ナビゲーションをスキップして本文へ

清流の国 岐阜

清流の国 ぎふ 岐阜県公式ホームページ 清流の国 ぎふ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色合い
  • 標準
  • 黒
  • 黄色
  • 音声読み上げ
  • ふりがな
  • 外国語
ミナモ

ここから本文です。

緊急・重要情報

現在、緊急情報はございません。

  • 利用者別で探す
  • 組織から探す
  • サイトマップから探す
  • 県の施設案内
緊急・重要情報

現在、緊急情報はございません。

  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報

注目情報

 岐阜県では、2017年春に、岐阜県美術館で3年に一度のトリエンナーレ方式の全国規模の企画公募展「清流の国ぎふ芸術祭ArtAwardINTHECUBE2017」を初開催します。
そこで、第1回は「身体のゆくえ」をテーマに、丈六のキューブ(4.8m(幅)×4.8m(奥行)×3.6m(高さ))の中で自由な発想、表現をしていただくアート作品(企画)を4月11日(月)から7月8日(金)まで募集します。応募詳細は、ホームページをご覧ください。


 県では、活火山登山の際の事前準備の徹底と活火山噴火時の登山者の安否確認及び捜索救助活動の迅速化を図ることなどを目的に、登山届の提出を義務付ける対象範囲に「白山」を追加することを検討しています。
つきましては、条例の改正案について県民の皆さまから広く意見を募集します。


募集情報
【人事委員会事務局】

 岐阜県人事委員会では、平成28年度岐阜県職員採用試験(大学卒程度等)を実施します。

4月19日(火)から試験案内・申込書を配布しています。
<申込期間>平成28年5月6日(金)から5月20日(金)


イベント情報
【地域スポーツ課】

 ぎふスポーツフェアの目玉イベント、「カンガルーカップ国際女子オープンテニス2016」は5月1日から8日に開催します。

また、「ベーブルース杯争奪全国社会人野球大会」、「ぎふ清流ハーフマラソン」など、期間後半にも多くのイベントを開催します。

更に、岐阜県で初開催となる6/14のプロ野球セ・パ交流戦も、ぎふスポーツフェアとして開催します。

その他にも「レクリエーションフェスティバル」や障がい者を対象とした「長良川スイミングプラザ無料開放」など、体験イベントも充実しています。


 岐阜県現代陶芸美術館では、2015年度に魅力発信事業と銘打ち様々な分野で活躍する専門家による講演会やワークショップを実施しました。こうした取り組みをより多くの方に周知することを目的に、2015年度魅力発信事業成果展リフレクションを開催いたします。本展では、2015年魅力発信事業にご参加いただいた、漆作家の石塚源太氏、美術家の荒木由香里氏による作品と現代陶芸美術館所蔵作品とを共にご紹介することにより、それぞれの魅力と異素材の作品が同一空間に展示されることによる共鳴をご覧いただきます。


イベント情報
【岐阜県博物館】

 岐阜県の飛騨地方は「飛山濃水」という言葉に象徴されるように、山が連なる「山の国」です。

標高3000mを超える北アルプスには、地球が今より寒冷だった時代の痕跡が残され、氷河の後退とともに、高山帯に取り残されたライチョウなど特有の生物も見られます。

また、飛騨地方には、日本最古の化石や恐竜化石など、全国的に有名な地学事象も数多く存在します。

本移動展では、福地の化石やライチョウなど高山帯に生息する動植物の標本を展示し、岐阜県の飛騨地方を象徴する自然を紹介します。


 岐阜県交通安全対策会議では、「岐阜県交通安全計画」を策定し、県内の交通安全に関する施策を推進しています。
現在の「第9次岐阜県交通安全計画」は、平成27年度をもって終了することから、新たに平成28年度からの5年間を計画期間とする「第10次岐阜県交通安全計画(案)」を策定することとしました。
つきましては、この計画(案)について県民の皆さまからご意見を募集します。


 「岐阜県重要無形文化財」に指定された陶芸分野の「志野」「織部」「黄瀬戸」、染織分野の「郡上本染」の各保持者、及び金工分野の「美濃伝日本刀鍛練技法」の保持団体のわざと作品を一堂に紹介します。

岐阜県が誇る伝統工芸技術のわざへの理解を深めるとともに、その結晶である作品の美を堪能いただく展覧会です。


 県内で農業を始めたい方、農業法人等への就業を希望する方、農業への参入をお考えの企業様を対象に相談会を開催します。個別相談のほか、セミナー形式で新規就農者の体験談を聞いていただけます。
【期日】6月12日(日)
【場所】ふれあい福寿会館(岐阜市)


