ナビゲーションをスキップして本文へ

清流の国 岐阜

清流の国 ぎふ 岐阜県公式ホームページ 清流の国 ぎふ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色合い
  • 標準
  • 黒
  • 黄色
  • 音声読み上げ
  • ふりがな
  • 外国語
ミナモ

ここから本文です。

緊急・重要情報
  • 利用者別で探す
  • 組織から探す
  • サイトマップから探す
  • 県の施設案内
緊急・重要情報
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報

注目情報

募集情報
【揖斐農林事務所】

平成28年11月10日に岐阜市で開催される「第19回全国農業担い手サミットinぎふ」の開催を契機として、新規就農者(新たに農業を始める人)を地域ぐるみで応援するため、自治会、民間企業、商工会、金融業界などで構成する「就農応援隊」を、県内各地に設立しています。
揖斐地域就農応援隊結団式に併せ、揖斐地域(揖斐川町・池田町・大野町)の農業の担い手を応援する大会を開催いたします。


イベント情報
【清流の国づくり政策課】

 飛騨美濃合併140周年を記念して、飛騨3市1村との共催で「飛騨・美濃味まつり」を開催します。飛騨・美濃自慢の食のブースが出展。

高山市中心部の本町商店街にて岐阜県の美味しいものが2日間に渡ってお楽しみいただけます。お誘いあわせのうえ、ぜひご来場ください。
【日時】平成28年9月10日(土)、11日(日)午前9時から午後5時(11日は午後4時まで)
【場所】本町1から3丁目商店街(高山市)


 木工芸術スクールは岐阜県が設置運営する公立の職業能力開発校です。

およそ70年の歴史と数多くの木工職人・工芸家を輩出した伝統ある訓練校です。

風光明媚な飛騨高山の地で世界的ブランドに成長した「飛騨の家具」などの家具を製作できるようになりたい!そんな貴方、是非、参加しませんか。
オープンキャンパスでは、校内施設見学、授業風景の見学などを実施します。
8月21日(日)開催、会場までJR高山駅から車で7分


 各務原浄化センターは、今年4月に供用開始から25年を迎えました。

多くの方々に各務原浄化センターへご来場いただき、そのはたらきや重要性を知ってもらうことと、これまでに協力を得た方々に感謝することを目的に、9月10日にイベントを開催します。

当日は市町イベント(名産品販売等)や花火も予定していますので、皆様お誘い合わせの上、ぜひお越しください。
※参加無料、サッカー教室のみ要事前申込〔雨天の場合には花火等一部イベントが翌日に順延されます〕


募集情報
【労働雇用課】

 就職を希望する障がい者の方を対象とした合同企業面接会を開催します。岐阜・西濃地域は事前申込が必要です。
◆岐阜地域日時:9月27日(火)13時00から16時30、場所:岐阜産業会館、約40社参加
◆西濃地域日時:10月13日(木)13時00から16時30、場所:大垣市情報工房、約20社参加
◆東濃(恵那)地域日時:10月14日(金)13時15から16時15、場所:中津川商工会議所、約10社参加


 県立森林文化アカデミーのオープンカレッジとして、岐阜の都市・農山村交流を目的に、揖斐川町春日の貝原棚田保全活動を行います。

活動内容は、稲の刈り取りや稲架(ハサ)がけ等を予定していますが、雨天の場合は地域めぐりと交流活動に変更となります。

参加費は700円(別途保険料100円程度必要)で、昼食は地元食堂のお弁当と飲み物を用意します。お申込みが必要ですので、参加を希望される方はリンク先URLをご確認ください。


イベント情報
【岐阜県美術館】

 本展はナンヤローネプロジェクトの第2弾です。

所蔵品の中から、日比野克彦館長がセレクトした作品を、まったく新しい鑑賞スタイル「SuchSuchSuch」でお楽しみいただけます。

また、タブレットを使った新しい鑑賞の楽しみ方も提案します。


美術館庭園に流れる小川を中心に、花であふれるアートの世界が出現します。期間中には、岐阜県立国際園芸アカデミー、岐阜県立国際たくみアカデミー、岐阜県立森林文化アカデミー、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)、そして美術館が協力して、さまざまなワークショップが開催されます。最終日、9月25日(日)には収穫祭が開催され、期間中に美術館庭園において活動してきた各種団体が活動の成果を発表します。


