ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県リサイクル認定製品

緑化基盤材
土をつくる素
土をつくる素(画像) 認定番号 278
認定年月日(最初) 平成22年12月1日
認定年月日(現在) 平成28年12月1日
認定有効期限 平成31年11月30日
認定事業者 株式会社吉城コンポ
代表者職氏名 取締役社長山畦義久
所在地郵便番号 〒509-4256
所在地住所 飛騨市古川町高野1345-13
担当者氏名 北村勝己
電話番号 0577-73-7560
FAX番号 0577-73-7561
循環資源 循環資源名 バーク・家畜糞尿堆肥・生薬残さ、もみ殻燻炭
循環資源使用割合 100%
循環資源仕入先

バーク:飛騨市森林組合、佐合木材等

牛糞:各家畜農家

生薬抽出残さ:アルプス薬品工業(株)

もみ殻燻炭:(社福)吉城福祉会

その他の原材料
製造所所在地 飛騨市古川町高野1345-13
商品のサイズ・重量 40リットル(約18kg)
単価

450円/40L
(単価は、あくまでも参考価格であり、採用するにあたっては、製造業者等に問い合わされ、見積り等を徴収したうえで決定されるようにしてください。)

販売場所 JA農業協同組合、(有)シモエダ、(株)バロー他
製品紹介

用途:農業等の土壌改良

・本製品は、地域から排出される生薬の抽出残さ(トウキ、シャクヤク、センナなど)と牛糞を混合し、発酵処理することで、窒素・リン酸・カリウムの三要素のほか、作物が必要とする微量要素(ミネラル)も豊富に含んだ有機堆肥です。地元や県内の農業者等に使用していただいています。
・生薬残さと牛糞の適切な配合により、微生物が働きやすい環境を整える。
・団粒構造を促進し、本来の健全な土にする。

・ミネラルが豊富で作物本来の風味を引き出す。

・化学肥料が農薬の量を控えることができ、環境負荷を少なくする。