ナビゲーションをスキップして本文へ

清流の国 岐阜

清流の国 ぎふ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色合い
  • 標準
  • 黒
  • 黄色
  • 音声読み上げ
  • ふりがな
  • Foreign Language

ここから本文です。

  • 利用者別で探す
  • 組織から探す
  • サイトマップから探す
  • 県の施設案内
  • 観光情報
  • 特産品
  • 移住定住
  • 世界遺産
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報

注目情報

イベント情報
【障害福祉課】

国連が定めた4月2日の「世界自閉症啓発デー」及び4月2日から8日の「発達障害啓発週間」には、全国で様々な催しが実施されます。岐阜県においても障がい者団体の参加のもと、県内各地にて啓発活動を行います。「世界自閉症啓発デー」とは、国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(WorldAutismAwarenessDay)とすることが決議されたものであり、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。


募集情報
【農業経営課】

県内で農業を始めようと考えている人を対象に、農業の基礎知識を講義及び実習で学ぶ研修の受講生を募集します。
■日時/4月17日(月)から9月15日(金)
平日の9時から16時15分
■場所/岐阜県農業大学校(可児市坂戸938)


イベント情報
【文化振興課】

岐阜県が誇る「地歌舞伎」の公演を、下呂市の白雲座歌舞伎保存会の出演により開催します。ぜひ、ご来場ください。※整理券あり
(詳細は、(公財)岐阜県教育文化財団ホームページをご覧ください。Web検索キーワード:ぎふ清流文化プラザ文化振興事業)
■開催日時/4月8日(土)開演11時、開場10時30分(予定)
■場所/ぎふ清流文化プラザ長良川ホール(岐阜市学園町3-42)


県内で活動する障がい者団体による音楽・演劇などの舞台公演を開催します。ぜひ、ご来場ください。※整理券あり
(詳細は、(公財)岐阜県教育文化財団ホームページをご覧ください。Web検索キーワード:ぎふ清流文化プラザ文化振興事業)
■開催日時/4月16日(日)
■場所/ぎふ清流文化プラザ長良川ホール(岐阜市学園町3-42)


岐阜県では、全国規模の企画公募展「清流の国ぎふ芸術祭ArtAwardINTHECUBE(アートアウォードインザキューブ)2017」を初開催します。「W4.8m×D4.8m×H3.6m」の特設キューブの中で、第1回テーマ「身体のゆくえ」を自由に表現した作品企画を国内外に募集し、790点の応募者から選ばれた15組が新鮮な表現を発表します。会期中には、作家によるワークショップの他、様々なイベントを予定しております。ぜひご注目ください。


県と各務原市では、かかみがはら航空宇宙科学博物館リニューアルPR事業の一環として、高校生、一般を対象に人工衛星および探査機の模型製作コンテストを開催します。優秀作品は表彰を行うとともに、リニューアル後の「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」において展示します。
コンテストは、応募票による書類審査と作品による作品審査の2段階審査で構成され、書類審査の通過者には製作費として最大15万円を補助します。皆様のご応募をお待ちしています。


国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在から、昨年10月に帰還した大西卓哉宇宙飛行士による、ISS長期滞在ミッションの報告会です。JAXA(宇宙航空研究開発機構)の協力のもと、国内5ヶ所で開催されるもので、そのひとつとして岐阜県が選定されました。当日はミッション報告の他、宇宙での実験・仕事に関するトークショーを予定しています。


恐竜などの太古の生き物の様子を描いた復元画は、化石の研究から得られた情報をもとに、画家と研究者が協力して科学的に作製したものです。本企画展では、日本を代表する恐竜復元画家の小田隆氏の手による復元画作品を中心に展示し、恐竜などの復元画を科学的に仕上げていく過程を紹介しながら、6600万年前に絶滅した恐竜たちの当時の姿を生態とともに紹介します。


イベント情報
【現代陶芸美術館】

明治時代、日本の陶磁器業は華々しい発展を遂げます。このころ欧米で開催されていた万国博覧会にわが国の精緻な陶磁器が紹介されるや一躍脚光を浴び、輸出は飛躍的に伸びました。また、量産技術の進展によって国内でも陶磁器はより身近なものとなり、人々の生活を豊かにしていきました。本展覧会は、明治時代における美濃焼の輸送や技術革新、さらには同時代の各産地で作られた陶磁器について、下街道と名古屋絵付」「美濃焼ヒストリ」「近代陶磁の気韻」の3つのシーンによって紹介します。


