ナビゲーションをスキップして本文へ

清流の国 岐阜

清流の国 ぎふ 岐阜県公式ホームページ 清流の国 ぎふ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色合い
  • 標準
  • 黒
  • 黄色
  • 音声読み上げ
  • ふりがな
  • 外国語
ミナモ

ここから本文です。

緊急・重要情報

現在、緊急情報はございません。

  • 利用者別で探す
  • 組織から探す
  • サイトマップから探す
  • 県の施設案内
緊急・重要情報

現在、緊急情報はございません。

  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報

注目情報

イベント情報
【現代陶芸美術館】

 虚と実の狭間にある「臨界点=(クリティカルポイント)」を求めて制作を続けてきた現代美術家・小島久弥氏。本展では、岐阜県現代陶芸美術館の所蔵品を中心に、小島氏の演出でやきものの新しい見方を提案します。光と影が交差し、耳をすませばかすかな音が聞こえる、いつもとすこし趣を異にした美術館のなかではきっとワクワクするような発見があるでしょう。


 県では、平成26年10月、「岐阜県花きの振興に関する条例」を制定し、8月7日を「花きの日」として定め、生活の様々な場面で花きの活用を促進する取り組みを進めています。
「花きの日」に県民の皆様に花きへの関心・理解を深めていただくために、県産花きの販売や、その場で生ける花で観客を魅了する花いけバトル等「花きの日フェア」を開催します。ぜひご来場ください。
【フェア開催日】8月6日(土)、7日(日)【場所】花フェスタ記念公園(可児市)


 県では、安全・安心で新鮮な県産農産物の魅力を広く知っていただくため、7月15日(金)から8月15日(月)まで「地産地消Weekぎふ2016夏の陣」を開催します。

期間中参加店舗において、県産農産物の販売フェアや料理メニューの提供など、「地産地消」の取組みを実施します。ぜひ、この機会に清流が育んだ県産農産物を買って、食べて、その魅力を体感してください。


募集情報
【農産園芸課】

 岐阜県では、地域を花で美しく飾り、県民が誇りに思える美しい生活環境を創出するため、自宅の庭や、地域の花壇、事業所等を花で美しく飾っている個人や団体、企業を募集します。
応募詳細はホームページをご覧ください。

【募集期間】平成28年8月29日(月)から平成28年9月16日(金)


 岐阜県庁及び県の現地機関において、育児休業を取得する職員の代替職員として勤務する職員を募集します。


募集情報
【人事委員会事務局】

 岐阜県人事委員会では、平成28年度岐阜県職員採用試験(短高卒程度等)を実施します。

7月8日(金)から試験案内・申込書を配布しています。
<申込期間>平成28年7月29日(金)から8月16日(火)


 県南飛騨健康増進センターにおいては、県民の健康意識を高め、健康づくりを促進するため、森林浴に、そば打ち等をセットにした体験講座を実施しています。
このたび、岐阜方面から参加しやすくするための無料バスを運行することとしましたので、ぜひご応募ください。


募集情報
【国際園芸アカデミー】

 国際園芸アカデミーでは8月7日(日)と8日(月)の両日10時30分から15時までオープンキャンパスを開催します。学校の概略と入学試験の説明、施設の案内のほか、花き生産コース・花き装飾コース・造園緑化コースの体験授業を予定しています。また個別の相談も受け付けます。昼食をご準備の上ご参加ください。なお、参加希望日の5日前までにお申し込みください。詳しくは教務係へお問い合わせください。


イベント情報
【情報科学芸術大学院大学】

 情報科学芸術大学院大学(略称IAMAS:イアマス)では、入学や見学を希望される方を対象に、学校紹介イベント「IAMASオープンハウス2016」を開催します。
【日時】7月30日(土)から31日(日)10:00から17:00
【場所】情報科学芸術大学院大学(大垣市)


イベント情報
【農業大学校】

 農業大学校では、入学希望者を対象に学校見学会を開催します。学校の概要説明と施設・ほ場の見学ができます。※事前申込不要

■日時/8月21(日)から23日(火)10:00から15:00(所要時間50分程度)

