ナビゲーションをスキップして本文へ

清流の国 岐阜

清流の国 ぎふ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色合い
  • 標準
  • 黒
  • 黄色
  • 音声読み上げ
  • ふりがな
  • Foreign Language

ここから本文です。

  • 利用者別で探す
  • 組織から探す
  • サイトマップから探す
  • 県の施設案内
  • 観光情報
  • 特産品
  • 移住定住
  • 世界遺産
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報

注目情報

夏の間、花トピア前で花畑を作ってくれていた「くまのブンちゃん」が、冬の間、花の地球館(温室)に登場!寒いのが苦手なブンちゃんファミリーはこの冬、暖かい温室でどんな風に過ごすのでしょうか?さぁ、みんなで覗いてみよう!
◆期間/12月3日(土)から平成29年2月26日(日)
◆場所/花フェスタ記念公園(可児市)


県では、循環型社会の形成を図るための指針として、平成24年3月に「第2次岐阜県廃棄物処理計画」を策定していますが、策定から5年が経過することから、最近の動向等を踏まえ、計画の改定案を取りまとめましたので、県民の皆様からのご意見を募集します。


住民、行政、関係機関が連携・協力し、地域の防災・減災対策を充実強化し、災害に強いまちづくりを進める契機とするため、また女性や若者をはじめとした消防団員の入団促進や地域防災力の一層の推進をを図ることを目的に開催します。
日時/12月18日(日)開場12時30分/開会13時/閉会16時25分(予定)
会場/ソフトピアジャパンセンター3階ソピアホール(大垣市加賀野4-1-7)※入場無料、定員300名


養老鉄道と旅行情報誌、東海じゃらんがコラボした装飾列車「東海じゃらん号」が好評運行中です。
東海じゃらんのロゴマークと可愛いキャラクター「にゃらん」を飾り付けた「東海じゃらん号」が運行しています。限定切符やオリジナルグッズも発売中!「東海じゃらん号」の運行期間は平成29年3月26日(日)まで。


県立国際たくみアカデミーでは、下記のとおりオープンキャンパスを開催しますので、お知らせします。
【事前申込不要・参加費無料です】
◆日時平成29年1月14日(土)13時30分から(2時間程度)
◆場所国際たくみアカデミー(美濃加茂市蜂屋町上蜂屋3545-3)
◆問合せ先国際たくみアカデミー教務・開発援助課電話0574-25-2423


公演開催地に伝わる民話・伝説等を題材に創作オペラを制作しています。今年度は開催地美濃加茂市の不思議な言い伝えをもとにした「龍ヶ淵の姫」と伊深の義民をモチーフとする「天和の風」を公演します。

■開催日時/2月11日(土)・12日(日)14時から(開場13時30分)

■場所/美濃加茂市文化会館(美濃加茂市島町2-5-27)


「清流長良川の鮎」が世界農業遺産に認定されたことを受け、長良川システムを多くの方に理解して頂くために農林漁業体験、伝統文化体験、環境学習などを体感できるツアーを実施します。
このたび、『郡上八幡で雪遊びと和太鼓体験&観光列車「ながら」』など、冬の2コース(1泊2日)を企画しましたので、皆様のご参加をお待ちしております。※詳細はリンク先のチラシ等をご覧ください。


岐阜県では、財源確保の一環として、自動車税納税通知書用封筒の裏面に広告の掲載をしていただける企業等を募集します。
自動車税納税通知書は、自動車を所有している県民の方や企業に送付されますので、広告媒体として非常に有効です。ぜひご応募ください。


 岐阜県では、森林文化アカデミーの平成29年度の入学者を募集しています。第2回目の入学試験は、12月17日(土)に森と木のエンジニア科<一般入試1>を、12月18日(日)に森と木のクリエーター科<一般入試2>を実施します。願書の受付期間は、11月22日(火)から12月7日(水)消印有効です。