イベント情報
【現代陶芸美術館】

江戸時代後期、隆盛期を迎えた肥前有田で大量に生産された大皿の数々。

これらの大皿は海外への輸出向け陶磁器とは趣を異とし、朗らかな恵比寿様、堂々たる鶴、飛沫をあげて跳ねる鯉といった日本人好みの多種多様な文様をまとい、全国各地の「ハレ」の場を彩りました。

本展覧会では、大きいもので直径60cmを超す伊万里染付大皿約140点を一挙に展示し、染付の美そして江戸の粋を今に伝えるその魅力に迫ります。


養老鉄道と旅行情報誌、東海じゃらんがコラボした装飾列車「東海じゃらん号」が好評運行中です。
東海じゃらんのロゴマークと可愛いキャラクター「にゃらん」を飾り付けた「東海じゃらん号」が運行しています。限定切符やオリジナルグッズも発売中!「東海じゃらん号」の運行期間は平成29年3月26日(日)まで。


 県内町村にお住まいのひとり親家庭を対象とした自立支援給付金事業等を実施しております。

給付金の種類は、職業能力開発のための講座を受講した場合の自立支援教育訓練給付金、就業に結びつきやすい資格の取得を目指し、養成機関に通う場合の高等職業訓練促進給付金と高等学校卒業程度認定試験合格を目指す講座を受講した場合の受講修了時給付金や合格時給付金があります。






3月24日
山県警察署










3月24日
可茂保健所




3月24日
下呂土木事務所


3月24日
交通企画課









3月23日
文化財保護センター

県政ホットニュース

三越本店での売り場の様子

三越伊勢丹と新商品を開発!販売を開始!【3月24日(金)】

県では、大都市圏の消費者向けに商品開発から販売までを支援する「『清流の国ぎふの逸品』開発プロジェクト」に取り組んでいます。
今年度は、三越伊勢丹と県内食品企業が連携し、5商品を開発しました。
現在、日本橋三越本店で販売プロモーションを実施しており、大勢の買い物客でにぎわっています。
新商品は、28日まで三越本店で販売されるほか、4月から河川環境楽園「岐阜おみやげ川島店」等で販売されます。


美濃和紙の魅力を活かした数々の製品

「美濃和紙ブランドロゴをお披露目!世界5都市で美濃和紙ブランド展を開催!【3月21日(火)】

1300年以上もの間、脈々と受け継がれてきた美濃和紙の魅力を発信する「ワールドプレミア美濃和紙ブランド展」を、パリ、ミラノなど5会場で開催しています。
東京で開催したレセプションでは、和紙を漉く際の水の揺れなどを表現した美濃和紙のブランドマークを発表しました。会場には、厳しい認定基準をクリアしたあかりや水うちわなどの美濃和紙製品が並び、多くの来場者を魅了しました。
 


アートキューブの空間で制作する入選作家の三木陽子さん

「清流の国ぎふ芸術祭Art Award IN THE CUBE 2017(AAIC)」に向けて入選作家が展示品を制作!【3月21日(火)】

4月15日から県美術館で始まるAAICでは、「身体のゆくえ」をテーマとして応募のあった790点の企画の中から入選した15作品を公開します。
現在、幅・奥行4.8m、高さ3.6mの大型キューブを美術館の中に複数設置し、入選作家が作品を制作しています。
制作は3月23日まで行われ、2次審査で大賞・審査員賞が決定します。


初戦に向けて意気込みを語る多治見高校野球部の佐藤主将ら

甲子園初出場!多治見高校野球部が知事と面談!【3月13日(月)】

第89回選抜高等学校野球大会に多治見高校野球部が21世紀枠で初出場します。
大会を直前に控え、同校の高木監督や佐藤主将らが知事に出場報告をしました。
佐藤主将は「対戦相手が決まって気持ちが高揚している」「まずは1勝が目標」と意気込みを話しました。
知事は「初戦を勝って流れに乗ってほしい。県民を挙げて応援するので、伸び伸びと頑張ってほしい」と述べ、エールを送りました。


大勢の来場者で盛り上がる岐阜県ブース

岐阜の魅力を世界に発信!NYの訪日旅行フェアに初出展【3月8日(水)】

昨年12月に締結した海外誘客に関する連携事業の第1弾として、ニューヨークで開催された米国最大級の訪日旅行PRイベント「JapanWeek2017」にJTBグループと共同で初出展しました。
岐阜県ブースでは、「命のビザ」で知られる外交官杉原千畝氏ゆかりの地などを巡るツアーや、国内を代表する世界遺産として定着してきた「白川郷合掌造り集落」などの観光資源をPRし、多くの来場者が岐阜の魅力に興味を示しました。


