ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「清流の国ぎふオレンジリボン運動」について

 「オレンジリボン」は、子ども虐待防止のシンボルです。

 子ども虐待防止は、県子ども相談センター(児童相談所)や市町村などの公的機関だけで対応できるものではなく、社会全体で解決していかなければなりません。

 「清流の国ぎふオレンジリボン運動」は、子どもを虐待から守るため、県民の皆様一人ひとりが、この問題への理解を深め、岐阜県で生まれ育つ子どもたちの健やかな成長を願って、共に行動することを呼びかける運動です。

 岐阜県では、11月の「児童虐待防止推進月間」を中心にして、児童虐待防止の普及啓発活動を行い、県民の皆様に対して、この問題に対する関心と理解を呼びかけています。

 周りの子どもたち、親たちを温かい目で見守っていただき、「清流の国ぎふオレンジリボン運動」の輪を広げていただきますようお願いします。

 

 

清流の国ぎふオレンジリボン児童虐待防止講演会

 

○日時/平成30年11月13日(火)13:00から15:00まで

○場所/ぎふ清流文化プラザ長良川ホール(岐阜市学園町)

○内容/テーマ:「子ども虐待をめぐる心理」〜虐待する親と虐待された子ども〜

 講師:山梨県立大学人間福祉学部教授西澤哲(にしざわさとる)氏

○料金/無料

○定員/300名

○その他/託児、手話通訳、要約筆記あり

○申込・問合せ先/(株)プラド内清流の国ぎふオレンジリボン児童虐待防止講演会募集係まで、

 案内チラシの郵送、FAX、またはEメールにてお申込みください。

 郵送先:〒500−8833岐阜県岐阜市神田町1-8-4プラドビル

 TEL:058‐264‐1173(受付時間:平日9:30〜17:30) 

 FAX:058-266-6300

 Eメール:seiryu_orange@prad.co.jp

案内チラシ(PDF:268KB)

 

 

第11回オレンジリボンたすきリレー

 

 県内の児童福祉関係者やボランティアが主体となり、「第11回岐阜オレンジリボンたすきリレー」が開催されます。

 オレンジリボンをたすきに仕立て、児童虐待防止のメッセージを伝えることを目的として、長良川コース、木曽川コース、揖斐川コース、三川コースの4コースをランナーが走破し、岐阜メモリアルセンター長良川競技場(岐阜市)を目指します。

 

(1)日程/平成30年10月28日(日)午前8時から午後12時30分まで

(2)会場/各スタート地点から、岐阜メモリアルセンター長良川競技場(岐阜市)までを走破します。

各中継地点及びゴール会場で児童虐待防止の啓発活動を行います。

(3)主催/岐阜オレンジリボンたすきリレー実行委員会

 事務局:子ども家庭支援センターぎふ「はこぶね」(連絡先058-296-2172)