ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

市街地再開発事業

市街地再開発事業の概要

市街地再開発事業の目的

市街地再開発事業は、低層の木造建築物が密集し、生活環境の悪化した平面的な市街地において、細分化された宅地の統合、不燃化された共同建築物の建築及び公園、緑地、広場、街路等の公共施設の整備と有効なオープンスペースの確保を一体的・総合的に行い、安全で快適な都市環境を創造しようとするもので、都市再開発法に基づき行われる事業です。

事業目的の重点の置き方につきましては、施行者によって異なりますが、概ね次のように大別できます。

[1]幹線街路や駅前広場の整備と駅前地区などの整備を主目的とするもの。

[2]既成市街地内に良好な住宅を供給し、地区内の住環境の改善を主目的とするもの。

[3]中心市街地の活性化、商店街の近代化を主目的とするもの。

[4]防災上危険な密集市街地等の整備改善、老朽建築物の建替えを主目的とするもの。

[5]県や市の公益施設の整備を主目的とするもの。

 

市街地再開発事業のしくみ

○敷地を共同化して高度利用し、道路等の公共施設やオープンスペースを生み出します。

○市街地再開発事業に参加しない転出希望者は、現在の資産について金銭で補償を受けることができます。

○現在の資産は、再開発ビルの床(床と土地に関する権利)に等価で置き換わります。(権利床)

○工事期間中の営業は、原則として仮設店舗で継続します。

○ビルの建設費用は、補助金や土地の高度利用で生み出した床(保留床)を売却すること等でまかないます。

 

市街地再開発事業の施行者

 

都市再開発法では、次の者が施行者とされています。

[1]組合

施行区域内の宅地の所有者又は借地権者が、5人以上共同して一定の条件を満たした場合に組合設立し、施行者になることができます。

また、地区内の地主、借地人はたとえ事業に反対であっても全員が組合員となります。

[2]個人

施行区域内の宅地の所有者又は借地権者、または、これらの同意を得た者は、一人又は数人で共同して施行者となることができます。

なお、個人施行においては、必ずしも施行区域内の権利者全員が施行者になる必要はなく(5人以下でも可)、また、事業の都市計画決定がなくても施行可能です。

[3]再開発会社

平成14年の法改正により創設されたもので、市街地再開事業を主たる目的とする株式会社です。

なお、議決権の過半を有する所有者又は借地権者及びこれらの株式会社が、施行区域内の宅地と借地について2/3以上を保有することが必要です。

[4]地方公共団体

地方公共団体は、駅前広場、街路、防災公園等の公共施設を整備することを主目的として、市街地再開発事業を施行します。

[5]都市再生機構・地方住宅供給公社等

独立行政法人都市再生機構は、再開発を促進すべき地区の整備改善を図ること又は賃貸住宅の建設と併せて実施することが必要な場合に、地方住宅供給公社は、公社の行う住宅の建設と併せて実施することが必要な場合に、市街地再開発事業を施行することができます。