ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

2019年度岐阜県警察官A(大卒)採用試験案内

岐阜県人事委員会・岐阜県警察本部

2019年度警察官A(大卒)採用試験の申込は終了しました。

申込書受付期間:3月13日(水)から4月10日(水)までの間

このサイトの目次
1.試験日程・採用予定人員・職務内容
2.受験資格
3.受験手続

4.試験の方法

5.資格加点制度

6.試験案内・申込書の配布場所
7.その他

 

 

1.試験日程・採用予定人員・職務内容

試験区分

採用予定人員 職務内容

警察官AΙ(男性)

10人程度

警察官として、個人の生命、身体及び財産の保護、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締りその他公共の安全と秩序の維持等の職務に従事します。

警察官AΙ(女性)

5人程度

警察官AΙΙ

(男性)

65人程度

警察官AΙΙ

(女性)

10人程度

 


日時 場所 合格者発表




2019年5月12日(日)

8時30分受付

14時10分終了予定

○県立岐南工業高等学校

(岐阜市本荘3456-19)

○県立岐阜総合学園高等学校

(岐阜市須賀2-7-25)

受付後、いずれかの会場を指定します。

2019年5月20日(月)(予定)
県庁前及び警察本部庁舎前の掲示板並びにホームページに合格者の受験番号を掲示するほか、第1次試験の合格者には書面により試験結果を通知します。





〔身体・体力検査〕

2019年5月30日(木)

〔口述試験等〕

2019年6月上旬から

6月下旬(予定)までの間の指定する1日

〔身体・体力検査〕
○OKBぎふ清流アリーナ

(岐阜市薮田南2-1-1)

〔口述試験等〕
○県シンクタンク庁舎等

(岐阜市薮田南5-14-12)

2019年7月中旬(予定)
県庁前及び警察本部庁舎前の掲示板並びにホームページに合格者の受験番号を掲示するほか、第2次試験の受験者全員に書面により合否結果を通知します。


※日程変更等の重要なお知らせは、随時岐阜県警察本部採用案内でお知らせします。

 

第1次試験に関する注意事項

(1)試験会場及び周辺への駐停車はできませんので、公共交通機関を利用してください。

また、周辺住民の方の迷惑となりますので、会場近くでの送迎車の乗降及び送迎車の待機は、ご遠慮ください。

(2)試験は、午後にも行いますので昼食の準備が必要です。
(3)試験会場は、禁煙です。
(4)試験会場は、土足厳禁ですので、必ずスリッパ及び下足用袋等を持参してください。

(5)資格加点証明資料の原本を持参してください。(申請した者のみ

(6)鉛筆(B又はHB)、消しゴムを持参してください。
(7)試験会場は、受験票発送時に指定しますので、誤りのないようにしてください。

(8)携帯電話、スマートフォン等の通信機器の使用は禁止します。

また、時計は計時のための使用に限り認めます。

 

2.受験資格

試験区分 年齢 学歴
警察官AΙ(男性)

昭和59年4月2日以降に生まれた者

(2019年10月1日の採用に応じられる者)

学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)を卒業又は2019年9月30日までに卒業する見込みの者

(人事委員会がこれと同等の資格があると認める者を含む。)

警察官AΙ(女性)
警察官AΙΙ(男性) 昭和59年4月2日以降に生まれた者

学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)を卒業又は2020年3月31日までに卒業する見込みの者

(人事委員会がこれと同等の資格があると認める者を含む。)

警察官AΙΙ(女性)

◎ただし、次の各号のいずれかに該当する者は受験できません。
(1)日本国籍を有しない者
(2)成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
(3)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
(4)岐阜県において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
(5)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

 

3.受験手続

申込書提出先

岐阜県警察本部警務部警務課人事第一係

〒500-8501

岐阜市薮田南二丁目1番1号

電話(058)271-2424・内線(2633・2635)採用直通ダイヤル(058)272-3140

 

申込方法

1.郵送する場合

申込書及び受験票に必要事項を記入し、封筒に申込書及び62円切手を貼付した受験票を入れて、必ず郵便追跡が可能な特定記録又は簡易書留にして、封筒の表に受験する試験区分を朱書きの上、岐阜県警察本部警務課へ郵送してください。切手の貼付がない場合は受け付けできません。

