ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

職員募集のお知らせ(教職員課小中学校係)

現在、募集はしておりません。

 

募集概要

職名

岐阜県教育委員会会計年度任用職員非常勤講師

(教科等担当非常勤講師及び特別非常勤講師)

募集人数

約1000名程度

所属名・勤務地 市町村(組合)立の小学校、中学校、義務教育学校及び岐阜特別支援学校
業務内容

〇教科等担当非常勤講師

 教科の授業及び関連する指導、児童生徒の支援等に従事していただきます。

 (任用の種別によって異なります。)

 

〇特別非常勤講師

 社会人として有する専門的知識・技術を生かして、教科の領域の一部及びク

 ラブ活動(小学校のみ)の指導に従事していただきます。

任期

〇学校の実情に応じて必要とする期間で、採用する日が属する年度内の日(最

 長でも年度末)までです。

勤務日、勤務時間及び休憩時間等

〇勤務時間は、1週間について29時間をこえない範囲において教育事務所長

 が定めます。

〇勤務を要する日及び勤務時間の割振りは勤務する学校の校長が定めます。

 (長期休業日の勤務はありません。)

所定勤務時間を超える勤務の有無
週休日、休日

週休日:土曜日・日曜日

休日:国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)

報酬

〇報酬は、時間額で支給します。

 (教科等担当非常勤講師:時給2810円)

 (特別非常勤講師:時給2580円)

〇勤務する月の翌月の21日に支給します。

〇次の全ての条件を満たす会計年度任用職員は、期末手当の支給対象となり

 ます。

 (i)任用期間が6月以上であること

 (ii)1週間当たりの正規の勤務時間が15時間30分以上であること

 (※注1)

〇次の全ての条件を満たす会計年度任用職員は、勤務実績に応じた増額報酬の

 支給対象となります。

 (i)職務に一定の専門性があること(非常勤専門職に相当する職であるこ

 と)

 (ii)任用期間が6月以上であること

 (iii)1週間当たりの正規の勤務時間が15時間30分以上であるこ

 と(※注1)

〇期末手当及び増額報酬は6月・12月に支給します。

 

(※注1)

期末手当、増額報酬における「1週間当たりの正規の勤務時間」とは、

【年間の総勤務見込時間】を【全任用期間の週数】で除した時間になります。

 (例)任用期間4月7日から3月25日(長期休業期間を除いた35週)、

 週23時間の場合

 ・年間の総勤務見込時間…23時間×35週=805時間

 ・全任用期間の週数…50週

 ・1週間当たりの正規の勤務時間…805時間÷50週=16.1時間

〇定期昇給なし

〇通勤距離に応じて通勤手当に相当する費用弁償を支給

社会保険等

社会保険の適用はありません。

条件を満たす場合は、雇用保険の加入対象となります。

〇受験資格(欠格条項)について

次のいずれかに該当する者は受験できません。

・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者

・岐阜県において懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者

・日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成

し、又はこれに加入した者

・県と特別な利害関係のある営利企業等(※)に従事する者

※例えば、補助金等の割当や交付等を行っている場合、物件の使用、権利の設定等について許認可を行っている場合などの関係、ま

たは、工事契約や物品購入契約等の契約関係がある企業をいいます。

 

〇その他留意事項

・採用後1カ月は条件付採用期間とし、この期間良好な成績で勤務した場合、正式採用となります。

・地方公務員法に定める服務に関する規定(服務の宣誓、法令等及び上司の職務上の命令に従う義務、信用失墜行為の禁止、秘密を守

る義務、職務に専念する義務、政治的行為の制限等)が適用されます。

・同法に定める懲戒処分(戒告、減給、停職、免職)及び分限処分(休職、降給、降任、免職)を受けることがあります。

・選考によらず、直近の勤務実績(人事評価)を基に、2回を限度として再度の採用を行うことがあります。

・会計年度任用職員として一度退職されたのち、他の任命権者(※)で改めて採用された場合、期末手当の期間率及び育児休業の取得

要件である勤務期間は通算できません。

※任命権者とは知事務局、教育委員会、公安委員会、その他各種委員会等(人事委員会、議会事務局、監査委員事務局、選挙管理委

員会事務局など)をいいます。

・同一の任命権者内において他の会計年度任用職員として勤務している(する)場合、週の勤務時間が計38時間45分または1日の

勤務時間が7時間45分を超過することはできません。

試験内容

試験内容 面接及び書類選考
試験日時(予定) 応募書類の提出時
試験会場 各教育事務所

 

合格発表

合格発表日(予定)

令和2年2月下旬以降

合否結果を郵送で通知します。

 

募集方法

以下のとおり申し込んでください。

申込方法及び申込書提出先

(1)提出書類

 (a)岐阜県教育委員会会計年度任用職員非常勤講師志願調書

 (b)必要とする教員免許状の写し(特別非常勤講師希望の方を除

 く)

 (c)返信用封筒(角形2号封筒、糊付き、210円切手貼付、返信

 先住所を明記)

 

(2)

1今年度、県内の小学校・中学校・義務教育学校及び岐阜市立岐阜

 特別支援学校に勤務している方(または今年度勤務していた方)

・「岐阜県教育委員会会計年度任用職員非常勤講師志願調書」に

 必要事項を記入の上、勤務校の校長に提出してください。2校以上

 勤務している(していた)方は、それぞれの勤務校の校長に相談の

 上、提出先を決定してください。

21以外の方

※新規の方や県内の公立の高等学校、特別支援学校(岐阜市立特別支

 援学校を除く)に勤務している方は2に該当します。

・「岐阜県教育委員会会計年度任用職員非常勤講師志願調書」に

 必要事項を記入し、勤務を希望する教育事務所(下記参照)へ事前

 に電話連絡の上、持参してください。希望する地区が複数ある場合

 は、希望する教育事務所全てに提出してください。

 

【岐阜教育事務所】

〒500-8384

岐阜市薮田南5-9-1岐阜県総合教育センター第3棟1階

058-278-3056

 

【西濃教育事務所】

〒503-0838

大垣市江崎町422-3西濃総合庁舎

0584-73-1111

 

【美濃教育事務所】

〒501-3756

美濃市生櫛1612-2中濃総合庁舎

0575-33-4011

 

【可茂教育事務所】

〒505-8508

美濃加茂市古井町下古井2610-1可茂総合庁舎

0574-25-3111

 

【東濃教育事務所】

〒509-7203

恵那市長島町正家後田1067-71恵那総合庁舎

0573-26-1111

 

【飛騨教育事務所】

〒506-8688

高山市上岡本町7-468飛騨総合庁舎

0577-33-1111

受付期間 令和2年1月7日(火)から令和2年2月28日(金)

 

申込書

 

添付資料

岐阜県教育委員会会計年度任用職員非常勤講師志願調書(PDF:180KB)

 

兼業届

添付資料

届出書類の記入例(PDF:132KB)

届出書類の記入例2(PDF:116KB)

 

 

問い合わせ先

所属 教職員課小中学校係
電話

058-272-1111

内線:3527

FAX 058-278-2817
メールアドレス c17766@pref.gifu.lg.jp