ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

視覚障がい者のSOSシグナルと点字ブロックについて

1白杖を上げている人を見たら声をかけて下さい

 

このマークは、視覚に障がいのある方が、外出先で困ったことがあった場合などに、白杖を頭上50cm程度に掲げて周囲の方にサポートを求める「白杖SOSシグナル」の普及啓発を図るためのシンボルマークです。

このような視覚に障がいのある方を見かけたら、すすんで声をかけ、困っていることを聞き、必要なサポートをしましょう。

※このシンボルマークは、岐阜市において、視覚に障がいのある方の「SOSシグナル」のイメージをわかりやすく伝えるようなマーク等のデザイン画について募集を行い、全国各地より応募のあった288点の中から採用された作品をもとに作成されたものです。

白杖SOSシグナル普及啓発シンボルマーク

 

2点字ブロック上に物を置かないで!

 視覚に障がいがある方は歩道にある点字ブロックをたよりに歩行しています。点字ブロックの上に物を置いたり、自動車や自転車などを停めることは、視覚に障がいのある方にとって、歩行の妨げになるだけでなく、大変な危険を招きますので、点字ブロックを障害物でふさがないように気をつけましょう。