(例「警察官AI(男性)受験」、「岐阜県AII(女性)受験」等を朱書き)

 

2.持参する場合

申込書及び受験票に必要事項を記入し、受験票に62円切手を貼付して、岐阜県警察本部警務課へ提出してください。切手の貼付がない場合は受け付けできません。

なお、警察署、交番及び駐在所では受け付けできません。

 

3.資格加点を申請する場合

必ず申込書と併せて郵送又は持参により資格を証明する資料の写し(A4用紙に複写したもの)を提出してください。

申込み時に証明資料の提出がないものは加点しません。また、受験申込み後の証明資料の提出は受け付けません。

なお、申込み時に提出された資料については返却しませんので、誤って原本を提出しないように注意してください。

 

共通事項

・申込書等に、切手の貼り忘れや記入漏れがないように確認してください。記入漏れがあると受け付けできない場合があります。
・受験票は、はがきになっていますので、所定の位置に62円切手を貼り、自分の住所、氏名、郵便番号を記入してください。

※ホームページからダウンロードした申込書を使用する場合は、受験票を切り取って、官製はがき又は62円切手を貼ったはがきに貼り付けてお申込みください。

・受験票は4月18日頃発送しますが、4月25日までに到着しない場合は、必ず問い合わせてください。

申込みの際には、写真は不要です。
・試験当日は、送付された受験票に写真を貼って持参してください。

 

受付期間

・3月13日(水)から4月10日(水)までの午前8時30分から午後5時15分までです。

・郵送の場合は、4月10日(水)までの消印があるものに限り受け付けます。

 

4.試験の方法





教養試験

一般的知能(文章理解(英語を含む。)、判断推理、数的推理、資料解釈等の能力)及び一般的知識

(社会、人文及び自然の知識)について、択一式による筆記試験を大学卒業程度で行います。

(出題数50題、解答時間2時間30分)

資格加点

柔道、剣道、語学(英語、中国語、ポルトガル語、韓国語)、簿記、情報処理又はスポーツ経歴にお

いて一定の資格を有する者に加点を行います。

※作文試験 表現力、思考力等について試験を行います。(時間1時間)




身体検査

警察官として必要な身体を有するかどうかについて、表1の基準により検査を行います。

体力検査

敏しょう性、柔軟性、筋力及び持久力について検査を行います。
(検査予定種目・・・五指関節、開眼片足立ち、反復横跳び、立ち幅跳び、上体起こし、腕立て伏せ、

握力、20mシャトルラン)体力検査種目別判定基準については、表2のとおりです。

口述試験 人物について個別面接による試験を行います。
集団討論試験 社会性、協調性、指導力、説得力等について試験を行います。
適性検査 職務遂行上必要な素質及び適性について検査を行います。
身体精密検査 職務遂行に必要な健康状態を有するかどうかについて検査を行います。
(所定の身体検査書の提出を求めます。)

※作文試験は、第2次試験として評価します。
◎教養試験の例題、集団討論試験及び作文試験の過去の課題を「採用試験の例題等」に掲載しています。
また、岐阜県情報公開総合窓口(県庁2階)で、同じ内容のものを閲覧することができます。

 

表1.身体検査基準

検査項目 検査基準
男性 女性
身長
体重
胸囲
視力 両眼とも裸眼視力が0.6以上又は矯正視力が1.0以上であること。
色覚 職務遂行に支障がないこと。
その他 職務遂行に支障がない身体的状態であること。

 

表2.体力検査種目別判定基準

検査種目 男性 女性
反復横跳び(20秒) 35回以上 30回以上
立ち幅跳び 200cm以上 150cm以上
上体起こし(30秒) 15回以上 10回以上
腕立て伏せ 10回 5回
握力(左右いずれか) 35kg以上 20kg以上
20mシャトルラン 35回 20回

※2つ以上基準に達しない種目がある場合は、不合格となります。

 

 

試験の配点等

 

試験 第1次試験 第2次試験
試験種目 教養試験 資格加点 合計 作文試験 口述試験 集団討論試験 合計
配点 100 100 200 500 300 1,000

※作文試験は、第1次試験日に実施しますが、第2次試験として評価しますので、第1次試験の合格者のみ採点します。

※柔道、剣道、語学(英語、中国語、ポルトガル語、韓国語)、簿記、情報処理又はスポーツ経歴の資格加点について申請のあった場合に、一定の点数(5点)を加点しますが、加点は第1次試験において満点に達するまでとします。

