ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県次世代エネルギービジョンを策定しました(平成28年3月)

岐阜県では、本県のエネルギー政策の方向性を示す「岐阜県次世代エネルギービジョン」を平成23年3月に策定しました。

ビジョンの計画期間である5年が経過することから、東日本大震災を契機とした社会情勢の変化やエネルギー分野における技術革新等に対応するため、平成28年度から平成32年度までを計画期間とする新たな「岐阜県次世代エネルギービジョン」を策定しました。

 

 

 

検討経過

見直しにあたっては学識経験者、民間企業、行政関係者を構成員とする「岐阜県省エネ・新エネ推進会議」で検討を行いました。

 

平成26年2月21日(金) 平成25年度第3回省エネ・新エネ推進会議において、改定の方向性を検討しました。
平成27年2月18日(水) 平成26年度第3回同会議において、改定の方向性を策定しました。
平成27年6月11日(木) 平成27年度第1回同会議において、改定の方向性の確認と推進すべき事業等について検討しました。
平成27年9月14日(月) 平成27年度第2回同会議において、改定の方向性及び目標設定等について検討しました。
平成28年1月21日(木) 平成27年度第3回同会議において、改定(素案)について検討しました。
平成28年1月28日(木)からから2月26日(金)まで パブリックコメントを実施しました。
平成28年3月17日(木) 省エネ・新エネ推進会議の委員により改定(最終案)が了承されました。
平成28年3月24日(木) 岐阜県次世代エネルギービジョンを策定しました。

 

 

パブリックコメントの結果

 

 

過去のエネルギー関連計画