ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

木造住宅の耐震化について

 ここでは、木造住宅の耐震化に関連した情報をお届けします。木造住宅の耐震性能などを理解し、命を守るための耐震化を実施しましょう。

※このページの内容をお読みいただいてから、木造住宅の危険度が評価できるサイト

「ぎふ耐震リフォーム支援ツール」をご利用いただくようお願いします。

既にお読みの方は直接アクセスしてください。「ぎふ耐震リフォーム支援ツール」は→こちら(外部サイト)

1木造住宅の耐震性能について

 昭和56年以前に建設された木造住宅については、「旧基準木造住宅」と呼ばれ、耐震性が劣ることが確認されています。
木造住宅の耐震性は、耐震評点であらわされ、評点1.0が「現行の建築基準法で定められている最低限の耐震性能レベルと同程度」と言われています。

2「無料耐震診断」を受診し、自宅の耐震評点を知りましょう

 ご自宅の詳細な耐震性能を把握するには、専門家による耐震診断を受診してください。
県内全域で、昭和56年以前に建設された木造住宅について、専門家による無料の耐震診断を受診することができます。申し込み方法については、お住まいの市町村窓口にお問い合わせください。(申請に書類が必要な場合などがあります。まずは、お電話でお問い合わせください。)
市町村耐震診断受付窓口は→こちら

 耐震診断を受診していない場合、耐震評点についてご自宅の建設年代や状態から下表のように想定できます。この想定は「ぎふ耐震リフォーム支援ツール」でも選択することができます。

【建設年代、自宅の状態と参考評点】

   

建設年代

1970年以前

1971年から1980年

自宅の状態(参考)

劣悪

0.2

0.2

・柱や壁が傾いている
・過去に水害や地震などで被害が発生したことがある
・シロアリの被害にあっている

弱そう

0.3

0.4

・1階外壁の東西南北のうち、壁が全くない面がある
・瓦屋根などの比較的重い屋根で、1階に壁が少ない
・平面形状がLやT字等の複雑な平面である

まあまあ

0.5

0.6

・平面形状が長方形に近い平面である
・建物の損傷について、その都度補修している

強そう

0.7

0.8

 

<表の見方>昭和48年建設、状態「まあまあ」の場合→想定評点0.6(参考)1970年=昭和45年

※この表で示す評点はあくまで「参考」であり、実際の耐震診断結果とは異なります。

3耐震評点と被害の様子について

 耐震評点は建物の強さの程度を示し、数値が小さいほど強度がない(弱い)こととなります。評点と震度、その際の被害の様子については、図のような学識研究がありますので参考としてください。

評点と被害の関係
【印刷用PDFファイルはこちら】

4現状の「危険度(リスク)」を正しく認識しましょう

 耐震評点と被害の様子の関係がわかったら、現状を正しく認識しましょう。
「ぎふ耐震リフォーム支援ツール」では、住所、住宅の広さと資産価値、耐震評点を入力することで、住所地に応じた予測震度を考慮した「危険度(リスク)」が評価できます。
評価の結果は、「少なくとも命が守れる程度(評点:0.7)に改修した場合」、「現行の建築基準法で定められている最低限の耐震性能レベル(評点1.0)に改修した場合」、の2とおりの危険度が比較して表示されます。

「ぎふ耐震リフォーム支援ツール」

http://gifu.taisin-reform.net/index.php(外部サイト)

【評価に必要な情報】
「住所」「住宅の広さ」「住宅の価値」「耐震診断評点(不明の場合は建設年代と劣化の程度を選択)」
※「住宅の広さ」「住宅の価値」は固定資産税の納税通知書などで確認できます。

 

5耐震改修の効果を比較してみましょう

 「ぎふ耐震リフォーム支援ツール」では,「いつ」「どこまで」耐震改修をすると、地震リスクをどの程度小さくできるかも評価できます。現実的ないくつかの選択肢について低減効果と必要な費用を比較検討し,最適な耐震改修戦略を見つけましょう。

 

6木造住宅の耐震化への支援について

 木造住宅の耐震化(診断、改修)については、行政からの補助が受けられます。補助の他、改修費用を借り入れる際の利子補給や税制優遇などの支援があります。
「耐震診断」に対する支援は→こちら
「耐震補強」に対する支援は→こちら