 

 

合格者の決定方法

  1. 第1次試験の合格者は、教養試験の得点に資格加点を加えた合計得点により決定します。
  2. 第2次試験は、第1次試験の合格者に対して行います。
  3. 最終合格者は、第2次試験の合計得点、身体検査、体力検査、適性検査及び身体精密検査の結果により決定し、第1次試験の得点は反映しません。また、第2次試験の各試験種目のうち、一定の基準に達しないものがある場合には、合計得点にかかわらず不合格となります。

 

合格から採用まで

  1. 最終合格者は、採用候補者名簿(以下「名簿」という。)に登載された後、警察本部長により採用者が決定されます。ただし、名簿の有効期間は、原則として名簿確定後1年間であり、また、名簿に登載された者がすべて採用されるとは限りません。
  2. 採用予定年月日は、原則として警察官AΙ区分が2019年10月1日、警察官AΙΙ区分が2020年4月1日です。
  3. 採用予定日までに大学等を卒業する見込みで受験した者については、卒業できなかった場合は採用されません。
  4. 採用決定後は、警察学校に入校し、6か月間の初任教養を受けた後、それぞれの任地で勤務につきます。

 

 

試験結果の提供

受験者本人に限り、試験結果の開示を請求できます。
開示を請求する場合は、運転免許証等写真により本人と確認できるものを持参の上、岐阜県個人情報総合窓口(県庁2階)へお越しください。
なお、電話やはがき等による問い合わせには応じられません。

試験 請求できる人 開示内容 開示期間 提供場所
第1次試験 受験者本人

各試験種目別の得点・結果、

総合得点、総合順位

各合格発表の日から1か月間
午前8時30分から午後5時15分
(土曜日、日曜日及び祝日を除く。)
岐阜県個人情報総合窓口
第2次試験

 

5.資格加点制度

柔道、剣道、語学、簿記、情報処理又はスポーツ経歴の一定基準以上の資格を有している場合、第1次試験の教養試験点数に加点措置を行います。

ただし、加点の対象となる資格は1つに限られ、加点は、第1次試験において満点に達するまで、最大5点までとします。

加点資格 加点基準 証明書類
柔道 2段以上(講道館認定)

講道館の段位証明書(賞状)、講道館館員証、段位証明書(講道館において発行したものに限る。)

剣道 2段以上(全日本剣道連盟認定)

全日本剣道連盟の段位証明書(賞状)、剣道手帳(各都道府県の剣道連盟において発行したものに限る。)、段位証明書(各都道府県の剣道連盟において発行したものに限る。)

語学 英語 実用英語技能検定:2級以上 合格証明書、スコアレポートなど
TOEIC(IPテスト除く。):470点以上
TOEFL(PBT):460点以上
TOEFL(CBT):140点以上
TOEFL(iBT):48点以上
国際連合公用語英語検定:C級以上
中国語 中国語検定:3級以上
漢語水平考試(HSK):4級以上
ポルトガル語

外国語としてのポルトガル語検定

(旧国際ポルトガル語検定):初級以上

外国人のためのポルトガル語検定:中級以上
韓国語 「ハングル」能力検定:準2級以上
韓国語能力試験:4級以上
簿記 日商簿記:2級以上 合格証書、合格証明書
情報処理

ITパスポート試験を除く情報処理技術者試験(経済産業省所管の国家試験)合格者又はこれと同等と認められるもの

合格証書、合格証明書
スポーツ経歴

中学校卒業以降に全国規模で行われるスポーツ大会(地区予選を経たもの)に選手として出場した経験のある者

※【全国規模で行われるスポーツ大会】とは、次に該当するものであること。

日本選手権、国民体育大会、大学選手権、全国高等学校総合体育大会、全国高等学校野球選手権大会又はこれに準ずると岐阜県人事委員会が認めるスポーツの大会(地区予選等を経た大会等)であること。

