ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 古川土木事務所 > 令和3年度MS講習会、委嘱式を行いました

本文

令和3年度MS講習会、委嘱式を行いました

 令和3年7月6日(火曜日)に社会基盤メンテナンスサポーター(MS)制度に賛同し応募された方に、講習を受講していただき、その後委嘱状の交付を行いました。
 この講習は、活動のために必要な道路の維持管理に関する基礎知識の習得を目的として、年1回土木事務所単位で行っているものです。
 古川土木事務所管内を担当区域として講習会に参加いただいた4名に委嘱状を交付し、活動用具(帽子、安全ベスト等)の配布を行いました。

 

MS講習会状況写真1 MS講習会状況写真2

MS講習会状況写真3 MS講習会状況写真4

※社会基盤メンテナンスサポーター(MS)

 県では、道路の安全で快適な交通を確保し、危険個所をいち早く把握して、破損する前に適切な修繕を実施するため、地域の方々に無償のボランティア活動として簡単な点検や情報提供を通して、地域の道路を地域で見守って頂く取り組みである『社会基盤メンテナンスサポーター:MS』制度を平成21年度から運用しています。
 令和3年4月1日時点で、県内で計1,361名(うち、古川土木事務所管内94名)のメンテナンスサポーターの方に活動頂いており、今年度新たに215名の方にご応募いただいております。

<外部リンク>