ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

喫煙可能室について

 既存の飲食店のうち経営規模が小さい事業者が運営するものについては、直ちに喫煙専用室等の設置を求めることが事業継続に影響を与えることが考えられることから、これに配慮し、一定の経過措置を設けています。

 特定施設等の屋内の全部又は一部の場所に、たばこの煙の流出を防止するための技術的基準に適合した「喫煙可能室」を設置することができます。「喫煙専用室」と異なり、喫煙以外の行為(飲食等)が可能です。

 

<屋内の一部を喫煙可能室とする場合>

喫煙可能室 

 

<屋内の全部を喫煙可能室とする場合>

喫煙可能店

 

喫煙可能室を設置する際に遵守すべき項目

1.たばこの煙の流出を防止するための技術的基準を満たさなければならない

<技術的基準>

ア.出入口において室外から室内に流入する空気の気流が0.2m毎秒以上であること
イ.たばこの煙(蒸気を含む。以下同じ。)が室内から室外に流出しないよう、壁、天井等によって区画されていること
ウ.たばこの煙が屋外に排気されていること

 ※ただし、既存特定飲食提供施設の全部の場所を喫煙可能室とする場合には、上記イの基準を満たすこととする

 

<技術的基準に関する経過措置>

施行時点に既に存在している建築物等であって、管理権原者の責めに帰することができない事由によって上記ウの基準を満たすことが困難な場合にあっては、経過措置として、たばこの煙を十分に浄化し室外に排気するために必要な措置が取られた脱煙機能付き喫煙ブースの設置が認められています。(上記アとイは基準を満たす必要があります)

 

「たばこの煙を十分に浄化し室外に排気するために必要な措置」は以下のとおりです。

・総揮発性有機化合物の除去率が95%以上であること。
・当該装置により浄化され、室外に排気される空気における浮遊粉じんの量が0.015mg/m3以下であること。

・当該ブースから排出された気体が室外に排気されていること。

 

2.必要な事項を記載した標識を掲示しなければならない

 <一部の場所を喫煙可能室にした場合>

〇喫煙可能室の出入口の見やすい場所に掲示

 (標識の例:喫煙可能室(PDF823KB)

・当該場所が喫煙をすることができる場所である旨
・当該場所への20歳未満の者の立入りが禁止されている旨

 

〇施設の主たる出入口等の見やすい場所に掲示

 (標識の例:喫煙可能室あり(PDF825KB)脱煙装置を設置した喫煙可能室あり(PDF33KB)

・喫煙可能室が設置されている旨

 

<全部の場所を喫煙可能室にした場合>

〇施設の主たる出入口等の見やすい場所に掲示

 (標識の例:喫煙可能店(PDF825KB)

・当該施設が喫煙をすることができる施設である旨
・当該施設への20歳未満の者の立入りが禁止されている旨

 

3.喫煙専用室へ20歳未満の者を立ち入らせてはならない(従業員も含む)

 

4.既存特定飲食提供施設の要件に係る書類を保存しなければならない

・客席部分の床面積に係る資料(店舗図面等)

※「客席」とは、客に飲食をさせるために客に利用させる場所をいい、店舗全体のうち、客席から明確に区分できる厨房、トイレ、廊下、会計レジ、従業員専用スペース等を除いた部分を指します。

・資本金の額又は出資の総額に係る資料(法人の場合)

※資本金の額や出資の総額が記載された登記、賃借対照表、決算書、企業パンフレット等

 

5.喫煙可能室設置施設の届出を行う

・届出の受付についてはこちらをご覧ください。