 県内町村にお住まいのひとり親家庭を対象とした自立支援給付金事業等を実施しております。

給付金の種類は、職業能力開発のための講座を受講した場合の自立支援教育訓練給付金、就業に結びつきやすい資格の取得を目指し、養成機関に通う場合の高等職業訓練促進給付金と高等学校卒業程度認定試験合格を目指す講座を受講した場合の受講修了時給付金や合格時給付金があります。


 木曽川右岸流域下水道の各務原浄化センターは、今年4月に供用開始から25年を迎えました。

県と木曽川右岸流域下水道関連10市町では、浄化センターのはたらきや重要性を住民の皆様に広く知ってもらい、これまでに協力を得た方々に感謝することを目的に、9月10日に「感謝の集い」を開催します。
また、期間中に(公財)岐阜県浄水事業公社では様々な協賛事業を実施します。(参加費無料)
・場所/各務原浄化センター(各務原市前渡西町1521)


 「かかみがはら航空宇宙科学博物館」リニューアルPR事業の一つとして、高校生から一般を対象に、人工衛星および探査機の模型製作コンテストを開催します。

作品審査の優秀者には賞金のほか、優秀作品はリニューアル後のかかみがはら航空宇宙科学博物館において展示します。
・参加申し込み締め切り(書類提出)5月9日(月)17時必着
・書類審査を通過した応募者は作品審査に進むことができ、製作費として最大15万円を補助します。


イベント情報
【現代陶芸美術館】

 山田光(1923-2001)は、戦後まもなく、陶芸に新たな可能性を求めて、八木一夫や鈴木治らとともに前衛陶芸集団「走泥社」(そうでいしゃ)を設立し、独自の世界を築いてきました。

このたび、彼を長きにわたって支えてきた所蔵家から、山田と走泥社関連作品50余点の寄贈を受けました。これを記念して、当館の収蔵品と合わせて山田光の初期作品から晩年にいたるまでを一堂に展示し、走泥社とその時代を紹介します。


注目イベント
【現代陶芸美術館】

 アール・ヌーヴォーは、フランスなどで19世紀末から20世紀初頭にかけて全盛を極めた装飾様式。本展覧会は、そのアール・ヌーヴォー様式によるヨーロッパ名窯作品の数々を国内において総合的に紹介する初の展覧会です。セーヴルやロイヤル・コペンハーゲン、マイセンなどの作品を中心に、多彩な様相を紹介します。



5月 6日
岐阜保健所

5月 6日
観光誘客課

5月 6日
警備第二課

5月 6日
文化財保護センター







5月 6日
恵那保健所

5月 6日
人権施策推進課

5月 6日
東濃保健所

5月 6日
西濃保健所












5月 2日
岐阜羽島警察署



5月 2日
教育総務課

県政ホットニュース

古田知事(左)に色紙を渡し、活躍を誓う

リオでメダルを!「子供に、勝った姿を見せたい」【4月21日(木)】

 リオデジャネイロ五輪のフェンシング日本代表に決まったOKB大垣共立銀行フェンシング部の佐藤希望(のぞみ)選手が、その報告のため県庁を訪れ、古田知事と面談しました。佐藤選手は「母親になって強くなった。メダルを持って帰りたい。」と意気込みを語りました。


岐阜県ギャラリー「CASAGIFU(カーサギフ)」で岐阜のプロダクトに興味を示す来場者

「岐阜ブランド」の発信に確かな手応え世界最大級の見本市「ミラノ・サローネ」に初出展【4月12日(火)から17日(日)】

 イタリア・ミラノで開催された「ミラノ・サローネ」に自治体として初出展しました。木工家具や美濃和紙の照明をはじめ、県内企業24社31作品の展示は、有名ブランドと商談が成立するなど、国内外の来場者から高い評価を受けました。


上手副知事(左)と握手し、活躍を誓った

岐阜から世界へ!リオ五輪での活躍を誓う【4月15日(金)】

 8月に開催されるリオデジャネイロ五輪の競泳日本代表に決まった岐阜市出身の今井月(るな)選手が、その報告のため県庁を訪れ、上手副知事と面談しました。今井選手は「プレッシャーや期待を力に変えて、笑顔で日本に帰って来たい。」と意気込みを語りました。


古田知事(左)を訪れたトマーシュ・ドゥプ大使(右)

さらなる交流のきっかけにチェコ共和国駐日大使が知事を訪問【4月11日(月)】

 県がチェコ共和国製の架線集材機を導入したことを受け、チェコ共和国駐日特命全権大使が古田知事を訪問しました。両者はこれを機に今後も幅広い交流をしていくことを確認しました。その後、大使は県立森林文化アカデミーを訪れ、県が導入した機械の視察を行いました。


