ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

建築物の耐震化について

1建築物の耐震性能について

 昭和56年以前に建設された建築物は「旧耐震基準建築物」と呼ばれ、耐震性が劣っていることが確認されています。
建築物の耐震性能は、耐震指標「Is値」で表され、Is値が0.6未満の場合に「耐震性がない」と判断され、地震の際に倒壊などの被害が発生する可能性があります。

 

 

2耐震診断を受診し、安全性を確認しましょう

 建築物の耐震診断は、Is値は専門家(建築士など)による耐震診断により把握することができます。耐震診断の際には、建設当時に設計図などがあると、より正確に耐震性能が把握できます。

 

 

3耐震診断への支援(補助)について

 木造住宅以外の建築物で、昭和56年5月31日以前に建設(着工)された建築物の耐震診断を対象に、補助を実施しています。(一部の市町村では実施していない場合があります。)
補助の対象や条件など、詳細は市町村窓口にお問い合わせください。
耐震診断に対する支援については→こちら