■場所/農業大学校(可児市坂戸)

■料金/無料

■定員/なし
■申込方法/事前の申し込みは不要。開催日に直接本校にお越し下さい。
■申込先・問/農業大学校教務課まで可児市坂戸938TEL0574-62-1226


イベント情報
【農業大学校】

 農業大学校では、入学希望者を対象に一日体験入学を開催します。学校見学と実習体験(野菜・果樹・畜産の各コース)ができます。※要申込

■日時/8月19日(金)10:00から15:00

■場所/農業大学校(可児市坂戸)

■料金/無料

■定員/30人程度

■申込方法/所定の申込書に必要事項を記入のうえ、農業大学校までFAX、郵送又はメールにて

■申込期限/8月8日(月)

■申込先・問/農業大学校教務課まで可児市坂戸938TEL0574-62-1226


募集情報
【全国レクリエーション大会推進事務局】

 「第70回全国レクリエーション大会in岐阜」が9月23日(金)から25日(日)に、県内全市町村で開催されます。
子どもからお年寄りの方、障がいをお持ちの方まで、県民の皆さんがレクリエーションに触れ合うことができる大会です。
大会では、総合開会式やレクリエーション種目などに参加いただける方を募集しています。
会場や参加申込み等、詳細は大会ホームページをご覧ください。


 岐阜県立森林文化アカデミーは、森林・林業、森林環境教育、木造建築、木工・木育の分野で活躍できる人材を育成している専修学校です。

入学を検討されている方を対象に、7月24日(日)、8月20日(土)にオープンキャンパスを開催します。


 森・川・海の自然体験・活動を通じて、流域の環境について親子で楽しみながら学ぶツアー(夏コース)を実施します。ぜひご参加ください。


 岐阜県現代陶芸美術館では、2015年度に魅力発信事業と銘打ち様々な分野で活躍する専門家による講演会やワークショップを実施しました。こうした取り組みをより多くの方に周知することを目的に、2015年度魅力発信事業成果展リフレクションを開催いたします。本展では、2015年魅力発信事業にご参加いただいた、漆作家の石塚源太氏、美術家の荒木由香里氏による作品と現代陶芸美術館所蔵作品とを共にご紹介することにより、それぞれの魅力と異素材の作品が同一空間に展示されることによる共鳴をご覧いただきます。


 県内町村にお住まいのひとり親家庭を対象とした自立支援給付金事業等を実施しております。

給付金の種類は、職業能力開発のための講座を受講した場合の自立支援教育訓練給付金、就業に結びつきやすい資格の取得を目指し、養成機関に通う場合の高等職業訓練促進給付金と高等学校卒業程度認定試験合格を目指す講座を受講した場合の受講修了時給付金や合格時給付金があります。


 木曽川右岸流域下水道の各務原浄化センターは、今年4月に供用開始から25年を迎えました。

県と木曽川右岸流域下水道関連10市町では、浄化センターのはたらきや重要性を住民の皆様に広く知ってもらい、これまでに協力を得た方々に感謝することを目的に、9月10日に「感謝の集い」を開催します。
また、期間中に(公財)岐阜県浄水事業公社では様々な協賛事業を実施します。(参加費無料)
・場所/各務原浄化センター(各務原市前渡西町1521)








7月28日
新産業・エネルギー振興課


7月28日
清流の国づくり政策課


7月28日
新産業・エネルギー振興課


7月28日
県民生活相談センター

7月28日
恵那土木事務所

7月28日
東部広域水道事務所

7月28日
恵みの森づくり推進課




7月27日
学校支援課


7月27日
県民生活相談センター

7月27日
自然環境保全課


7月27日
西濃保健所


7月27日
農産物流通課




県政ホットニュース

飛騨と美濃の伝統芸能が共演

飛騨と美濃が合併して140周年節目の年を記念する式典を開催【7月8日(金)】

 飛騨美濃合併140周年を祝う式典をぎふ清流文化プラザで開催しました。
オープニングで高山市の金蔵獅子や大垣祭りの祭ばやしなどの飛騨美濃伝統芸能が共演。また、大河ドラマ「真田丸」の題字を手掛けた左官職人挾土秀平氏と日比野克彦県美術館長をお招きし、知事がコーディネートしたトークショーでは、自然や歴史など岐阜県が持つ魅力を大いに語っていただきました。


