ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「リニア中央新幹線を活かした地域づくりシンポジウム」を開催しました!

リニア中央新幹線開業を見据え、開業による効果についてのご理解を深めていただくとともに、その効果を県内に波及させていくために必要な取り組みについての議論を深めていただくことを目的に、平成24年9月5日(水曜日)恵那文化センターにおいて、県内外から約530人の方にご参加いただき、「リニア中央新幹線を活かした地域づくりシンポジウム」を開催しました。

 

概要

■開催日

平成24年9月5日(水)

■場所

恵那文化センター(大ホール)

(恵那市長島町中野414-1)

■参加人数

約530名

 

■概要

 チームミナモによる「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会PR」が行われた後、岐阜県都市建築部長による開会あいさつ、同部次長による「リニア中央新幹線計画について」に説明が行われました。

 続いて、「リニア中央新幹線を活かした地域づくりに向けて九州新幹線を活かした地域づくりの事例より」と題して、福岡アジア都市研究所顧問の樗木武(ちしゃきたけし)先生に基調講演をいただきました。

 休憩をはさみ、リニア中央新幹線を活かした地域づくりに取り組まれている皆様をお招きして、「リニア中央新幹線開業を見据えた地域の魅力づくり」をテーマにパネルディスカッションが行われ、様々な意見が交わされました。

 

■ミナモとミナモダンスチームによるぎふ清流国体、ぎふ清流大会PR

ミナモとミナモダンス

 

■あいさつ(山本都市建築部長)

山本都市建築部長

 

■リニア中央線計画について(佐々木都市建築部次長)

リニア中央新幹線計画の説明

 

■基調講演

 テーマ

 リニアを活かした地域づくりに向けて

 九州新幹線を活かした地域づくりの事例より

 講師

 樗木武(ちしゃきたけし)

 福岡アジア都市研究所顧問(九州大学名誉教授)

講演

 

(休憩(ミナモ体操))

ミナモ体操

 

■パネルディスカッション

 テーマ:リニア中央新幹線開業を見据えた地域の魅力づくり

 コーディネーター:高木朗義(たかぎあきよし)岐阜大学工学部教授

 パネリスト(五十音順)

 可知義明(かちよしあき)恵那市長

 瀧多賀男(たきたがお)岐阜県観光連盟副会長(岐阜県旅館ホテル生活衛生同業組合理事長)

 樗木武(ちしゃきたけし)福岡アジア都市研究所顧問

 丸山輝城(まるやまてるき)リニア中央新幹線を活かした地域活性化協議会会長代理(中津川商工会議所会頭)

 山本馨(やまもとかおる)都市建築部長

パネルディスカッション

 

■チラシ

表(PDF形式:2.33MB

裏(PDF形式:292KB