 大規模災害時に、被災外国人に多言語で情報提供できるよう、講義と模擬訓練による研修を、各務原市で開催します。災害時の外国人支援に語学力を生かしたい方は、ぜひご参加ください。
【日時】12月18日(日)10時から16時30分
【場所】各務原市総合福祉会館(各務原市那加桜町2-163)
【定員】30人(要申込・参加費無料)


イベント情報
【現代陶芸美術館】

 大巻伸嗣《ECHO-Crystallization》(岐阜県美術館蔵)を中心に、白によって表現される世界の可能性を岐阜県美術館と岐阜県現代陶芸美術館のコレクションから探ります。
白のトーンを選び貫いたそれぞれの造形が見せる美しさをお楽しみいただき、現代の美術、陶芸の多様な可能性について発見いただければ幸いです。


 県内町村にお住まいのひとり親家庭を対象とした自立支援給付金事業等を実施しております。

給付金の種類は、職業能力開発のための講座を受講した場合の自立支援教育訓練給付金、就業に結びつきやすい資格の取得を目指し、養成機関に通う場合の高等職業訓練促進給付金と高等学校卒業程度認定試験合格を目指す講座を受講した場合の受講修了時給付金や合格時給付金があります。









12月 7日
垂井警察署





12月 7日
選挙管理委員会事務局




12月 7日
交通企画課



12月 7日
岐阜羽島警察署

12月 7日
岐阜羽島警察署



12月 7日
警備第一課

12月 6日
各務原警察署

12月 6日
飛騨保健所


12月 6日
揖斐警察署

12月 6日
西濃保健所

12月 6日
国際課

県政ホットニュース

登録を記念したくすだま割り

祝!「山・鉾・屋台行事」ユネスコ無形文化遺産登録!【12月1日(木)】

「清流の国ぎふ」が守り伝えてきた伝統行事「高山祭の屋台行事」「古川祭の起し太鼓・屋台行事」「大垣祭のやま(車偏に山)行事」が「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。

登録を祝した記念行事で、知事は「日本の祭りが評価され非常に喜ばしい。県内の他の遺産とも相互に連携を取りながらアピールしていきたい。」と喜びを語りました。県内で無形文化遺産に登録されたのは「本美濃紙の手漉和紙技術」に続いて2件目です。


運用を開始した地上系のシステム

次期防災情報通信システムの地上系による運用を開始!【11月30日(水)】

災害発生時に電話やインターネットなどの回線が使用できなくなった場合に備えて、光ファイバー網による通信システム「地上系」の運用を開始しました。

南海トラフ地震、集中豪雨等の災害がいつ発生してもおかしくない状況にあるなか、新たなシステムによる運用が始まることにより、市町村、警察、消防等の関係機関が、より緊密に連携した対応が可能となります。

今後さらに、通信衛星による「衛星系」、ヘリ掲載無線機等による「移動系」を平成30年までに新たに整備し、強靭な防災体制の構築を進めていきます。


県民葬式典の様子

岐阜県名誉県民故田口義嘉壽氏の追悼式を開催【11月29日(火)】

9月に逝去された岐阜県名誉県民及び大垣市名誉市民であるセイノ−ホールディングス(株)取締役相談役の故田口義嘉壽氏の追悼式を追悼式実行委員会(構成:県、大垣市、セイノ−ホールディングス(株))の主催により行いました。

故田口氏は、県体育協会会長を務め、「ぎふ清流国体・清流大会」を大成功に導くなど、県スポーツ界の発展にご尽力いただきました。また、県美術館へのコレクション贈呈で県の芸術文化の発展を支えるなど、多方面にわたって県政にご貢献いただきました。

追悼式には約1,500人が参加し、田口氏が残された多大な功績と遺徳を偲びました。


原子力災害が発生した場合に備えた訓練の様子

重大事故に備えて原子力防災訓練を実施!【11月27日(日)】

原子力災害が発生したことを想定した防災訓練を実施しました。

今年度の訓練には、揖斐川町民や関係機関約700人が参加し、揖斐川町全域で防災行政無線を用いた屋内退避の広報や飲料水の放射性物質の測定・分析などを初めて実施しました。