テープカットで開校を祝う関係者

教育機会の充実に向けて!羽島特別支援学校が開校【4月11日(月)】

 岐阜南部地域の特別支援教育の中心となる「羽島特別支援学校」の開校式が行われました。
小学部から高等部まで一貫した教育で、児童一人一人が「地域に貢献できる」力の育成に取り組み、皆様に信頼され愛される学校を目指します。


関ヶ原古戦場への期待を語る古田知事

世界三大古戦場古戦場サミットで共同宣言【3月19日(土)】

 天下分け目の合戦地「関ケ原古戦場」の魅力向上に向けて、ベルギーのワーテルロー古戦場とアメリカのゲティスバーグ古戦場の関係者を招いた「世界古戦場サミット」を開催しました。

3古戦場による共同宣言も発表し、今後は世界三大古戦場として交流を深めていきます。


ラッピングバスの完成を祝ってテープカットする関係者

世界農業遺産「清流長良川の鮎ラッピングバスでPR【3月17日(木)】

 世界農業遺産に認定された「清流長良川の鮎」を県内外に広くPRする岐阜乗合自動車株式会社のラッピングバスが完成し、お披露目式が行われました。
車体の側面と後方に、大きな鮎と関係4市(岐阜・関・美濃・郡上)に関連する写真が掲載され、岐阜バスの高速「名古屋線」「八幡線」で運行されています。


体験教室も開催され賑わうフェスティバル会場

心に潤いと安らぎを「花の都ぎふ」を目指して【3月5日(土)6日(日)】

花きの効果や活用方法を学ぶ「国際花きシンポジウム」を岐阜グランドホテルで、花と緑に親しんでもらう「ぎふフラワーフェスティバル2016」を岐阜メモリアルセンターで開催しました。県では8月7日を「花きの日」と定め、花きへの関心と理解を深める事業を実施するなど、花きの需要拡大に取り組んでいます。


古田知事と面談するリトアニア共和国国会議長一行

杉原千畝氏が繋いだ縁記憶遺産の認定に向けて連携【3月3日(木)】

杉原千畝氏の縁で交流のあるリトアニアから、ロレータ・グロウジニエネ国会議長を団長とする国会議員一行9人が来日し古田知事と面談しました。
知事からユネスコ記憶遺産の登録に向けて協力を依頼し、グロウジニエネ議長は「登録されるよう心から応援したい」と応じました。


エクセレント企業の認定を受けた企業の代表者の皆さん

県子育て支援エクセレント企業新たに25社を認定【2月24日(水)】

従業員の仕事と家庭の両立支援に取り組む「県子育て支援エクセレント企業」に新たに県内企業25社を認定しました。
認定企業は今回をあわせて合計56社となり、中には、内閣総理大臣表彰や内閣特命担当大臣表彰など全国レベルの賞を受賞する企業も生まれています。


「県の出張所ができたと思ってもらえれば」と語る佐藤学長(右)

若者の県外流出防止を目指し愛知学院大学と就職支援で協定【2月22日(月)】

 県外に進学した学生のUターンを促すため、県内の就職支援に関する協定を愛知学院大学と締結しました。
学内での県内企業の合同説明会や保護者向け就職セミナーの開催などを実施する予定で、就職支援に特化した協定を大学と結ぶのは初めてです。


遺産連合への期待を語る古田知事

世界遺産連合が発足県と関係市町村の連携強化【2月15日(月)】

「清流長良川の鮎」が世界農業遺産に認定されたことを受け、県と世界遺産などのある県内9市町村は「岐阜県世界に誇る遺産連合」を設立しました。
今後は、観光振興や地域交流などを推進するため、連携して情報発信や観光ルートづくりに取り組んでいきます。


記念撮影に応じる前列左からディヤイ・ファトーさん、村瀬久美さん、古田知事、伊藤里奈さん

県勢初Vの岐阜女子高校に清流の国ぎふ栄誉賞を授与【2月8日(月)】

 昨年末の第46回全国高校バスケットボール選抜優勝大会で初優勝した岐阜女子高校に「清流の国ぎふ栄誉賞」を贈りました。
同部は決勝でインターハイ、国体と合わせて3冠を狙った愛知の桜花学園を逆転の末破り、県勢として初の優勝を飾りました。


県政ホットニュース一覧
新着情報一覧
便利ガイド
岐阜県の魅力(岐阜県の概要)
ぎふ子育て応援団
県政広報番組
医療機関案内
職員募集
資格・試験・免許
オープンデータ
各種申請(様式集)
条例・規則(岐阜県法規集)
統計情報
入札情報
Facebook・Twitter・Blog