ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

クリエイティブキャンプ2015開催報告

 平成27年10月3日(土)、4日(日)及び11月28日(土)にソフトピアジャパンで開催された「クリエイティブキャンプ2015」。

 このキャンプでは「未来のアイテム」を発想テーマとして、県内高校生とソフトピアジャパンのベンチャー企業がコラボレーションし最新のテクノロジーを活用したデジタル作品を制作します。

 最初の2日間で生徒から出されたアイデアをベースに「企画」、「目標設定」などのグループワークを行ったのち、各学校に持ち帰って約2ヵ月をかけて開発。最終日の発表会では作品をドリームコア内に展示します。

 

top

【参加者】県内の高校生23名
参加校:県立岐阜各務野高校、県立大垣商業高校、県立岐阜総合学園高校、県立飛騨高山高校
【参加企業】ソフトピアジャパン入居企業6社
株式会社GOCCO.、だるまジャパン合同会社、株式会社間チルダ、
株式会社OneGroove、おざきしめじ、有限会社トリガーデバイス

 

10月3日〜4日グループワーク

<準備>

スタッフ集合時間8時30分には、既に数名の生徒が!!何の準備もできていません・・・・オリエンテーションは10時からなのでしばらくソフトピア周辺を散策して下さい。

準備

 

<集合・オリエンテーション>

 「お待たせしました!」クリエイティブキャンプがスタートします!

オリエンテーション

 全員が集合したあと、まずは(公財)ソフトピアジャパンの渡辺副理事長の歓迎挨拶、スケジュールの確認、講師企業紹介と続き、各チームとコラボレーションするベンチャー企業を発表しました!

 

オリエンテーション2

「OTOKI」チーム・・・大垣商業高校×だるまジャパン
「音玉」チーム・・・岐阜各務野高校×OneGroove、おざきしめじ
「ホログラム」チーム・・・岐阜各務野高校×間チルダ
「SogoDreamLabo」チーム・・・岐阜総合学園高校×GOCCO.
「やまこう」チーム・・・飛騨高山高校×トリガーデバイス
 

<ベンチャー企業によるプレゼン>

企業プレゼン1

企業プレゼン2

 

 約2ヵ月間一緒に開発していく企業さんは、何をやっているのか。生徒たちは興味津々。皆さん真剣な眼差しで聞き入っています。
昨年から引き続きの4企業に加え、今年は新たな2企業が参加。生徒さんたちをよろしくお願いします。

 そして、企業によるプレゼンのあとは、キャンプでは恒例となった全員での記念撮影。

 

集合写真

 

チーム写真1

チーム写真1.1

チーム写真2

チーム写真2.1

県内各地の高校生とソフトピアのベンチャー企業が組んで、どんな「未来のアイテム」が生み出されるのか非常に楽しみです!

 

<グループワーク(1日目)>

 記念撮影のあとは、早速チームに分かれてチームビルディング。

チームビルディング

 

 お昼ご飯を挟んで、アイデアワークショップが始まりました!
午後からは、アイデアワークショップ、プロジェクト計画・立案、開発と続きます・・・・
各チームのペースで、グループワークが進んでいきました。
グループワーク1

 

あっという間に時間が過ぎ、日付も変わってまもなく午前1時を迎えますが、まだ2チームが作業を進めています。
今日の作業は1時までということで最後の追い込み。イラストを描いたりプレゼン資料を作ったりと彼ら彼女らの元気と熱意は変わりません!
グループワーク2

 

 

<グループワーク(2日目)>

 おはようございます。
秋晴れの天気の中クリエイティブキャンプ2日目がスタートしています。
8時に集合の予定でしたが、本日13:30からの中間発表会に向けて各チームの作業はすでに始まっていました!!
みなさん元気にあいさつしてくれてとても気持のいい朝です。
グループワーク3

 

 昼食もそこそこに各チーム中間発表会に向けて準備中。
リハーサルをするチームもあり、ミーティングをするチームもあり、準備に余念がありません。
グループワーク5

 

グループワーク6

 

<中間発表会>

 2日間にわたって行われたキャンプもいよいよ中間発表会です!
中間発表会ではこれからの約2ヵ月でそれぞれのチームが取り組むアイデアを発表!!
中間発表

 

IAMAS吉田学長と(公財)ソフトピアジャパン熊坂理事長のお二人からコメントをいただきます。

コメント

 

○OTOKI(大垣商業高校×だるまジャパン)
「球体を利用したプロジェクションマッピング」
昨年に続きプロジェクションマッピング。先輩たちの“ちんあなご”を超える作品に期待です。
OTOKI

 

○音玉(岐阜各務野高校×OneGroove、おざきしめじ)
「Throwmochion」(スローモーチョン)
スマートフォンでコンテンツを投げキャッチ。未来の“餅まき”!!いろいろなシーンで使えそう!
音玉

 

○ホログラム(岐阜各務野高校×間チルダ)
「新感覚メガネアクションゲーム」
雰囲気メガネを使った体感ゲーム。メガネからビーム??
ホログラム

 

○SogoDreamLabo(岐阜総合学園高校×GOCCO.)
「ライトニング・シューターMk.II」
未来の懐中電灯を使ったライトニング・シューター。使い道は??ゲーム??