イベント情報
【現代陶芸美術館】

 虚と実の狭間にある「臨界点=(クリティカルポイント)」を求めて制作を続けてきた現代美術家・小島久弥氏。本展では、岐阜県現代陶芸美術館の所蔵品を中心に、小島氏の演出でやきものの新しい見方を提案します。光と影が交差し、耳をすませばかすかな音が聞こえる、いつもとすこし趣を異にした美術館のなかではきっとワクワクするような発見があるでしょう。


募集情報
【農産園芸課】

 岐阜県では、地域を花で美しく飾り、県民が誇りに思える美しい生活環境を創出するため、自宅の庭や、地域の花壇、事業所等を花で美しく飾っている個人や団体、企業を募集します。
応募詳細はホームページをご覧ください。

【募集期間】平成28年8月29日(月)から平成28年9月16日(金)


 県南飛騨健康増進センターにおいては、県民の健康意識を高め、健康づくりを促進するため、森林浴に、そば打ち等をセットにした体験講座を実施しています。
このたび、岐阜方面から参加しやすくするための無料バスを運行することとしましたので、ぜひご応募ください。


 森・川・海の自然体験・活動を通じて、流域の環境について親子で楽しみながら学ぶツアー(夏コース)を実施します。ぜひご参加ください。


 県内町村にお住まいのひとり親家庭を対象とした自立支援給付金事業等を実施しております。

給付金の種類は、職業能力開発のための講座を受講した場合の自立支援教育訓練給付金、就業に結びつきやすい資格の取得を目指し、養成機関に通う場合の高等職業訓練促進給付金と高等学校卒業程度認定試験合格を目指す講座を受講した場合の受講修了時給付金や合格時給付金があります。


 木曽川右岸流域下水道の各務原浄化センターは、今年4月に供用開始から25年を迎えました。

県と木曽川右岸流域下水道関連10市町では、浄化センターのはたらきや重要性を住民の皆様に広く知ってもらい、これまでに協力を得た方々に感謝することを目的に、9月10日に「感謝の集い」を開催します。
また、期間中に(公財)岐阜県浄水事業公社では様々な協賛事業を実施します。(参加費無料)
・場所/各務原浄化センター(各務原市前渡西町1521)


8月25日
農業担い手サミット推進事務局





8月25日
恵那土木事務所



8月24日
子育て支援課


8月24日
農産園芸課





8月24日
農業担い手サミット推進事務局


8月24日
揖斐警察署

8月24日
清流の国づくり政策課

8月24日
恵那農林事務所

8月23日
緊急・重要情報






8月23日
郡上農林事務所




県政ホットニュース

本美濃紙のインスタレーションなど「岐阜ブランド」で彩られた展示会場

ミラノ・サローネの感動と興奮を再現!「CASAGIFU展」が開幕【8月16日(火)】

本年4月にイタリア・ミラノで開催された国際見本市「ミラノ・サローネ」に出品した県産品を展示する「ミラノサローネCASAGIFU(岐阜の家)展」が県美術館で開幕しました。(8月28日(日)まで)
スイスのアトリエ・オイ社がデザインし、世界の注目を集めた飛騨の家具や美濃和紙のあかりなど、「岐阜ブランド」がかもしだす独特の空間が、多くの来訪者を魅了しています。


国際教育の重要性、今後の教育の方向性に関するパネルディスカッションの様子

グローバル時代の人材育成国際バカロレアシンポジウムを開催【8月9日(火)】

多様な文化を理解・尊重し、国際的な視野を持って行動できる人材育成を目指す教育プログラム「国際バカロレア」の理解を深めるシンポジウムを開催しました。
基調講演等を通じ、グローバル社会を生き抜くため、従来の「知識を覚え、暗記する」教育だけでなく「自ら調べ、考えさせる」教育の重要性を伝えました。


