ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

農業大学校が目指すもの

県民の生命・健康を守る農業を担う青年農業者等の育成

 農業就業者人口の著しい減少と高齢化が進むなか、今後岐阜県農業を維持発展するためには、若い担い手

 の育成が必要です。夢・チャレンジ精神・豊かな創造力を育みながら、明日の岐阜県農業の担い手の育成を目

 指します。

個性豊かで、独創性と協調精神旺盛な農業技術者の養成

 個性豊かで、独創性と協調精神旺盛な農業技術者の養成を目指します。

 

実践教育

 教室での座学と屋外での実習の割合を1:1に設定し、プロジェクトを中心とした教育を行い、実践力を養成

 します。

派遣学習の実施

 学校では、体験できない実践的な技術やめざましく進展する先端技術、流通、情報、海外農業事情等につい

 て、職場、先進農家、海外派遣学習を実施し、学校教育を補完します。

少数濃密指導

 学生の資質と進路にあった個人指導を行い、学生個々の能力を開発します。

全寮制教育

 在学中は全寮制とし、実践的教育を効果的に行うこととともに、共同生活を通じて自律と協調の精神の涵養

 を図ります。

実習 牛舎 野菜
青年農業家の育成 個性豊かな農業技術者 実践教育
野菜 海外派遣 少数濃密指導
体験実習 海外ホームステイ 少数濃密指導