ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

令和2年第1回岐阜県議会定例会概要

 

 定例会初日(2月20日)、知事は令和2年度の県政運営の方針について、「『清流の国ぎふ』創生総合戦略」、5か年計画の2年目となるが、引き続き、戦略に掲げる「『清流の国ぎふ』を支える人づくり」、「健やかで安らかな地域づくり」、「地域にあふれる魅力と活力づくり」の3本の柱に基づき、県政の諸課題にきめ細かに対応していくと述べました。

 知事から提出された議案は、8,419億6千万円の令和2年度一般会計予算案をはじめとする予算関係27件、条例関係28件、その他の案件15件の計70件でした。そのうち、公安委員会委員の任命同意については、同日、可決されました。

 また、議員から提出された議案は、「岐阜県食品安全基本条例の一部を改正する条例について」1件でした。

 3月4日には、知事から「令和元年度岐阜県一般会計補正予算」の議案1件が追加提出され、同日、原案どおり可決されました。

 3月4日、5日、6日及び11日に、一般質問・質疑が行われ、県政全般にわたり知事や関係部局長等の考えを質しました。

質問に立った議員は次の皆さんです。

 

【3月4日】

玉田和浩(たまだかずひろ、自民)、林幸広(はやしゆきひろ、県民)、布俣正也(ぬのまたまさや、自民)

 

【3月5日】

澄川寿之(すみかわひさゆき、公明)、伊藤秀光(いとうひでみつ、自民)、恩田佳幸(おんだよしゆき、自民)

若井敦子(わかいあつこ、自民)、今井政嘉(いまいまさよし、自民)、渡辺嘉山(わたなべかざん、県民)

森治久(もりはるひさ、無所属)

 

【3月6日】

佐藤武彦(さとうたけひこ、自民)、野島征夫(のじまいくお、自民)、中川裕子(なかがわゆうこ、共産)

長屋光征(ながやこうせい、自民)、伊藤英生(いとうひでお、県民)、平野祐也(ひらのゆうや、自民)

平野恭子(ひらのきょうこ、無所属)

 

【3月11日】

小原尚(おはらひさし、自民)、水野吉近(みずのよしちか、公明)、国枝慎太郎(くにえだしんたろう、自民)

小川祐輝(おがわゆうき、自民)、川上哲也(かわかみてつや、無所属)、岩井豊太郎(いわいとよたろう、自民)

 

 3月11日には知事から提出された議案15件が原案どおり可決されました。

 

 定例会最終日(3月18日)には、既に議決された議案を除く、知事から提出された議案54件及び、同日に知事から追加提出された議案4件が原案どおり可決されました。

 これにより今定例会中に採決された議案全体では、知事から提出のあった議案は75件が原案どおり可決されました。

 また、議員から提出された「岐阜県食品安全基本条例の一部を改正する条例について」など条例2件、「地方創生の実現に向けた5G利用環境の整備に関する意見書について」など意見書4件がいずれも可決されました。

 請願については、「「最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める意見書」の採択を求める請願書」など、4件が不採択となりました。