ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

荒城神社神像[あらきじんじゃしんぞう]

■分類 重要文化財
■指定別
■所在地 高山市国府町宮地
■所有者 荒城神社
■指定年月日 昭和31年2月24日
木造荒城神社神像
●像高左神像:53.7cm右神像:57.5cm
 素木のままの日本的服装をした神像彫刻である。生き生きとした力強い重量感に富んだいかにも、神像らしい気高い感じの木彫である。大づかみで荒けづりのノミのあとも鮮やかで、ずんぐりし、ダイナミックな迫力がある。眼、鼻、鬚、衣文[えもん]などの墨跡は大味な素描である。
眼は左右アンバランスで、思いきった変化と強調を示している。膝から下は全身との比が頗る小さい。両像共、笏[しゃく]をもつために、胸に両手を集めているが、笏は失ってなく、はさんだ跡が長方形に残っている。
両像の制作は、平安時代前期と考えられる。