ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

森林研究所

 森林研究所は、「健全で豊かな森林づくりと森林資源の利用を通じた活力ある地域社会の創造」研究開発と高度な技術支援研究開発と高度な技術支援を基本目標に掲げ、森林・林業に関する県民の要望に沿った技術開発や調査研究および技術指導のほか、企業からの受託研究を行っています。
 主な研究目標は、森林環境・生態系の科学的な解明、森林管理技術の解明、森林資源の高度な利用技術の開発です。
 研究成果は、森林・林産物を通じ、安全で快適な県民生活や産業に貢献しています。
森林研究所の取り組み(PDF形式:455KB)

 

森林の管理技術に関する研究。低コストで確実な再造林・保育技術の開発森林資源の生産・利用に関する研究。壊れにくい森林作業道作設技術の開発

育苗技術に関する研究。成長に優れたヒノキコンテナ苗の開発県産材の利用拡大に関する研究。県産製材品の品質向上につながる乾燥技術の開発

森林病虫獣害の防除に関する研究。ニホンジカ食害防止技術の開発キノコ生産に関する研究。食用きのこの品質保持技術等の開発

研究体制

森林環境部

  • 森林機能の解明と向上のための技術開発
  • 森林の更新・育成技術の開発
  • 森林病害虫・野生鳥獣の被害対策技術の開発
  • 森林バイオマス資源の生産と利用技術の開発

森林資源部

主な業務内容

森林研究所は、「健全で豊かな森林づくりと森林資源の利用を通じた活力ある地域社会の創造」研究開発と高度な技術支援を基本目標に掲げ、森林・林業に関する県民の要望に沿った技術開発や調査研究および技術指導のほか、企業からの受託研究を行っています。
主な研究目標は、森林環境・生態系の科学的な解明、森林管理技術の解明、森林資源の高度な利用技術の開発です。
研究成果は、森林・林産物を通じ、安全で快適な県民生活や産業に貢献しています。

森林研究所本館外観

関連情報