実践的な訓練により、地域住民の防災意識が高まるとともに、災害時の対応方法に理解を深める機会になりました。


プールの完成を記念する式典でおどるミナモ

障がい者スポーツの推進拠点に岐阜県福祉友愛プールが完成!【11月27日(日)】

障がい者支援の拠点「ぎふ清流福祉エリア(岐阜市鷺山地区周辺)」に、「岐阜県福祉友愛プール」の整備が完了し、12月1日(木)にオープンします。
本プールは、バリアフリーをはじめ、音声案内装置やメッセージが表示できるテレビなど、障がいのある方に配慮した屋内温水プールとなっています。


テープカットをして開通を祝う関係者

御嵩町と八百津町がより近く!多治見白川線の伊岐津志工区開通【11月25日(金)】

主要地方道多治見白川線の御嵩町中から八百津町伊岐津志を結ぶ「やおつトンネル」を含む区間の整備が完了し、関係者約150人の出席のもと開通式を開催しました。
今回の開通により、災害時の緊急輸送道路として重要な役割を果たすとともに、御嵩−八百津町間のアクセス向上により、観光や企業誘致などが進展することを期待しています。


自社の魅力を来場者にプレゼンする企業ブース

県内企業の魅力を発信!「オール岐阜・企業フェス」を開催!【11月23日(水)】

岐阜県内での就職に向けて、県内企業の魅力を伝える交流イベント「オール岐阜・企業フェス」を開催しました。

このイベントは、県、大学、企業が連携した初めての企画で、県内企業約200社が参加し、学生らに自社の魅力をアピールしました。1,600人を超える来場者があり、「生まれ育った岐阜での就職に向けて、このような機会は参考になる。」といった意見があるなど、岐阜県での就職に理解を深めていただく貴重な機会となりました。


感謝状贈呈後の記念撮影

土岐アクアシルヴァに知事から感謝状を贈呈!【11月21日(月)】

土岐市の工業団地の開発と販売を目的に設立された「合同会社土岐アクアシルヴァ」が、工業用に造成した用地を完売しました。また、その収益の一部を県に寄附いただくこととなり、知事から感謝状を贈呈しました。

知事からは「今回の取組みは、企業誘致活動の優良事例。いただいた寄附金は、地方創生に活用させていただく」と御礼を述べました。


新名称を発表し、リニューアルへの意気込みを語る古田知事

かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫をオープン世界に一機しかない名機「飛燕」を公開!【11月19日(土)】

第二次世界大戦期に各務原市で生産された戦闘機「飛燕」の約1年間のレストア(修復)を終え、かかみがはら航空宇宙科学博物館の収蔵庫での先行公開をスタートしました。
「飛燕」は胴体、主翼、エンジンに分解された状態で展示されており、内部の構造を見ることができる貴重な機会となります。
また、オープンに先立って開催した記念式典でリニューアル後の新名称「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」を発表しました。


開所式で看板を設置する知事

女性の活躍後押しします!「女性の活躍支援センター」オープン!【11月12日(土)】

「岐阜県女性の活躍支援センター」が12日、岐阜市のふれあい福寿会館内にオープンしました。

センターでは、女性の再就職や子育てなどに関する相談・情報提供を行います。また、女性ネットワークの拡大・交流促進などに取り組みます。

センターが中心となって、ひとりひとりに寄り添い、ライフイベントにあわせたサポートを行うことで、女性の活躍を支援していきます。


鳥獣害対策サミットの研修の様子

「鳥獣害対策サミット2016」を開催!【11月11日(金)12日(土)】

揖斐川町で農業担い手サミットテーマ別研修会の一つとして「鳥獣害対策サミット」を開催し、4,000人以上が来場しました。

狩猟体験の実施、他県や県内の先進事例や県立岐阜商業高校がCoCo壱番屋と連携して開発した「鹿肉キーマカレー」の紹介などが行われました。

いずれも「地域として取り組むこと大切。」といったメッセージとして盛り込まれていました。

このほか、イノシシやシカなどの肉を使ったジビエ料理を楽しむイベントとして「森のごちそうジビエグルメグランプリ」を開催し、鳥獣害対策からその活用まで理解を深める貴重な機会となりました。