SogoDremLabo

 

○やまこう(飛騨高山高校×トリガーデバイス)
「お助けQRマップ(仮)」
外国人観光客の案内に使えるお助けQRマップ(仮)。
やまこう

 

 それぞれのチームが学校や講師企業の特色を活かした企画を考えてくれました。

次のステージへ

 

 講評では厳しくも愛のこもったアドバイスをいただきました。11月28日の成果発表に向けて、これからさらに開発を進めてください。

 

<そして次のステージへ!!>

次のステージへ

 

中間発表会を終えた各チームは、残りの時間を使って1128日の成果発表会に向けた目標設定タイム。

コメンテーターのお二人も個別指導!!成果発表会までの2ヵ月間走り続けます!!

 

11/28の成果発表を乞うご期待!!!

 

 

11月28日成果発表会

10月3〜4日に1泊2日で実施したグループワークで各チームが考案したアイデアを実現するため、約2ヶ月間、各学校で講師と一緒になって開発を続けてきました。
そして、成果発表会が始まります。

成果発表

 

<特別講義>

特別講義10時からは、アニメや実10時からは、アニメや実写、CM、ミュージックビデオのCGやディレクションを行っている株式会社テトラの代表取締役の谷口充大氏にご講演いただきました。好きなことを仕事にすることや新しいアイデアを考え出す方法について、実際の経験を交えながら紹介されました。最後に「ぼくらにしかできない事を真剣に考える」という言葉をいただきました。
生徒の皆さんから、進路についての質問・相談もありました。

 

<展示会>

11時からは、ドリーム・コア1階から3階の各フロアに分かれて、チームごとに展示会を行いました。

 

飛騨高山高校×有限会社トリガーデバイスの「高校生お助けQRマップ」

QR

高山市を訪れる外国人観光客から高校生が道を尋ねられた際に手助けとなる名刺サイズの2枚折カード。
開くと、観光地図が印刷されており、裏面には英語が苦手な高校生のために情報を伝えるための定型英語文が書かれています。
 

岐阜各務野高校×株式会社OneGroove、おざきしめじの「AirMochiMAKI」

もちまき

日本の伝統的な行事である餅まきをデジタルメディアと融合させた作品。
大きなQRコードをiPodtouchで読み込むと、画面上に餅が表示されます。餅をタイミングよくタップすると、高校生が描いたオリジナルの絵がダウンロードできるようになります。
 

大垣商業高校×だるまジャパン合同会社の「EnjoyTheWorld」

プロジェクションマッピング

昨年の先輩たちのプロジェクションマッピングを進化させ、球体に寿司や新幹線などの映像を重ねた作品。
LeapMotionで指の動きを認識して、球体の映像が変化します。

 

岐阜各務野高校×株式会社間チルダの「雰囲気クエスト」

雰囲気クエスト

株式会社間チルダが開発した雰囲気メガネをかけて、部屋に隠されたiBeaconが入った箱を見つけます。
箱にiPodtouchを近づけると、雰囲気メガネを使ったミニゲームが始まります。
 

岐阜総合学園高校×株式会社GOCCO.の「TIP(TheInvisibleProject)」

TIP

腹部に仕込んだLEDテープに、背中のカメラで撮影したものを表示することで、まるで身体が透けているような体験を得ることができる作品。
手に持ったコントローラで、表示モードを切り替えることで、予め用意した映像パターンも表示できます。

 

<発表会>

 発表会1

展示会の後は、チームごとに発表会を行いました。
午前にご講演いただいた谷口氏、そして情報科学芸術大学院大学の吉田学長、公益財団法人ソフトピアジャパンの熊坂理事長に、それぞれの作品に対して、良かった点や改良点をコメントいただきました。
また、クリエイティブキャンプを通じて思ったことを、生徒、そしてコラボレートした企業の方が発表しました。
生徒からは、企業のサポートの中で、初めての作品制作やグループワークを行い、作業の進め方や分担などを学べたので、今後の活動に活かしていきたいといった感想が多かったです。
企業の方々からは、今回制作した作品に可能性を感じるので、今後も改良に向けて引き続き、プロジェクトを続けていきたいといったコメントをいただきました。

 

審査員と集合写真

 

 

<継続プロジェクト>

昨年度のオータムキャンプにおいて、岐阜各務野高校の生徒が、アプリ開発技術、デバイス連携技術などを学んで制作したARアニメーション作品「The key is you!」の改良版が、株式会社間チルダの支援により、岐阜県博物館において展示され、最大の目玉となっています。

 

ミュージアム1白紙ミュージアム2白紙ミュージアム3

 


<開催協力>
・情報科学芸術大学院大学(IAMAS)
・公益財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)
・株式会社テトラ
・伊藤忠アーバンコミュニティ・グループ
・ソフトピアジャパン企業誘致・エリア活性化推進協議会
<参加企業>

・株式会社GOCCO.

・株式会社間チルダ

・有限会社トリガーデバイス

・株式会社OneGroove
・だるまジャパン合同会社
・おざきしめじ
<運営>

・主催:公益財団法人ソフトピアジャパン
・共催:岐阜県、岐阜県高等学校教育研究会情報部会
・後援:岐阜県教育委員会