※【スポーツ】とは、2019年1月1日時点で、日本体育協会及び日本オリンピック委員会のいずれにも加盟(正加

盟・準加盟・承認)している競技団体の競技とする。

※【選手として】とは、個人戦又は団体戦の別を問わないが、選手登録されたことを要件とする。

1:出身校による全国大会参加証明書

【出身校による全国大会参加証明書】を出力して作成したもの。

2:全国規模の大会の「大会名」「選手の氏名」が分かる資料

※例:賞状、大会パンフレット、新聞の切抜き等

3:地方予選での「大会名」「選手の氏名」が分かる資料

※例:賞状、大会パンフレット、新聞の切抜き等

 

※原則1の資料を提出することとし、不可能な場合は、2及び3の資料を提出することとする。

なお、左に例示した日本選手権等の大会(アンダーラインのある大会)については、3の資料は必要としない。

 

<申請方法等>

1.加点の対象となる資格を申請する場合は、申込書の当該資格欄にレ点を記入の上、資格を証明する資料の写し(A4用紙に複写したもの、A4サイズに収まらないものは縮小コピーしたもの)を受験申込み時受験申込書とともに提出してください。スポーツ経歴における「出身校による全国大会参加証明書」についても同様の取り扱いとします。証明資料の原本は第1次試験当日に持参し、試験会場で提示してください。申込み時に証明資料(写し)の提出がないもの、試験日に証明資料原本の提示がないものは加点しません

 

2.複数の対象資格を有する場合でも、加点対象となる資格は1つに限られますので、いずれか1つを記入してください。

 

3.受験申込み後の証明資料の提出は受け付けません。

 

4.申込み時に提出された資料については、返却しません。 ※誤って原本を提出しないように注意してください。

 

 

6.試験案内・申込書の配布場所

場所 電話番号

○岐阜県警察本部警務課

岐阜市薮田南2-1-1

ダウンロード版はこちら

058-271-2424
(内線2633・2634)
●岐阜県内の各警察署

○岐阜県人事委員会事務局

岐阜市薮田南2-1-1(県庁5階)

058-272-8796
○各総合庁舎

・西濃県事務所

大垣市江崎町422-3(西濃総合庁舎内)

0584-73-1111

・揖斐県事務所

揖斐郡揖斐川町上南方1-1(揖斐総合庁舎内)

0585-23-1111

・可茂県事務所

美濃加茂市古井町下古井大脇2610-1(可茂総合庁舎内)

0574-25-3111

・中濃県事務所

美濃市生櫛1612-2(中濃総合庁舎内)

0575-33-4011

・中濃県事務所郡上市駐在

郡上市八幡町初音1727-2(郡上総合庁舎内)

0575-67-1111

・東濃県事務所

多治見市上野町5-68-1(東濃西部総合庁舎内)

0572-23-1111

・恵那県事務所

恵那市長島町正家後田1067-71(恵那総合庁舎内)

0573-26-1111

・飛騨県事務所

高山市上岡本町7-468(飛騨総合庁舎内)

0577-33-1111

・飛騨県事務所下呂駐在

下呂市萩原町羽根2605-1(下呂総合庁舎内)

0576-52-3111
○その他

・岐阜県東京事務所

東京都千代田区平河町2-6-3(都道府県会館14階)

03-5212-9020

・中小企業総合人材確保センター

岐阜市薮田南5-14-12(岐阜県シンクタンク庁舎内)

058-278-1146


※●印は、土・日・祝日も配布しています。

◆郵便で請求する場合
【請求先】

〒500-8501

住所不要

岐阜県警察本部警務課人事第一係

請求方法は、返信用封筒(切手を貼った角形2号の封筒に自分の郵便番号・住所・氏名を明記したもの)を同封の上、封筒の表に「警察官A請求」等と朱書して請求してください。

 

※返信用封筒に貼る切手の料金
・試験案内・申込書1部のみで120円
・試験案内・申込書1部とパンフレット1部で205円

・パンフレット1部のみで205円

 

7.その他

(1)受験資格等の確認について

受験資格の有無、申込書記載事項等の真否について確認を行い、記載内容に虚偽又は不正があることが判明した場合は、合格を取り消します。

(2)採用試験の問い合わせ先

岐阜県警察本部警務課(058-271-2424内線2633・2635)、採用直通ダイヤル(058-272-3140)にお問い合わせください。

 

 

 

各ページへのリンク表です。クリックするとそのページに移動します。

採用メインページ 採用試験案内ページ 岐阜県警察紹介ページ
YouTube動画リンクページ Twitterリンクページ 岐阜県警察Q&Aページ