協定を結んだ古田知事と大塚製薬(株)吉田名古屋支店長

県民の健康づくりをサポート!大塚製薬株式会社と協定を締結【7月7日(木)】

 県では、大塚製薬株式会社と「健康づくり等に関する連携協定」を締結しました。「健康づくり」「スポーツ立県・ぎふの推進」「災害対策の推進」の3分野で、県民の皆様の健康的な生活をサポートしていただきます。特に9月の「第70回全国レクリエーション大会in岐阜」では、県下42市町村・全82会場での給水ブースの設置や、約2万4千人の競技参加者全員への水分補給剤の配布など、ご協力をいただきます。


知事から就農応援隊登録証を受け取った岡田応援隊長

新規就農者をサポートする就農応援隊第1号を結成!【6月28日(火)】

 11月の「第19回全国農業担い手サミットinぎふ」を前に、新規就農者を支援する「中濃就農応援隊」を結成しました。

応援隊第1号となる中濃では、自治体や商工会、金融機関など100団体が、地域ぐるみで就農相談から研修、営農定着までサポートします。
今後も、県内全域で応援隊を立ち上げ、次代を担う新規就農者の育成・確保をさらに加速していきます。


勝どきを上げ盛り上がる会場

関ケ原武将イベントシリーズ始動!-徳川家康編-【6月18日(土)、19日(日)】

 県と関ケ原町は、関ケ原古戦場グランドデザインに基づく七武将に焦点を当てた「武将イベントシリーズ」を開始しました。
初回となる今回は、天下分け目の戦いを制した「徳川家康」をテーマに、大河ドラマ「真田丸」に出演の哀川翔さんらによる歴史トーク、歴史作家桐野作人さんによる講演会、東軍の軌跡をたどるウォーキングなど多彩なイベントを開催し、両日で約5千人の方々にご来場いただきました。


古田知事から認定証を受け取ったレクリエーション推進団体の代表者の皆さま

全国レク大会まであと100日!カウントダウンボードを設置【6月15日(水)】

 9月23日から25日に開催される第70回全国レクリエーション大会in岐阜までいよいよ100日に迫り、県庁前にカウントダウンボードを設置しました。
また、「一人1レク運動」に取り組む「レクリエーション推進団体」への認定式を行い、幼稚園、学校など10団体に認定証を交付しました。


「結束力」を武器にリオでの活躍を誓うさくらジャパン

夢舞台・リオ五輪で咲き誇れ!さくらジャパンが知事に出場決定報告【6月13日(月)】

 リオデジャネイロ五輪のホッケー女子日本代表で、県ゆかりの選手と監督が県庁を訪問し、知事に出場決定の報告をしました。
今回、県勢として過去最多となる9名の選手が代表に選出されています。4大会連続の出場となる主将の中川選手は「チームワークでメダルを目指したい」と夢舞台への意気込みを語りました。


協定を結び握手を交わす古田知事とコンラン氏

世界的デザイナーと県がタッグ世界へ向けた新商品開発プロジェクト始動!【6月7日(火)】

 県では、英国デザイナーのセバスチャン・コンラン氏とデザイン連携に関する協定を締結しました。伝統工芸品を中心とした県内企業10社と共同で新商品を開発し、県産品のブランド力向上と海外販路拡大を図ります。コンラン氏は、県内企業の技術力を高く評価し、「岐阜を象徴するものを作りたい」と意気込みを語りました。新商品は来年パリで開催される「メゾン・エ・オブジェ」でお披露目します。


