ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年度第1回北方警察署協議会

日時

平成30年6月26日(火)午後3時00分から午後4時50分まで

場所

北方警察署会議室

出席者

協議会委員8名

北方警察署長以下9名

内容

1開会のことば

 

2委嘱状交付

 

3警察署長あいさつ

○平素の警察業務に対する理解・協力に対する謝辞と、忌憚のない意見交換

○警察署協議会の制度発足経緯、運営の基本、役割と活動等について説明

 

4自己紹介

(1)北方警察署幹部

(2)北方警察署協議会委員

 

5会長・副会長の選出及びあいさつ

○会長:山本英弘氏

 安心安全な街づくりのために皆さんと協力して意見交流を図りたい。

○副会長:林重弘氏

 皆さんと協力して全うしていきたい。

 

6議題

(1)北方警察署管内概要説明

 副署長が北方警察署の組織構成、平成29年度中における事件・事故の発生状況等について説明

○事件関係

 管内の刑法犯認知件数および発生傾向

 ニセ電話詐欺発生状況と被害抑止施策

 人身安全関連事案およ警察安全相談の現状

 街頭犯罪、声掛け事案の発生状況と少年非行の現状

○交通事故関係

 交通死亡事故発生状況と高齢者事故防止対策

 管内の事故多発場所とその態様

 

(2)意見交換

○委員

 「地域安全指導員」、「シルバー・セーフティ・アドバイザー」、「MSリーダーズとそのバッジ」について。

警察】

 「地域安全指導員」地域へ情報を発信している警察とのパイプ役であり、見守り活動も展開。管内で47人に委嘱している。

 「シルバー・セーフティ・アドバイザー」高齢者に対する交通安全啓発活動を行う。居住地域で活動する方はエリアアドバイザー、各家庭を回る仕事に就いている方はワークアドバイザーとして、管内で45人に委嘱している。

 「MSリーダーズ」高校生を対象としたボランティア活動。平成12年の発足後、中学生対象のMSジュニア、小学生対象のMSキッズが当署管内で発足、県内へ広まりつつある。バッジはMSJとしたもので、現在はMSジュニアにのみ配布。意識高揚のために作成されたもの。

委員

 本巣市内でオープンした新大型商業施設でのトラブル発生状況、声掛け事案や不審者への対応、および暴走族への対処内容について。

【警察】

 大型商業施設では名前のよく上がる少年も見られるが、近隣市町から立ち寄った少年による犯罪といった傾向もある。非行少年には子供相談センターと連携して対応している。

 声掛け事案等は帰宅後に父兄から通報がなされ、スタートラインが遅くなる現状であるが、防犯カメラ解析等による被疑者割り出しや、現場付近の警戒強化を図っている。

 最近の暴走族はグループ化せず単独の爆音、暴走の傾向。無理な追跡をすることなく、写真撮影等の採証活動からの事後捜査を実施。また県警本部において情報集約を行い県全体として対応。

○委員

 瑞穂市内の幹線道路の地下道は、ゴミ等で子供達が利用しづらい。また小学生における防犯ベルの活用状況について。

【警察】

 子供達にとって危険な場所は「入りやすく見えにくい場所」をキーワードに、防犯対策を実施しているが、地下道もそれに該当。安心利用環境構築のため、PTAや行政に働きかけ改善を図る。

 防犯ベルは、小学校入学の際に交通安全協会から寄贈を受け、管内の新入学生に配布。学校からの携行指導もあり、児童はランドセルに装着。

委員

 国道の雑草が繁茂、付近交通に危険があり自治会で除草作業をしたが、道路管理者に届け出た方がよいか。

警察】

 そもそも障害物(雑草等)の除去等については、道路管理者責任で実施すべき内容。危険な状態を警察へ通報してもらえれば、道路管理者へ連絡する。

○委員

 朝日大学付近、中川に架かる柳一色橋は歩道がない。特に雨天時は、歩行者で付近交通に支障があるほどであり危険な状況。行政等に働きかけるが、警察にも把握をお願いしたい。

【警察】

 各市町での都市整備会議で、橋の安全確保について進言していきたい。

○委員

 通学時間帯の通学路での高速通過車両に危険を感じる。同時間帯における警察の見守り活動は可能か。

【警察】

 登下校時の見守り、警ら活動は強化しているが、事故発生も多い時間帯であり毎朝の実施は困難。具体的な危険箇所を通報していただければ、交通課が現地調査し対応を図る。

 

(3)今後の協議会の運営計画

○年4回の開催

○第2回は9月頃、第3回は11月頃、第4回は翌年2月頃の開催を予定

 

(4)その他

 年計画の中において、懇親会の開催、警察関連施設の見学についても実施

 

7閉会のことば

 

第1回北方警察署協議会 委嘱状を交付

意見交換