的をめがけて放水する団員

消防団魂の熱戦!操法大会で訓練の成果を披露【8月7日(日)】

消防団員の消防技術の向上と士気の高揚を図るため、日頃の訓練の成果を競う第65回岐阜県消防操法大会を多治見市で開催しました。
優勝した中津川市消防団をはじめ、各地域から選抜された29消防団145人が、機敏で息の合った動きを披露し、5,000人を超える来場者から大きな声援が送られました。


がんばろう三唱で盛り上がる関係者

全国農業担い手サミットまであと100日!総決起大会を開催【8月3日(水)】

11月10日(木)、11日(金)に開催する「第19回全国農業担い手サミットinぎふ」の成功にむけ、総決起大会を開催しました。
県内の農業関係者、次世代の担い手である農業高校生・大学生など約580人が参加し、県内で活躍する青年農業者が野菜や果物の栽培、牛の肥育などの取組み事例を発表しました。大会終盤には参加者一同が、がんばろう三唱で士気を高めました。


協定を締結した6団体の代表者

水素社会の実現に向けて産学官連携協定を締結【7月26日(火)】

次世代エネルギーとして注目される水素を活用したシステムを確立するため、県、八百津町、岐阜大学、(株)清流パワーエナジー、森松工業(株)、ブラザー工業(株)の6団体が連携協定を締結しました。八百津町をモデル地区とする地産地消型エネルギーシステム(木質バイオマスや太陽光で生成した水素を燃料として電気や熱を作るシステム)の構築を支援し、新たな地域産業・雇用の創出につなげていきます。


看板の除幕をする関係者

岐阜の漁業を世界へ「内水面漁業研修センター」が開所【7月24日(日)】

 世界農業遺産に認定された本県の内水面漁業の知識・技術などを、開発途上地域に広めるため、「GIAHS鮎の日」に「岐阜県内水面漁業研修センター」を開所しました。
国際協力、国際貢献の拠点として、開発途上地域からの研修生の受け入れや、研究員派遣による現地指導などの支援に取り組んでいきます。


観光セミナーで互いの観光スポット、誘客手法について紹介

さらなる交流・連携に向けてベトナム観光交流ミッションが来岐【7月20日(水)】

 本年5月の知事トップセールスを受け、ベトナム政府要人、企業などによる観光交流ミッションが来岐し、「岐阜・ベトナム観光セミナー」を開催しました。
互いの観光スポットや観光誘客手法の紹介、商談会や交流会のほか、岐阜・ベトナム友好協会とベトナム投資開発銀行が農業分野の支援に関する覚書を締結するなど、幅広い分野で交流を深めました。


開場式で開幕のテープカットをする関係者

日比野克彦ディレクションアートまるケット「ながれミながら」が開幕!【7月16日(土)】

 昨年度、開催期間中に約6万人を集めた企画展「アートまるケット」の第2弾「ながれミながら」が県美術館で開幕しました。
日比野館長監修のもと、色とりどりの花に覆われた「川に架かる橋」をモチーフにしたオブジェを設置するなど、人々が集い互いの時間を共有しあう空間を楽しむことができます。


飛騨と美濃の伝統芸能が共演

飛騨と美濃が合併して140周年節目の年を記念する式典を開催【7月8日(金)】

 飛騨美濃合併140周年を祝う式典をぎふ清流文化プラザで開催しました。
オープニングで高山市の金蔵獅子や大垣祭りの祭ばやしなどの飛騨美濃伝統芸能が共演。また、大河ドラマ「真田丸」の題字を手掛けた左官職人挾土秀平氏と日比野克彦県美術館長をお招きし、知事がコーディネートしたトークショーでは、自然や歴史など岐阜県が持つ魅力を大いに語っていただきました。


