ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 岐阜県警察 > 交通安全 > 交通安全対策 > 新入学児童を中心とした交通事故防止

本文

新入学児童を中心とした交通事故防止

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0026484 2020年4月2日更新

交通事故分析に基づく実態

年齢別人口10万人当たりの死傷者数が、全年齢層の中で7歳児が最多(65.1人)

  • 通行目的別では、登下校時が最多
  • 事故形態別では、横断歩道横断中が多発

県警察から県民の皆さんへのメッセージ

新入学児童を交通事故から守るために

  1. 保護者、教職員の皆様へ
    子供の目線で、通学路に潜む危険な場所を確認し、子供に何が危険なのか具体的に教えてください。
  2. 2運転者の方へ
    発見遅れによって、道路を渡る子供をはねる交通事故が目立ちます。横断歩道は歩行者最優先です。
  3. 3新入学児童の皆さんへ
    道路を渡るときは、「止まって」「見て」「車が止まるのを確かめて」くださいね。

新入学児童を中心とした交通事故防止[PDFファイル/988KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)