ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「子供110番の家」

「子供110番の家」制度について

■凶悪事件の未然防止を目的とした民間協力拠点

 子供に対する「つきまとい」「声掛け」等の不安を抱かせる事案に対し、通学路周辺の民家、事務所、店舗などが緊急避難先となって、避難してきた子供を保護し、警察へ通報等の措置を講じる民間協力拠点です。

■歴史

 平成8年に全国に先駆けて、可児市今渡北小学校下においてPTAが主体となって「子供110番の家」制度が始まり、その後全国に普及していきました。

■期待される効果

 「子供110番の家」制度が継続的に展開されることにより、地域の連携強化、防犯意識の高揚、被疑者の早期検挙や連続犯行の抑止につながるなど子供の安全確保に大きな期待が持たれています。

設置主体

 小学校、PTA、市町村教育委員会などが設置主体となっています。警察は、これら設置主体と連携しながら「子供110番の家」の実態を把握しつつ、継続的な支援に努めています。

 ※新たに「子供110番の家」に参入を希望される方は、所在地を管轄する小学校などの設置主体にお問合せください。

ボランティア

設置数

 岐阜県内に19,743箇所(平成30年3月末現在)

最近の活用事例

■多治見市で不審者に声を掛けられた女児を保護

 平成30年2月多治見市において、下校中の女児2名に対し、男が車の中から「あなた誰?」と声掛け、肩をとんとんと叩いた。女児らは近くの「子供110番の家」に駆け込み、関係者が二人を保護しました。

■関市で不審者から睨み付けられた男児らを保護

 平成30年5月、関市において、遊んでいた男児2名に対し男が睨み付け近付いてきた。男児らは怖くなって持っていたキッズ携帯で母親に連絡。母親が近くの「子供110番の家」に逃げ込むよう指示し、逃げ込んだ男児らを家人が保護し、学校へ通報がなされました。

地域や学校と連携した「子供110番の家」に関する取組紹介

■小学1、2年生がたんぽぽと一緒に「子供110番の家」を探検!!(岐阜北警察署)

 小学1,2年児童らが、授業で、幼児等連れ去り事案未然防止教育班「たんぽぽ」の連れ去り防止講話を受けた後、たんぽぽ、PTA、先生、警察官らと一緒に下校しながら「子供110番の家」を探検!!家人と交流し、その活用方法を学びました。

たんぽぽ

 

訪問

 

5

 

「子供110番の家」シンボルマーク

プレート

平成17年の公募により、統一表示プレートを制定して、県内の「子供110番の家」に整備されています。

【制作意図】

 ・「110」をモチーフにしてシンボルマーク化

 ・緊急避難先の「家」を指さし、避難してくる子供を招くキャラクターで、親しみやすい「子供110番の家」を表現

保護者の皆様へのお願い

・住んでいる地域に設置されている「子供110番の家」を実際に子供と一緒に確認しましょう。
・登下校中や外で遊んでいる時に不審者に声を掛けられたり、つきまとわれたりするなど危険を感じた際は、すぐに「子供110番の家」に駆け込むよ
 う、ご家庭においても対処方法に係る教育をお願いします。