ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

中野方ダム

中野方(なかのほう)ダムは、岐阜県恵那市中野方町地内に建設を行った多目的ダムで、平成17年から管理を開始しています。

中野方ダム写真 

建設の目的

水害から守る

ダム地点の計画高水流量43m3/sのうち、25m3/sの洪水調節を行うことで、中野方川沿川流域の水害から守ります。

既得取水の安定化と河川環境の保全等

ダム下流の中野方川において、既得取水の安定化および河川環境保全等のため、流量を確保します。

水道用水に利用する

恵那市中野方町を対象に、水道用水として新たに820m3/日の取水を可能にします。

 

事業経緯

昭和61年度  予備調査着手 
平成2年度  建設事業採択 
平成10年度  補償基準妥結 
平成13年度  本体工事着手 
平成16年度  試験湛水実施 
平成18年度  管理開始 
 

 ダムの諸元
総貯水量 

411千m3 

有効貯水量 

371千m3 

集水面積 

1.6km2 

湛水面積 

0.05km2