協定を結んだ古田知事と大塚製薬(株)吉田名古屋支店長

県民の健康づくりをサポート!大塚製薬株式会社と協定を締結【7月7日(木)】

 県では、大塚製薬株式会社と「健康づくり等に関する連携協定」を締結しました。「健康づくり」「スポーツ立県・ぎふの推進」「災害対策の推進」の3分野で、県民の皆様の健康的な生活をサポートしていただきます。特に9月の「第70回全国レクリエーション大会in岐阜」では、県下42市町村・全82会場での給水ブースの設置や、約2万4千人の競技参加者全員への水分補給剤の配布など、ご協力をいただきます。


知事から就農応援隊登録証を受け取った岡田応援隊長

新規就農者をサポートする就農応援隊第1号を結成!【6月28日(火)】

 11月の「第19回全国農業担い手サミットinぎふ」を前に、新規就農者を支援する「中濃就農応援隊」を結成しました。

応援隊第1号となる中濃では、自治体や商工会、金融機関など100団体が、地域ぐるみで就農相談から研修、営農定着までサポートします。
今後も、県内全域で応援隊を立ち上げ、次代を担う新規就農者の育成・確保をさらに加速していきます。


勝どきを上げ盛り上がる会場

関ケ原武将イベントシリーズ始動!-徳川家康編-【6月18日(土)、19日(日)】

 県と関ケ原町は、関ケ原古戦場グランドデザインに基づく七武将に焦点を当てた「武将イベントシリーズ」を開始しました。
初回となる今回は、天下分け目の戦いを制した「徳川家康」をテーマに、大河ドラマ「真田丸」に出演の哀川翔さんらによる歴史トーク、歴史作家桐野作人さんによる講演会、東軍の軌跡をたどるウォーキングなど多彩なイベントを開催し、両日で約5千人の方々にご来場いただきました。


古田知事から認定証を受け取ったレクリエーション推進団体の代表者の皆さま

全国レク大会まであと100日!カウントダウンボードを設置【6月15日(水)】

 9月23日から25日に開催される第70回全国レクリエーション大会in岐阜までいよいよ100日に迫り、県庁前にカウントダウンボードを設置しました。
また、「一人1レク運動」に取り組む「レクリエーション推進団体」への認定式を行い、幼稚園、学校など10団体に認定証を交付しました。


「結束力」を武器にリオでの活躍を誓うさくらジャパン

夢舞台・リオ五輪で咲き誇れ!さくらジャパンが知事に出場決定報告【6月13日(月)】

 リオデジャネイロ五輪のホッケー女子日本代表で、県ゆかりの選手と監督が県庁を訪問し、知事に出場決定の報告をしました。
今回、県勢として過去最多となる9名の選手が代表に選出されています。4大会連続の出場となる主将の中川選手は「チームワークでメダルを目指したい」と夢舞台への意気込みを語りました。


協定を結び握手を交わす古田知事とコンラン氏

世界的デザイナーと県がタッグ世界へ向けた新商品開発プロジェクト始動!【6月7日(火)】

 県では、英国デザイナーのセバスチャン・コンラン氏とデザイン連携に関する協定を締結しました。伝統工芸品を中心とした県内企業10社と共同で新商品を開発し、県産品のブランド力向上と海外販路拡大を図ります。コンラン氏は、県内企業の技術力を高く評価し、「岐阜を象徴するものを作りたい」と意気込みを語りました。新商品は来年パリで開催される「メゾン・エ・オブジェ」でお披露目します。


第二非常体制本部員会議の様子

県民の暮らしに安全・安心を!豪雨災害対応防災訓練を実施【6月6日(月)】

 市町村、国土交通省などと合同で、豪雨を想定した防災訓練を実施しました。
昨年の関東・東北豪雨の検証結果を踏まえ、初期対応の手順を確認するとともに、外国人など配慮が必要な方への避難対策、市町村域を越えた避難勧告の発令を行い、対応力を強化しました。


県政ホットニュース一覧
新着情報一覧
便利ガイド
岐阜県の魅力(岐阜県の概要)
ぎふ子育て応援団
県政広報番組
医療機関案内
職員募集
資格・試験・免許
オープンデータ
各種申請(様式集)
条例・規則(岐阜県法規集)
統計情報
入札情報
Facebook・Twitter・Blog