ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

7.主要行事

 ここでは、ヘルプマークに関し、これまでに県で行った主な行事を掲載しています。



平成29年7月26日(水曜日障がい者団体に対する「ヘルプマーク普及啓発委任状授与式」を行いました

平成29年8月1日からのヘルプマークの配布開始に先立ち、県内の障がい者関係団体に対し、ヘルプマークの積極的な普及啓発を依頼するため、岐阜県障害者社会参加推進センターに対する委任状授与式を下記のとおり開催しました。

 

○授与式の様子

団体全体授与の様子

 

○授与式について

日時 平成29年7月26日(水曜日)13時30分から14時
場所 岐阜県水産会館1階大会議
次第

・委任状授与

・委任の言森岡久尚(もりおかひさよし)健康福祉部長

・決意表岡本敏美(おかもととしみ)岐阜県障害者社会参加推進センター会長

・記念撮影

 

※岐阜県障害者社会参加推進センター

 障がい者問題に関する討議及び国、県への要望事項のとりまとめ等を行うとともに、障がい者の社会参加を支援することを目的に各種事業に協力する機関で、県から県身体障害者福祉協会への委託により設置。加盟団体等詳細は、当センターのホームページ(外部サイト)をご覧ください。

 



平成29年12月7日(木曜日)JR岐阜駅で障害者週間の街頭啓発を行いました

「岐阜県障害のある人もない人も共に生きる清流の国づくり条例」の趣旨等を踏まえ、障害者週間(12月3日から9日)に合わせ、JR岐阜駅等県内8か所において、県、市町村、障がい者関係団体が協力し総勢約140名で街頭啓発を行い、障害者差別解消法やヘルプマークの啓発をしました。

なお、JR岐阜駅での街頭啓発には十六銀行にも参加いただきました。



平成30年2月15日(木曜日十六地域振興財団より「ヘルプマーク作成」に対する助成をいただきました

公益財団法人十六地域振興財団より、平成29年8月から配布しているヘルプマークの作成に対し、10万円の助成をいただきました。

このことについて、下記のとおり助成目録贈呈式を行い、同財団から目録を贈呈していただき、県から感謝状をお贈りしました。

 

いただいた助成金により、ヘルプマーク約700個を作成させていただきます。

 

〇目録贈呈式の様子

 贈呈式の様子森岡健康福祉部長と村上支店長

 

○目録贈呈式について

日時 平成30年2月15日(木曜日)10時から10時30分
場所 県庁9健康福祉部長室

目録贈呈者

(当日出席者)

公益財団法人十六地域振興財団

十六銀行県庁支支店村上寛誉(むらかみひろたか)氏

目録受領者 健康福祉部森岡久尚(もりおかひさよし)
助成金額

10万円

(助成金により、ヘルプマーク(約700個)を作成させていただきます。)

 

 

 

令和元年12月22日(日曜日)塚本明里氏に対する「岐阜県ヘルプマーク普及啓発大使委嘱式」を行いました

ヘルプマークの更なる普及啓発を促進するため、自らヘルプマークの普及啓発に取り組まれていた、塚本明里(つかもとあかり)氏を岐阜県ヘルプマーク普及啓発大使に委嘱しました。

 

〇委嘱式の様子

委嘱状を授与する写真 部長との写真

 

〇委嘱式について

※委嘱式は、「第4回障害のある人もない人も共に生きる清流の国づくり県民大会」(ふれあいハートフルステージ)の一部として行いました。

日時 令和元年12月22日(日曜日)13時55分から14時5分
場所 ぎふ清流文化プラザ2階長良川ホール(岐阜市学園町3丁目42)
交付者 健康福祉部長
次第

13時30分から13時40分挨拶

13時40分から13時55分表彰式

13時55分から14時05分岐阜県ヘルプマーク普及啓発大使委嘱式

 ・委嘱状授与

 ・たすき授与

 ・写真撮影

14時05分から14時15分内閣府2019年度「心の輪を広げる体験作文」受賞伝達式

14時30分から15時00分大垣北高等学校音楽部による合唱

15時05分から15時50分式町水晶(しきまちみずき)バイオリンコンサート

 

 

〇塚本明里(つかもとあかり)氏について

 ・平成2年2月17日生まれ。可児市出身、在住。

 ・外見からは分からない、治療が難しい3つの病気(筋痛性脳脊髄炎、繊維筋痛症、脳脊髄液減少症)を患いながらも、

 岐阜ご当地タレント・モデルとして幅広く活動。

 ・平成25年10月より、可児市ふるさと広報大使に就任。