい発進を心がけましょう。

普通の発進より少し緩やかに発進する(最初の5秒で時速20キロが目安です)だけで10%程度燃費が改善します。やさしいアクセル操作は安全運転にもつながります。時間に余裕を持って、ゆったりした気分で運転しましょう。

2加減速の少ない運転

車間距離は余裕をもって、交通状況に応じた安全な定速走行に努めましょう。

車間距離に余裕をもつことが大切です。車間距離を詰めたり、速度にムラのある走り方をすると、加減速の機会も多くなり、その分市街地で2%程度、郊外で6%程度燃費が悪化します。交通の状況に応じ、できるだけ速度変化の少ない安全な運転を心がけましょう。

3早めのアクセルオフ

エンジンブレーキを活用しましょう。

信号が変わるなど、停止位置が分かったら、早めにアクセルから足を離しましょう。そうするとエンジンブレーキが作動し、2%程度燃費が改善します。また減速したり、坂道を下る時にはエンジンブレーキを活用しましょう。

4エアコンの使用を控えめに

気象条件に応じて、こまめに温度・風量の調整を行いましょう。

車のエアコンスイッチ(A/C)は車内を冷却・除湿する機能です。暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをOFFにしましょう。また、夏場には、設定温度を下げすぎないことがポイントです。外気温25℃の時に、エアコンを使用すると、12%程度燃費が悪化します。

5アイドリングストップ

無用なアイドリングをやめましょう。

10分間のアイドリング(ニュートラルレンジ、エアコンOFFの場合)で、130cc程度の燃料を浪費します。待ち合わせや荷物の積み下ろしのための駐停車の際にはアイドリングを止めましょう。
また、現在販売されているガソリン乗用車は、基本的に暖機運転は不要です。厳寒期・寒冷地などの特別な状況を除き、走りながら暖めるウォームアップ走行で十分です。エンジンをかけたら、なるべくすぐに出発しましょう。

6渋滞を避け、余裕をもって出発しましょう

出かける前に道路交通情報を活用して、行き先やルートをあらかじめ確認しましょう。

出かける前に、渋滞・交通規制などの道路交通情報や、地図・カーナビなどを活用して、行き先やルートをあらかじめ確認し、時間に余裕をもって出発しましょう。さらに、出発後も道路交通情報をチェックして渋滞を避ければ燃費と時間の節約になります。たとえば1時間のドライブで道に迷い、10分間余計に走行すると17%程度燃料消費量が増加します。

7タイヤの空気圧をこまめにチェック

タイヤの空気圧を適正に保つなど、確実な点検・整備を実施しましょう

タイヤの空気圧が適正値より50kPa(0.5kg/cm2)不足した場合、市街地で2%程度、郊外で4%程度、それぞれ燃費が悪化します。また、安全運転のためにも定期的な点検は必要です。。

8不要な荷物は積まずに走行

不要な荷物は積まないようにしましょう

100kgの不要な荷物を載せて走ると、3%程度燃費が悪化します。車の燃費は荷物の重さに敏感です。運ぶ必要のない荷物は、車から下ろしましょう。また、車の燃費は、空気抵抗にも敏感です。スキーキャリアなどの外装品は使用しないときは外しましょう。

9走行の妨げとなる駐車はやめましょう

迷惑駐車はやめましょう。

交通の妨げになる場所での駐車は交通渋滞をもたらします。他の車の燃費を悪化させるばかり、交通事故の原因にもなります。迷惑駐車の少ない道路では、平均速度が向上し、燃費の悪化を防ぎます。

10自分の燃費を把握しよう

自分の車の燃費を把握することを習慣にしましょう。

自分の車の日々の燃費を把握すると、自分のエコドライブ効果が実感できます。車に装備されている燃費計・エコドライブナビゲーション・インターネットでの燃費管理などのエコドライブ支援機能を使うと便利です

※データ出所:(財)省エネルギーセンターなどの測定結果

リンク

エコドライブ普及推進協議会【外部サイト】「エコドライブ10のすすめ」のくわしい説明や、その他のエコドライブ情報を紹介しています。
 

エコドライブバナー【外部サイト】