第二非常体制本部員会議の様子

県民の暮らしに安全・安心を!豪雨災害対応防災訓練を実施【6月6日(月)】

 市町村、国土交通省などと合同で、豪雨を想定した防災訓練を実施しました。
昨年の関東・東北豪雨の検証結果を踏まえ、初期対応の手順を確認するとともに、外国人など配慮が必要な方への避難対策、市町村域を越えた避難勧告の発令を行い、対応力を強化しました。


東南アジア漁業開発センターと技術協力に関する覚書を締結(タイ)

東南アジアで「観光・食・モノ」の三位一体キャンペーンを展開!【5月22日(日)から5月28日(土)】

 古田知事は、ベトナム・タイの2ヶ国を訪問し、トップセールスを行いました。
ベトナムでは、ゲアン省との交流、飛騨牛フェア、柿の輸入規制撤廃に向けた要望を行い、タイでは、観光・食・モノのPR、内水面漁業の技術協力に関する覚書の締結など、「清流の国ぎふ」の魅力を発信し交流を深めました。


世界記憶遺産の登録申請書を文部科学省に提出

「杉原リスト」を後世にユネスコ世界記憶遺産に申請【5月19日(木)】

 古田知事と八百津町の金子町長は、ユネスコ世界記憶遺産への登録に向け、杉原千畝氏のビザ発給記録の申請書を文部科学省に提出しました。
申請書は同省を通じてユネスコ本部に提出され、2017年に登録の可否が決定されます。


オープニングイベントを盛り上げる子どもたち

飛騨美濃合併140周年を記念!キックオフイベントを盛大に開催【5月14日(土)】

 飛騨美濃合併140周年を記念する行事のキックオフイベントが花フェスタ記念公園で開催されました。
杉原千畝に関するトークイベントをはじめ、今回、8組目の飛騨・美濃観光大使に就任したお笑いコンビ「流れ星」のライブ、飛騨と美濃の伝統芸能の共演など、多彩な催しが行われました。


古田知事から応援大使の委嘱状を受け取る浅尾美和さん

レク大会の成功に向けて「ミナレクキャラバン」を結成!【5月12日(木)】

 9月23日(金)から25日(日)に開催される第70回全国レクリエーション大会in岐阜のキャラバン隊結成と出発式が行われました。
キャラバン隊は、新たに応援大使に就任した浅尾美和さんを含めた約60人で構成され、5月15日(日)を皮切りに、県内全市町村を回り、大会のPRとレクリエーションの普及を図ります。


古田知事と握手を交わし活躍を誓う

「国体のような興奮と感動を再び」リオ競泳の選手、コーチが知事を訪問【5月9日(月)】

 リオデジャネイロ五輪の競泳日本代表の金藤理絵選手、小長谷研二選手、同パラリンピックに参加する宮本敦史コーチが古田知事を訪問し、大舞台への意気込みを語りました。
金藤、小長谷両選手は「国体以降変わらないサポートに大変感謝している。岐阜県の皆さんの応援を力に頑張る。」と活躍を誓いました。


木目調の内装と「農」(グリーン)のイメージで生まれ変わった「ジ・フーズ」

アンテナショップ「ジ・フーズ」名古屋・栄にリニューアルオープン!【5月7日(土)】

 岐阜県産の農産物加工品を販売するアンテナショップ「ジ・フーズ」がオアシス21(名古屋市栄)にリニューアルオープンしました。
店内には6次産業化商品のほか、飛騨牛や鮎の加工食品も取り揃え、豊かな大地と清流に育まれた食の魅力を発信していきます。


古田知事(左)に色紙を渡し、活躍を誓う

リオでメダルを!「子供に、勝った姿を見せたい」【4月21日(木)】

 リオデジャネイロ五輪のフェンシング日本代表に決まったOKB大垣共立銀行フェンシング部の佐藤希望(のぞみ)選手が、その報告のため県庁を訪れ、古田知事と面談しました。佐藤選手は「母親になって強くなった。メダルを持って帰りたい。」と意気込みを語りました。