多くの方で賑わう「関ケ原フェア」

オリジナル商品、特産品をPR「関ケ原フェア」を開催!【3月7日(火)】

今年度開発した関ケ原のオリジナル商品や、地元の特産品を販売・PRする「関ケ原フェア」を県庁舎で開催しました。
会場には約40品目の商品が並び、試食・試飲も行われ、多くの来庁者で賑わいました。フェアに訪れた知事は「関ケ原にしかない土産品を開発し、関ケ原観光を盛り上げていきたい。」と語りました。


これまでの経験や今後の意気込みを語る今井選手

リオデジャネイロオリンピック出場の今井月選手が講演!【3月4日(土)】

県では、トップアスリートをジュニア世代から育成するため、「清流の国ジュニアアスリート育成プロジェクト」を実施しています。
このたび、特別プログラムとして、リオデジャネイロオリンピックの競泳200m個人メドレーに出場した今井月(いまいるな)選手が講演を行い、県内のジュニア選手ら150人が参加しました。
今井選手は、「世界で活躍するには、競技力だけではなく、人間力を養うことが大切」と述べるなど、世界での活躍を目指すアスリートに向けて、日頃の心構えの大切さを伝えました。


協定を締結した古田知事と損害保険ジャパン日本興亜(株)德岡常務

女性が活躍しやすい環境づくりに向けて損害保険ジャパン日本興亜(株)と協定を締結【3月1日(水)】

女性の活躍推進や仕事と家庭の両立支援、子育て支援の充実を図るため、損害保険ジャパン日本興亜(株)と連携協定を締結しました。
女性向け異業種交流会「地域ダイバーシティin岐阜」の開催、「子育て支援エクセレント企業」や「ぎふっこカード」制度の周知など、幅広い分野でご協力いただきます。


岐阜総合学園高校で卒業証書を授与する髙橋校長

岐阜県内県立高校で卒業式!新たな門出!【3月1日(水)】

岐阜県内の県立高校63校で卒業式があり、約14,000人の卒業生が人生の新たな一歩を踏み出しました。
岐阜総合学園高校では、高橋校長が「自信と誇りを持って前進を続けてほしい」と述べ、318名の卒業生にエールを送りました。
未来の日本や岐阜県を担う皆様の今後のご活躍を期待しています。


岐阜県成長・雇用戦略意見交換会の様子

「岐阜県成長・雇用戦略意見交換会」を開催!【2月28日(火)】

県では、県経済の発展と雇用拡大をめざし、産業政策の基本的な方針となる岐阜県成長・雇用戦略を策定しています。
このたび、産業人材の確保や第四次産業革命の推進などの戦略について、県経済界の代表者を招き意見交換を実施しました。
委員からは「人手不足が深刻。人材育成を進めてもらいたい」などの意見が出されました。
今後、意見を反映させ、3月中に「岐阜県成長・雇用戦略2017」発表する予定です。
 


エクセレント企業の認定を受けた企業との記念撮影

「岐阜県子育て支援エクセレント企業」を認定!【2月23日(木)】

従業員の仕事と家庭の両立支援や女性の活躍の推進など、優れた取組みを行う企業を「岐阜県子育て支援エクセレント企業」として認定しています。
平成28年度は、事業内保育所や短時間勤務制度などに取り組んだ企業14社に知事から認定証を授与し、エクセレント企業は合計69社となりました。
県では、優良企業の取組紹介などにより、女性が活躍する企業の増加を図っていきます。


ファイティングポーズをとる古田知事と田中選手

日本人最速・最年少で2階級制覇!田中恒成選手が知事と面談!【2月20日(月)】

昨年末、岐阜メモリアルセンターで行われた世界ボクシング機構(WBO)世界ライトフライ級王座決定戦を制した田中恒成選手が、知事と面談しました。日本人選手最速タイ、最年少で2階級制覇を果たした田中選手に、知事から「清流の国ぎふ栄誉賞」を贈呈しました。
田中選手は「まだまだ課題がたくさんあり、自分はもっと強くなる。9月には岐阜で統一戦をしたい。」とさらなる飛躍へ意気込みを語りました。


佐見歌舞伎公演実行委員会(白川町)の「寿式三番叟」

「清流の国ぎふ」が誇る伝統文化を発信!「新春地歌舞伎公演」を開催!【2月19日(日)】

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの文化プログラムとして、県内で初めて認証を受けた、「清流の国ぎふ新春地歌舞伎公演」を、ぎふ清流文化プラザで開催しました。
美濃地歌舞伎保存会(瑞浪市)による「戎詣恋釣針釣女」をはじめ、県内3団体が迫力ある演技を披露し、約500人の観客を魅了しました。
 


