ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

資格更新の手続きの流れ

1資格を更新するための手続きの流れ

自然工法管理士資格を更新するにあたっての手続きは下記のとおりです。

1単位の取得_岐阜県自然工法管理士継続教育(自己研鑽)に参加し、必要な単位を取得。

2更新の申請_所定の書式により更新を申請します。

3更新認定_岐阜県自然工法管理士認定審議会での審査を経て、更新認定を受けます。

4認定手続き_更新認定を受けた方に対し認定証交付の案内を差し上げます。案内に従って手続きを行ってください。

5認定証の交付_認定証が交付されます。認定期間は5年間であり、更新には再度所定の手続きが必要となります。

 

2単位の取得

 更新をするためには、自己研鑽による継続教育を行い、所定の単位(10単位)を取得する必要があります。

 内容別の単位数の表は下記のとおりです。

 なお、申請時点において岐阜県自然共生工法研究会に個人会員として3年以上在籍している方については、
10単位のうち5単位を免除します。

教育形態区分 内容 単位数

一般講習参加
・各種団体等が開催する自然共生や環境等に関する講習会、研修会、シンポジウム等への参加(講師、発表者含む)
・会社内や自主団体等において自然共生・環境に関して開催した勉強会等への参加
・自然共生・環境に関する図書等による自己研鑽(注1)
・自然環境保護・清掃などのボランティア活動への参加(注1)
・図書、雑誌、機関誌等への自然共生や環境に関した投稿
・業務における自然共生・環境に関する技術提案、施工実施
1単位

登録講習参加
(注2)
・行政が主催するもの、及び岐阜県自然共生工法研究会に登録された自然共生や環境等に関する講習会、研修会、シンポジウム等への参加(講師、発表者含む)
(ただし、一般公募を行っているものに限る)
2単位

岐阜県自然共生工法研究会への参加(以下「研究会」)
・研究会が開催する行事(講習会、勉強会、シンポジウム等)への参加 2単位
・研究会の会報誌等への投稿
・研究会の講師としての参加
3単位
・研究会が開催する行事(事例発表会等)へ発表者として参加
(注3)
2から
4単位
・研究会が開催する行事(事例発表会等)においてポスター発表 1から
2単位

論文発表
・自然共生や環境等に関した論文発表(注3) 2から
5単位

岐阜県自然工法
管理士養成講習
会の受講
・岐阜県自然工法管理士養成講習課程の修了 10単位

(注1)のみ、報告上限を3単位までとする。

(注2)登録講習とは、岐阜県自然工法管理士継続教育講習会登録申請書により岐阜県自然共生工法研究会に
登録を行ったものをいう。

(注3)学会や協会等の論文選定委員会により選定されたものを5単位とする。他については自己申告により
2から4単位で申請。論文発表申請については、認定委員会により査読審査を行う。

 

3更新の申請について

下記の書類を郵送(極力書留または簡易書留で送付願います。)または持参にて事務局まで提出してください。自署が必要なためFAX又はEメールでの提出は認めません。(普通郵便による場合、通信事故による責任は負いません)

 

 ・更新申請書(別紙様式3ー1)(WORD版)(PDF版)

 ・継続教育(自己研鑽)記録簿(別紙様式4)(WORD版)(PDF版)

 

 ・提出先:〒500-8570岐阜県庁県土整備部技術検査課宛

 「管理士更新申請書在中」と記入願います。

 (上記の郵便番号は岐阜県庁専用であるため、住所は記入不要です。)

 ・問い合わせ先:TEL058-272-1111内線2294FAX058-278-2734

 E-mailc11656@pref.gifu.lg.jp

 

4更新の認定について

 岐阜県自然工法管理士認定審議会での審査を経て、更新認定を受けます。

 なお、事務局において受付を終了したものから、更新受付リストに認定証番号が掲載されます。

 

5認定手続・認定証の交付

 更新認定を受けた方に対し、認定期間終了前1から2ヶ月を目処に認定証交付手続きの案内が送付されます。

 案内に従って認定手続きを行ってください。(認定証交付に作成費用1,000円が必要になります。)

 後日、認定証が郵送されます。なお、更新後も5年毎に更新手続きが必要となりますのでご注意ください。