ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

空港について

中部国際空港(セントレア)について

中部国際空港の概要

(1)中部国際空港の特徴

○中部の空の玄関として平成17年2月に開港した、成田国際空港・関西国際空港と並ぶトップクラスの空港です。

○愛知県常滑市の沖合の約1.5kmの伊勢湾海上に立地する、海上空港です。

○航空機の離着陸に時間制限を設けていません(24時間運用可能)

○滑走路が長いため、より多くのお客様や貨物を積んだ飛行機が、より遠くの都市へ直接飛ぶことが可能です。

(2)中部国際空港の概要

・滑走路数:1本

・方向:真方位N11°W

・長さ:3,500メートル

・幅:60メートル

・着陸帯の幅:300メートル

・空港敷地の面積:約470ヘクタール※愛知県企業庁用地を含めた空港島全体面積は約580ヘクタール

・運用時間:24時間※滑走路・誘導路等の維持作業に伴う滑走路閉鎖を除く

 

 ●中部国際空港(セントレア)<外部サイト>

岐阜県から中部国際空港へのアクセス

(1)鉄道

 〇名古屋鉄道を利用し、名鉄岐阜駅からミュースカイで56分、特急で65分(昼間時間帯)

(2)自動車

 〇岐阜市(以下を利用して約1時間10分)

 東海北陸自動車道(岐阜各務原IC)…名神高速…名古屋高速…知多半島道路…セントレアライン

 〇高山市(以下を利用して約2時間50分)

 中部縦貫道(高山IC)…東海北陸自動車道…名神高速…名古屋高速…知多半島道路…セントレアライン

 ※一般道路は実勢速度を、また有料道路は規制速度を想定し試算した一般的なルートです。

 

<注意>新ターミナルビル関連工事に伴う駐車場利用制限について

セントレアでは航空需要の増加を見据えて2019年度上期中に現在の臨時駐車場周辺に新ターミナルビルを整備します。

これに伴い、臨時駐車場が段階的に利用できなくなります。

詳しくは、ホームページ(外部サイト)をご確認ください。

 

利用促進に向けた取り組み

「中部国際空港利用促進協議会」の一員として、利用促進の取り組みを進めています。

○中部国際空港利用促進協議会(H13.11.16設立)

 代表理事:中部経済連合会会長、名古屋商工会議所会頭

 構成員:愛知県、岐阜県、三重県、名古屋市、中部経済連合会、名古屋商工会議所、中部国際空港(株)

 

<主な事業>

1)就航路線/便数の維持・拡大:

・就航を検討する有力航空会社への宣伝活動

・就航路線に係わるイベントやセミナー等の開催など

2)貨物の利用促進:

・国際貨物の輸出入量を増やした荷主・混載事業者への協力金など

3)旅客の利用促進:

・インバウンド(海外からの観光客誘致)の促進

・外国のメディアや旅行代理店の中部圏への招聘など

 

 ※2017年度セントレアキッズクラブ会員特別募集をしています!

二本目滑走路の実現に向けた取り組み

 今後、この地域が国際交流大都市圏として、さらに一層の発展を目指していくためには、中部国際空港に二本目の滑走路が整備され、24時間フルに運用できる空港としていくことが必要であるため、関係自治体、経済界などで構成する「中部国際空港二本目滑走路建設促進期成同盟会」においてその実現に向けた取り組みを進めています。

○中部国際空港二本目滑走路建設促進期成同盟会(H20.4.30設立)

会長:愛知県知事

副会長:岐阜県知事、三重県知事、名古屋市長、中経連会長、名商会頭

会員:各県の県議会議長、市長会長、商工会議所連合会長など35団体

 

名古屋飛行場について

 平成17年2月、中部国際空港の開港と同時に、コミューター航空やビジネス機など小型機の拠点空港として、愛知県が設置管理する名古屋飛行場、通称「県営名古屋空港」が開港しました。

 

 ●名古屋空港<HP>(外部サイト)

 

<名古屋空港の駐車場について>

 愛知県から県営名古屋空港ご利用の皆様へ駐車場利用に関するお知らせです。

 繁忙期(ゴールデンウィーク・お盆・年末年始)には、駐車場が満車になり、駐車頂けない場合や、駐車場の混雑により、航空機の搭乗に間に合わない場合があります。

 空港へお越しの際は、名古屋・勝川・西春の各駅と空港を約20分で結ぶバスを始めとする公共交通機関を御利用くださいますようお願いいたします。

 

 多治見・中津川方面からお越しの方は、JR中央本線「勝川駅」から、

 岐阜・大垣方面からお越しの方は、「名古屋駅」からのバス利用が便利です。

 

 詳細は県営名古屋空港のHPのtopicsをご覧ください。(外部サイト)

 

 問い合わせ先:県営名古屋空港(電話0568-29-1600)