美濃和紙活性化会議で意見交換を行う様子

第4回美濃和紙活性化会議を開催!【2月13日(月)】

県と美濃市では美濃和紙の知名度向上など、美濃和紙を活性化する取組みを推進しています。
このたび、4回目となる美濃和紙活性化会議を行い、美濃和紙のブランド価値向上に向けた意見交換が行われました。
特に、美濃和紙ブランドの認定基準について、産地、生産者、原料等の7項目を定めることなどが了承されました。
このほか、新ブランドマークのデザインも了承され、3月に岐阜市、東京、パリ等国内外で発表される予定です。


遺産に登録された高山市・飛騨市・大垣市が観光PR

岐阜県の魅力を首都圏で発信!岐阜の遺産をめぐる旅キャンペーンを開催【2月12日(日)】

昨年12月に、山・鉾・屋台行事(高山祭、古川祭、大垣祭)がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念し、「世界に誇る岐阜の遺産をめぐるキャンペーンin東京」を開催しました。
山・鉾・屋台行事を表現した大型グラフィックや、飛騨・美濃観光大使の鈴木ちなみさんによるトークショーなど、世界遺産ラッシュに沸く岐阜県の魅力をPRしました。
2月26日(日)には、大阪府でキャンペーンを開催します。


山口アートプロデューサーと日比野館長とのクロストーク

「清流の国ぎふ芸術祭Art Award IN THE CUBE 2017(AAIC)」プレイベントを開催!【2月12日(日)】

今年4月に開幕するAAICのプレイベントを県美術館で開催し、アートプロデューサー山口裕美さんと日比野克彦県美術館長とのクロストークなどを行いました。
山口さんが「日本には現代アートの作品を集めた美術館が無く、場所づくりが必要」と述べ、日比野館長も「AAICによりアートを支援する人を育てる」と述べるなど、将来のアートを担う人材育成に向けて熱の入ったトークとなりました。
AAICは、アートに関わる人材育成などを目的とした全国規模の企画公募展で、4月15日から6月11日まで行われます。


NTTタウンページ株式会社と防災啓発情報等に関する協定を締結

NTTタウンページ株式会社と防災啓発情報等に関する協定を締結!【2月8日(水)】

県民一人ひとりの防災意識を高め、日頃から災害に備えることの必要性などを啓発するため、NTTタウンページ株式会社と防災啓発情報等に関する協定を締結しました。
この締結により、県が提供する防災啓発情報等を掲載した「防災タウンページ」が12月から順次発行される予定です。
県では、「災害から命を守る岐阜県民運動」を推進しており、様々な機会を通じて災害への備えを呼びかけます。


パラリンピック経験者による講演

2020年東京パラリンピックでの活躍を目指した研修会「岐阜県パラアスリートキャンプ」を開催!【2月5日(日)】

2020年東京パラリンピックに向けた県代表選手の育成・強化を図るための研修会を開催し、県の強化指定選手やその支援者ら約50名が参加しました。
研修会では、車いすバスケットボール元日本代表の三宅さんなど、パラリンピック経験者による講演などを行いました。
日常生活の心構えやトレーニング方法等について説明があり、出席者は真剣に聴き入っていました。


初登庁で挨拶をする古田知事

古田知事が初登庁!清流の国づくりに向けて新たなスタート!【1月31日(火)】

古田知事は、知事選挙後初めて県庁に登庁し、職員約200人が拍手で迎えました。
知事は出迎えた職員に向けて「これから4年間、風通しの良い職場で意見交換し、清流の国づくりに向けて伸び伸び明るく進めたい。」と述べました。
また、「選挙期間中に各地域で伺った県政に対するご意見を早速予算編成に反映していきたい。」と今後の意気込みを話しました。


伊勢神宮で取り組まれている200年生の檜育成に関する講演

100年先の森林づくりに向けてともに考えるシンポジウムを開催【1月28日(土)】

「人と森との新たな関係づくり」をテーマに「100年先の森林づくりシンポジウム」を開催しました。
伊勢神宮宮域林で行われている200年の森づくりに関する講演や、人と森との交わり方に関するパネルディスカッションを通して、約480人の来場者とともにこれからの森林づくりについて考えました。


