ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

都市防災総合推進事業の概要

目的

 密集市街地に代表される防災上危険な市街地の防災性を図ることを目的に、危険度判定調査等のソフト対策から、建築物の不燃化、避難地・避難路の整備等のハード対策まで、多種多様なメニューにより、総合的に防災対策を支援するものです。

補助メニュー

1.災害危険度判定調査

 都市で起こりうる様々な災害について、防災上重点的かつ緊急に整備を必要としている地域を明確にします。

2.住民等のまちづくり活動支援

 防災都市づくりに関して住民等が主体となったまちづくり活動を支援します。

3.地区公共施設等整備

 道路、公園、防災まちづくり拠点施設等の整備を行います。

4.都市防災不燃化促進

 避難地・避難路・延焼遮断帯周辺等の建築物の不燃化を行います。

5.密集市街地緊急リノベーション事業

 重点密集市街地において、都市計画道路整備に併せた沿道整備を促進するため、計画コーディネート支援、事業採択要件の緩和により防災環境軸の整備を推進します。