全大会で合唱する子ども達

全国農業担い手サミットinぎふ全体会を盛大に開催!【11月10日(木)】

全国の農業関係者が一堂に集結して「全国農業担い手サミットinぎふ全体会」を開催し、過去最大規模の約2,650人が参加しました。

御臨席賜った皇太子殿下からは「農業の発展を目指す人々の輪が、岐阜の地から全国に広がり、日本の農業が力強く発展することを願います」とお言葉をいただきました。

また、地域ぐるみで新規就農者を支える就農応援隊による決意表明もあり、岐阜県の新たな取組みや強い想いを全国の次代の担い手の皆様に発信する機会となりました。


記念碑を除幕する関係者と地元の子供たち

世界に誇る岐阜の遺産を後世に!「曽代用水」記念碑除幕式を開催【11月2日(水)】

昨年10月に「曽代用水」が世界かんがい施設遺産に登録されたことを記念して、登録記念碑を建立し、その除幕式を開催しました。
「曽代用水」は、江戸時代初期に農家主導で建設され、約350年経過した現在も、美濃市から関市まで約1,000ヘクタールを潤し、地域の農業を支えています。記念碑の揮毫をした知事は「誇りある施設を大切にしたい。」と述べ、記念碑の完成を祝しました。


除幕された看板の前で開所を祝う関係者

国際レベルの人材を!成長産業人材育成センター開所【11月1日(火)】

県内企業の人材育成支援の新たな拠点として、各務原市に成長産業人材育成センターを開所しました。
本センターには、約30から150人が収容できる研修室、航空宇宙産業向けの実習室を整備し、成長産業と位置付ける5分野(航空宇宙、医療福祉機器、医薬品、食料品、次世代エネルギー)に関する研修を実施します。産業界のニーズを明確に把握し、成長分野への進出、世界に通用する人材育成を支援し、成長産業の更なる発展につなげていきます。


高山祭の様子

高山祭、古川祭、大垣祭がユネスコ無形文化遺産登録へ!【11月1日(火)】

「高山市の屋台行事」「古川祭りの起し太鼓・屋台行事」「大垣祭のやま(車偏に山)行事」を含む「山・鉾・屋台行事」について、ユネスコ無形文化遺産への登録勧告が出ました。

岐阜県が世界に誇る遺産は、登録勧告が出た3件とすでに登録された「白川郷合掌造り集落」「本美濃紙」「曽代用水」「清流長良川の鮎」の4件を合わせて7件となり、岐阜県の伝統や文化が世界から高い評価を受けていることを再確認できました。

今後は、遺産の連携を強化し、広く国内外に岐阜県の魅力を発信していきます。


古田知事と谷本石川県知事との懇談

石川県知事と岐阜県知事とが懇談!世界農業遺産などの連携を確認!【10月26日(水)】

石川県の谷本知事と古田知事が懇談し、世界農業遺産認定地域の振興や白山の火山防災対策等に係る取組みなどの連携について確認しました。

世界農業遺産の連携について、古田知事と谷本知事は、認定地域の担い手の交流等による人材育成や国内外への情報発信について確認。「里山・黒海・里川を一体として進める」ことで同意するなど、更なる連携を確認する懇談となりました。


「天下富舞」を受け取る古田知事

最高級の岐阜柿を全国に届けたい!新ブランド「天下富舞」!【10月25日(火)】

県園芸特産振興会とJA全農岐阜から、柿の新ブランド「天下富舞」が知事に贈呈されました。

「天下富舞」は、昨年、県が開発した平均糖度20度以上の極めて甘い柿の新品種「ねおスイート」の中でも、特に高品質のものにつけられる新ブランドです。知事はその食感と甘みに舌鼓を打ち、「多くの人に知ってもらいたい。海外進出も楽しみ。」と期待を寄せました。


