ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県ウェブアクセシビリティに関するガイドライン

岐阜県ウェブアクセシビリティに関するガイドライン基本方針

基本方針目次

はじめに

規格等の尊重

配慮の対象

ガイドラインの適用範囲

ガイドラインに関する留意事項

 


  

はじめに

 ホームページは、文字や画像、音声、映像などを組み合わせた様々な情報を、インターネットを通じて、利用者がいつでもどこでも得られることから、今や自治体も含めて、情報・サービスの発信においては欠かせないものとなっております。

 このような状況を踏まえ、情報の発信者たる自治体としては、どのような利用者が、どのような環境でホームページを利用しているかを考え、情報やサービスが、住民の皆様にあまねく公平に行き渡るようにすることが求められます。

 ウェブアクセシビリティとは、このような背景をもとに、特に高齢者や障がい者など、ホームページの利用になんらかの制約があったり、または利用に不慣れな人を含めて、誰もがホームページで提供されている情報やサービスを支障なく利用できることを意味しています。

 ウェブアクセシビリティに対応したホームページの作成等に関する基準として、JIS(日本工業規格)の「JIS X 8341-3:2004『高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス−第三部:ウェブコンテンツ』」が、平成16年に公表され、その後の改訂により、現在はJIS X 8341-3:2010となっています。

 また、このJIS規格に準拠した地方公共団体での具体的運用手順を検討することを目的として、総務省が「公共分野におけるアクセシビリティの確保に関する研究会」を開催し、その成果が「みんなの公共サイト運用モデル」としてまとめられています。

 岐阜県においては、平成19年10月に「岐阜県ウェブアクセシビリティに関するガイドライン」を策定し、今般、現在のJISを反映したものに見直しをしました。

 本ガイドラインは、すべてのホームページの作成者、開発者及びユーザーとその代行者のために意図したもので、誰もが支障なくホームページの情報やサービスを入手、利用できるようにするために取り組むべき事項を説明・解説し、結果として、情報が担う可能性を広げることを目的としています。

 それは、JIS規格等の詳細化によるマニュアルとしての性格だけでなく、ホームページの利用者が実際に利用している状況を考慮して情報発信に心がけるよう、情報の発信者に喚起するための側面もあると考えており、「ウェブアクセシビリティ確保にあたって」などにおいて示しているところです。

規格等の尊重

 本ガイドラインは、基本的にJIS規格に沿って作成し、その具体的な手順を詳細化することを、重要なねらいの一つとして位置づけています。

また、総務省「みんなの公共サイト運用モデル」を参照しつつ、岐阜県におけるホームページ構築・運用時等の管理方法を提示し、可能な限りその方法に従い、運用管理を行っていくこととします。

 

参考となる規格等

 JISX8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針―情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス―第3部:ウェブコンテンツ」

 総務省「みんなの公共サイト運用モデル」

 

配慮の対象

 年齢や性別、身体の障害の有無に関わらず、誰もが公平にホームページを利用できるように努め、支障なく情報やサービスを入手・利用できるようにします。

 

ガイドラインの適用範囲

 「岐阜県公式ホームページ(http://www.pref.gifu.lg.jp)」及び県の各所属が直接管理運営するホームページを、本ガイドラインの対象として、ウェブアクセシビリティ対応をとっていきます。そのために必要な県の取組方針は、別に定めます。

 

ガイドラインに関する留意事項

 ウェブ技術の進歩や、社会的な要請などから、ガイドラインの内容については、随時必要に応じて見直していくべきものと考えます。

ガイドラインに掲載した対処例は、項目によっては取り得る選択肢の一部であり、ここに示した対処法がすべてではないことに留意する必要があります。

 本ガイドラインにおけるウェブアクセシビリティ配慮のためのチェック表の内容は、すべてを実現させなければならないというわけではありません。特に、JIS X 8341-3:2010の等級AAAにおける各項目は、ウェブコンテンツによっては完全に達成できない場合があるため、まずは等級A及び等級AAの各項目について、ウェブのアクセシビリティ確保に取り組み、等級AAAの各項目については、可能な範囲での配慮を行うべきと考えられます。