ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

看護部

看護部理念

 私たちは、誠意をもって障がい児の生活を大切にした看護を提供する。

 

看護部方針

 1)対象の一人ひとりを深く理解し、個別性を尊重した児および家族中心の看護を実践する。

 2)安全な療育環境を提供する。

 3)看護実践能力の開発に努め、科学的・創造的かつ主体的に看護を実践する。

 4)他部門と信頼関係を保ちチーム療育を遂行する。

 5)顧客満足と職務満足の向上に努める。

 

看護部目標

 1)こども中心の質の高い看護・療育サービスを提供する。

 2)他職種と協働して、こどもと家族を支援する。

 3)専門職としての能力開発をはかり、看護・療育の責任と役割が果たせる。

 4)再整備事業の方針に則り、それぞれの役割を果たす。

 

看護部の取り組み

 看護部教育計画

 クリニカルラダー

 

 看護部の取り組み事例

 口腔ケアについて

 姿勢管理(援助)について

 レクリエーション活動

 

 看護部委員会組織図

 

EST・・・食べること(摂食嚥下機能、姿勢保持、栄養)サポートチーム

 科学的視点をもって入園児の安全で楽しく豊かな食事を実現するために、個々の児に応じて食事形態、栄養、姿勢、介助などを検討し、実践を行っています。

 構成員:医師、看護師、言語聴覚士、管理栄養士