協定を締結した(左から)浅野各務原市長、古田知事、川端JAXA理事

航空宇宙産業のさらなる発展へ!JAXAと連携協定を締結!【10月21日(金)】

かかみがはら航空宇宙科学博物館等を活用した宇宙教育活動の推進を図るため、県、各務原市及びJAXAの3者で連携協定を締結しました。

JAXAが所有するロケットエンジン等の展示物の借受けや、県内小中学校においてJAXA職員が航空宇宙に関する授業を行うなど、博物館の魅力向上と本県航空宇宙産業のさらなる発展につなげていきます。


知事懇談会の様子

三重県知事と岐阜県知事とが懇談!幅広い分野で将来に向けた連携を確認!【10月18日(火)】

三重県の鈴木知事と古田知事が懇談し、関市と四日市市を結ぶ東海環状自動車道西回りルートの整備促進や開通後を想定した航空宇宙産業、観光、福祉分野などの連携について確認しました。
観光分野では、古田知事から関ケ原を題材としてストーリー性のある観光を三重県と推進する提案を行ったのに対し、鈴木知事から忍者を活用した連携の提案があるなど、新たな連携を確認する懇談となりました。


武者行列の様子

関ケ原2016イベント2日目!武者行列で大賑わい!【10月16日(日)】

関ケ原イベント2日目は、武者行列などが行われ、石田三成役の俳優山本耕史さんや徳川家康役の知事など、140名の武将が古戦場を練り歩きました。
見物客からは、「関ケ原町にこれだけの人が集まるのは見たことがない。」といった声が聞かれるなど、大変な盛り上がりとなりました。
関ケ原2016イベントは、2日間で8万人が参加、昨年に比べて3万人増加し、「世界三大古戦場関ケ原」をPRする絶好の機会となりました。


団体戦での花いけの様子

関ケ原2016イベント1日目!文化の交流地関ケ原で花いけバトルを開催!【10月15日(土)】

県と関ケ原町では、関ケ原古戦場の魅力を発信する一環として、「関ケ原2016」を開催しました。
1日目は、華道家が即興で花をいけ、観客をどれだけ魅力したかで勝敗を決める「花いけバトル」を行いました。
全国初となる団体戦による東西対抗戦では、著名な華道家10名が東軍と西軍に分かれ、知事の号令により花いけが行われました。
観客を圧倒するパフォーマンスが繰り広げられ、会場は熱気に包まれていました。


除幕式の様子

全国育樹祭1周年・全国植樹祭10周年記念大会を開催!【10月9日(日)】

全国育樹祭から1年、全国植樹祭から10年の節目に合わせて記念大会を開催し、記念碑の除幕式などを行いました。

式典では、知事が「100年先の森林づくりを見据え『ぎふ木育30年ビジョン』事業を進める。」と述べるとともに、地元の中学生が代表して「100年先の森林づくり宣言」を読み上げ、豊かな森林や清流を守り、育てていくことを宣言しました。


オープニングセレモニーの様子

花フェスタ記念公園「モロッコウィーク」開幕!8日にオープニングセレモニー開催!【10月8日(土)】

日本とモロッコ王国との外交関係樹立60周年の節目を記念して行う「モロッコウィーク」(10月8日(土)から12日(水))が開幕するとともに、「モロッコスーク(市場)」がオープンしました。
オープニングセレモニーでは、知事、駐日モロッコ公使の双方が、岐阜県とモロッコ王国が親密な関係にあることを伝えました。モロッコウィーク期間中は、モロッコ料理やモロッコ文化体験ブースが出店します。


県政ホットニュース一覧
新着情報一覧
便利ガイド
岐阜県の魅力(岐阜県の概要)
ぎふ子育て応援団
県政広報番組
医療機関案内
職員募集
資格・試験・免許
オープンデータ
各種申請(様式集)
条例・規則(岐阜県法規集)
統計情報
入札情報
Facebook・Twitter・Blog