岐阜県ギャラリー「CASAGIFU(カーサギフ)」で岐阜のプロダクトに興味を示す来場者

「岐阜ブランド」の発信に確かな手応え世界最大級の見本市「ミラノ・サローネ」に初出展【4月12日(火)から17日(日)】

 イタリア・ミラノで開催された「ミラノ・サローネ」に自治体として初出展しました。木工家具や美濃和紙の照明をはじめ、県内企業24社31作品の展示は、有名ブランドと商談が成立するなど、国内外の来場者から高い評価を受けました。


上手副知事(左)と握手し、活躍を誓った

岐阜から世界へ!リオ五輪での活躍を誓う【4月15日(金)】

 8月に開催されるリオデジャネイロ五輪の競泳日本代表に決まった岐阜市出身の今井月(るな)選手が、その報告のため県庁を訪れ、上手副知事と面談しました。今井選手は「プレッシャーや期待を力に変えて、笑顔で日本に帰って来たい。」と意気込みを語りました。


古田知事(左)を訪れたトマーシュ・ドゥプ大使(右)

さらなる交流のきっかけにチェコ共和国駐日大使が知事を訪問【4月11日(月)】

 県がチェコ共和国製の架線集材機を導入したことを受け、チェコ共和国駐日特命全権大使が古田知事を訪問しました。両者はこれを機に今後も幅広い交流をしていくことを確認しました。その後、大使は県立森林文化アカデミーを訪れ、県が導入した機械の視察を行いました。


テープカットで開校を祝う関係者

教育機会の充実に向けて!羽島特別支援学校が開校【4月11日(月)】

 岐阜南部地域の特別支援教育の中心となる「羽島特別支援学校」の開校式が行われました。
小学部から高等部まで一貫した教育で、児童一人一人が「地域に貢献できる」力の育成に取り組み、皆様に信頼され愛される学校を目指します。


関ヶ原古戦場への期待を語る古田知事

世界三大古戦場古戦場サミットで共同宣言【3月19日(土)】

 天下分け目の合戦地「関ケ原古戦場」の魅力向上に向けて、ベルギーのワーテルロー古戦場とアメリカのゲティスバーグ古戦場の関係者を招いた「世界古戦場サミット」を開催しました。

3古戦場による共同宣言も発表し、今後は世界三大古戦場として交流を深めていきます。


ラッピングバスの完成を祝ってテープカットする関係者

世界農業遺産「清流長良川の鮎ラッピングバスでPR【3月17日(木)】

 世界農業遺産に認定された「清流長良川の鮎」を県内外に広くPRする岐阜乗合自動車株式会社のラッピングバスが完成し、お披露目式が行われました。
車体の側面と後方に、大きな鮎と関係4市(岐阜・関・美濃・郡上)に関連する写真が掲載され、岐阜バスの高速「名古屋線」「八幡線」で運行されています。


体験教室も開催され賑わうフェスティバル会場

心に潤いと安らぎを「花の都ぎふ」を目指して【3月5日(土)6日(日)】

花きの効果や活用方法を学ぶ「国際花きシンポジウム」を岐阜グランドホテルで、花と緑に親しんでもらう「ぎふフラワーフェスティバル2016」を岐阜メモリアルセンターで開催しました。県では8月7日を「花きの日」と定め、花きへの関心と理解を深める事業を実施するなど、花きの需要拡大に取り組んでいます。


古田知事と面談するリトアニア共和国国会議長一行

杉原千畝氏が繋いだ縁記憶遺産の認定に向けて連携【3月3日(木)】

杉原千畝氏の縁で交流のあるリトアニアから、ロレータ・グロウジニエネ国会議長を団長とする国会議員一行9人が来日し古田知事と面談しました。
知事からユネスコ記憶遺産の登録に向けて協力を依頼し、グロウジニエネ議長は「登録されるよう心から応援したい」と応じました。


県政ホットニュース一覧
新着情報一覧
便利ガイド
岐阜県の魅力(岐阜県の概要)
ぎふ子育て応援団
県政広報番組
医療機関案内
職員募集
資格・試験・免許
オープンデータ
各種申請(様式集)
条例・規則(岐阜県法規集)
統計情報
入札情報
Facebook・Twitter・Blog