ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

安全な場所・危ない場所を知ろう地域安全マップづくり

地域安全マップについての取り組みをはじめてみませんか?

地域安全マップを作成する子ども

地域安全マップを作成することにより、自分の住むまちのいろいろな場所を見直すことができます。
地域安全マップは、作成することはもちろんですが、作成するその過程にも大きな効果があるといわれています。
マップ作成の過程で、地域の様々な場所を歩き、多くの方々と出会い、皆で自分たちの住む地域のことを考え、
話し合うことで、地域みんなで協力してまちづくりを推進する、ひとつのきっかけにもなるのではないでしょうか。
地域で、学校で、ご家庭で、地域安全マップについての取り組みをはじめてみませんか?

例えば、こんな場所を地図に記入してみましょう

学校や市役所などの公共施設、交番や駐在所などの警察施設
「子ども110番の家」として活動しているお店や住宅
よく遊びに行く友人の家や公園
人通りの多い道、街灯が整備されている道
ガソリンスタンド、病院、銀行、郵便局など目印になる施設やお店

壁やシャッターに落書きがしてあったり、ゴミが散らかっている場所
人通りの少ない道、街灯が少なく、夜は暗い道
ひとけの少ない場所や建物
見通しの悪い公園や道路

地域安全マップ

 

地域安全マップ

 

 

地域安全マップの作成にお役にたててください。
○アイコンをクリックするとファイルが開きます。印刷してご活用ください。

(PDF:0.9MB)

 

 


 

 安全安心まちづくりのページへ