アニメと現地写真の比較展示

今、岐阜はアニメがアツい!「ぎふアニメフェア」を開催【1月21日(土)】

岐阜県が登場するアニメ映画「ルドルフとイッパイアッテナ」「君の名は。」
「映画『聲の形』」の3作品にスポットをあてた「ぎふアニメフェア」を東京で開催し、約700人もの来場がありました。
映画シーンと現地の写真を比較するパネル展示や原作者によるトークショーなど、アニメの聖地として盛り上がる本県の魅力をPRしました。


出展商品に興味を示す来場者

「岐阜ブランド」が大好評!世界最大規模の国際見本市に初出展【1月20日(金)から24日(火)】

フランス・パリで開催されている国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」に県として初出展し、英国デザイナーのセバスチャン・コンラン氏と県内企業10社が連携して開発した、木工家具や和紙ランプ、陶磁器などの商品37点をお披露目しました。
来場したバイヤーやデザイナーから「大変魅力的なラインナップだ。」と絶賛され、「岐阜ブランド」の魅力を世界に発信することができました。


生徒が作成したちらし寿司とデコレーションケーキ

料理を学ぶ高校生が寿司とケーキで岐阜県知事選挙を啓発!【1月20日(金)】

城南高校の調理科及び製菓科の生徒が、知事選挙啓発のちらし寿司とデコレーションケーキを作りました。
今回は18歳以上に選挙権年齢が引き下げられてから初めての知事選であるため、同校の協力のもと、若年層に対して投票を呼びかけることを目的に実施しました。
寿司とケーキの写真は、図書館、ふれあい福寿会館等に掲示され、若い世代への投票を呼び掛けます。


選挙啓発への意気込みを力強く宣言

知事選挙啓発督励式を開催!【1月19日(木)】

1月29日の知事選挙の投票日が近づく中、選挙管理委員会事務局は、知事選挙の投票総参加の機運を高めるため、啓発督励式を実施しました。
督励式には、選挙啓発担当者等約40人が出席し、代表者が知事選挙の啓発に向けて力強く決意表明しました。
その後、大型ビジョン掲載車と全地方事務局の啓発車両が一斉に啓発活動に出発しました。


交流会で社会人女性の体験談を聞く女子学生

女性のキャリアデザインをサポート大交流会を開催!【1月14日(土)】

若い女性の将来のビジョン形成をサポートするため、「Dearぎふジョ!大女子会」を開催しました。
県内の女子学生と岐阜で活躍する社会人女性との交流会を実施し、結婚や出産、子育てなどのライフイベントを踏まえた女性自身の思い描く将来に向けたサポートを皆で共に考えました。


職場で職員が業務を説明

岐阜県職員の魅力を伝えます!「岐阜県職員ガイダンス」を開催!【1月13日(金)】

岐阜県職員の仕事の魅力を知っていただくため、「岐阜県職員ガイダンス」を開催し、約100名の方が出席しました。
ガイダンスでは、県庁内の複数の所属や議場などの見学会を実施しました。また、先輩職員との懇談会を16グループに分かれて少人数で実施し、職場の雰囲気や仕事のやりがいを直接目と耳で感じていただきました。
このガイダンスは、3月も実施しますので、岐阜県職員にご興味のある方は、ぜひお申込みください。


県庁前道路に設置された啓発宣伝等と宣伝幕

1月29日は知事選挙です!有権者の皆様は投票に参加を!【1月12日(木)】

知事選挙が本日告示されました。1月29日が投票日です。
知事選挙は、今後4年間の県政を託す県の代表を選ぶ重要な選挙であり、有権者全員が投票に参加されることが望まれます。
特に今回は、18歳以上への選挙権年齢が引き下げられてから初めての知事選挙です。若い有権者の皆様は、一票の大切さを十分に認識され、自分の意思を貴重な一票に託していただきたいと思います。


ドローン操作を体験する職員

ドローンを活用した鳥獣害対策に向けて研究会を設立し勉強会を開催!【1月5日(木)】

鳥獣害対策におけるドローンの活用を検討するため、職員による研究会を新たに立ち上げ、操作体験などの勉強会を開催しました。
ドローンは、災害現場の調査や測量など、様々な分野での活用が検討される中、鳥獣害対策においても鳥獣の生息状況調査や追い払いなどで有効活用が期待されています。
今後は、2月の終わりまでに県内6地域で操作講習会を開催するとともに、活用方法について検討を行う予定です。


県政ホットニュース一覧
新着情報一覧
便利ガイド
岐阜県の魅力(岐阜県の概要)
ぎふ子育て応援団
県政広報番組
医療機関案内
職員募集
資格・試験・免許
オープンデータ
各種申請(様式集)
条例・規則(岐阜県法規集)
統計情報
入札情報
Facebook・Twitter・Blog