ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「清流の国ぎふづくり」に向けた大江川における総合的な水質浄化対策について

事業経緯

 海津市内を流れる大江川では、流れがほとんどなく富栄養化が進み、平成22年には、微細な藻類であるアオコが発生・腐敗して、水質悪化や悪臭等で地元の苦情が相次ぐなど、河川環境面での問題が発生しています。

 このため、「清流の国ぎふ」づくりの一環として、平成23年度に学識者や関係機関からなる「清流の国ぎふづくり大江川環境対策協議会」を設置し、ご意見をいただきながら浄化対策についての検討を進め、これまでに、水質対策船やモーターボートによる撹拌(かくはん)、底泥の浚渫(しゅんせつ)、揖斐川から大江川への導水社会実験など、水質浄化に向けた各種実験・調査を実施しました。

 平成25年度からは、大江川流域の生活排水や農地からの栄養塩類の流入抑制に係る取り組み、水温上昇の抑制や水質浄化、あるいは発生したアオコの集積抑制の取り組みを、関係自治体や地域における取り組みと連携して、総合的な水質浄化対策として進めていきます。

大江川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

清流の国ぎふづくり大江川環境対策協議会

 大江川におけるアオコの発生メカニズムの解明や浄化対策などについて、幅広く検討する必要があることから、学識経験者や、国、海津市等の関係機関を構成員とする「清流の国ぎふづくり大江川環境対策協議会」を平成23年9月6日に設置し、各委員からの意見聴取を行いながら具体的な対策を検討しています。

「清流の国ぎふづくり大江川環境対策協議会」委員一覧
学識経験者

水野瑞夫(座長岐阜薬科大学名誉教授/(一財)自然学総合研究所最高顧問)

李富生(岐阜大学教授)

国・自治体関係者等

海津市長

森正弘岐阜県議会議員/高須輪中土地改良区理事長

高須輪中土地改良区事務局長

国土交通省中部地方整備局河川部河川環境課長、木曽川上流河川事務所長、

木曽川下流河川事務所長

農林水産省東海農政局整備部水利整備課長

岐阜県県土整備部長、農政部農業技監、西濃振興局副局長、大垣土木事務所長、河川環境研究所

 

 「清流の国ぎふづくり大江川環境対策協議会」資料等

 

平成23,24年度の取り組み

 「清流の国ぎふづくり大江川環境対策協議会」において、ご意見をいただきながら浄化対策についての検討を進め、これまでに、水質対策船やモーターボートによる撹拌(かくはん)、底泥の浚渫(しゅんせつ)、揖斐川から大江川への導水社会実験など、水質浄化に向けた各種実験・調査を実施し、その効果を検証するとともに大江川におけるアオコの発生メカニズムを解明しました。

【大江川におけるアオコの発生メカニズム】
  • 大江川の水質環境は、一般的なアオコの発生条件を全て満たしている。
  • 発生したアオコは南風により吹き流され、流れのない箇所に徐々に集積し、水面を覆って腐敗し、悪臭が発生する。
  • 降雨がなく晴天で高温状態が続き、水温も30℃近い状態が一週間程度続くと、アオコが大量発生する可能性が高くなる。

 

 

※アオコの発生に至る一般的な条件

  • 滞留時間が十分であること(風が弱く、水の流れが緩やか)
  • 水温が30℃近くあること
  • 栄養塩類(窒素・リン)が水中に高濃度存在すること
  • pHが6〜9程度であること
  • 日射量が十分であること

 

 

 

 

 大江川浄化対策報告書(概要版)(2,893kb)

 大江川浄化対策報告書〜「清流の国ぎふ」づくりの取り組み〜(10,442kb)

 

平成25年度の取り組み

 アオコの発生要因の一つである大江川の水中の栄養塩類の濃度を低下させるために、大江川流域の生活排水や農地からの栄養塩類の流入抑制に係る取り組みを「中長期的対策」として進め、それが効果を発揮するまで間に、「当面の対策」として水温上昇の抑制や水質浄化、あるいは発生したアオコの集積抑制の取り組みを並行して実施していきます。

 また、これらの取り組みを、関係自治体や地域における取り組みと連携して、総合的な水質浄化対策として進めていきます。

 記者発表資料(1,658kb)

 

大江川浄化用水導水開始式の開催

 アオコの発生が課題となっている海津市内を流れる大江川における総合的な水質浄化対策の一環として、平成25年度から揖斐川から大江川への浄化用水の導水を本格運用するにあたり、「大江川浄化用水導水開始式」を開催しました。

 記者発表資料(837kb)

 大江川浄化用水導水開始式の開催

  

海津明誠高等学校による空芯菜の水耕栽培の実施

 地域における取り組みとして、県立海津明誠高等学校による水中の栄養塩類の吸収を目的とした、大江川での空芯菜の水耕栽培が実施されました。

 記者発表資料(1,302kb)

 

平成26年度の取り組み

 大江川の総合的な水質浄化対策を関係機関と協力して行い、前年度に引き続き、揖斐川から大江川への浄化用水導水を実施します。

 記者発表資料(635kb)