ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

簡易専用水道の届出について

簡易専用水道とは

マンション、病院、大規模店舗などでは、水道水を「受水槽」という水槽に受けてから利用している施設が多くあります。
この受水槽の有効容量※が、10m3を超える施設は「簡易専用水道」といい、水道法の規制対象となります。

 簡易専用水道の設置者には、安全で適切な水を利用者に供給するために、施設の衛生な管理を行うことが義務付けられています。

 ※有効容量とは水の最高水位と最低水位との間に貯留される水量。
有効容量(m3)=受水槽の縦の長さ(m)×横の長さ(m)×有効水深(m)

 ※受水槽の有効容量の合計とは
給水管等で接続されている複数の受水槽の有効容量の合計

 

簡易専用水道に該当しない施設

・受水槽の有効容量が10m3以下の施設

・飲み水として使用しない施設(工業用水、消防用水等)

・地下水(井戸水)等水道水以外のものを貯留している施設

 

簡易専用水道の管理義務(水道法第34条の2)

保健所への届出(平成25年4月1日より設置場所が市内の施設は届出先が各市になりました。)

(1)簡易専用水道を設置する場合

(2)届け出ている受水槽などの構造に変更があった場合

(3)届け出ている施設名や設置者及び管理者に変更があった場合

(4)簡易専用水道を廃止する場合

(5)簡易専用水道に関する改善計画書(改善完了報告書)

※各様式は、こちら

 

簡易専用水道の検査

(1)1年以内ごとに1回、登録検査機関の検査を受けてください。

厚生労働大臣の登録を受けた検査機関(水道法第34条の2第2項)については「厚生労働省のホームページ」(外部サイト)を参照し、依頼してください。

(2)検査の結果、衛生上特に問題があると認めた場合には、飛彈保健所生活衛生課にその旨を報告してください。
(簡易専用水道に関する改善計画書(改善完了報告書))

 

施設の維持管理

1.水槽の清掃を1年以内ごとに1回定期的に行ってください。

2.水槽のき裂等により水槽内に有害物、汚水等の混入がないよう定期的に点検を行い、欠陥を発見したときは、すみやかに改善の措置を講じてください。

3.給水栓における水の色、濁り、臭い、味等の外観及び残留塩素の有無に注意し、これらに異常があるとき、又は水槽内の水が汚染された疑いのあるときは、必要な水質検査を実施し、その安全性の確認を行ってください。

4.供給する水が、人の健康を害するおそれがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、又その旨を利用者等に知らせてください。

5.管理については、帳簿を備えて記録し、3年間保存してください。

6.設置者が管理を行わない場合には、実際に管理を担当する者を明確にしてください。

 

届出先・問い合わせ先

  • 白川村の方

 飛騨保健所生活衛生課試験検査担当
高山市上岡本町7-468飛騨総合庁舎内
TEL0577-33-1111(内線316、317)

  • 高山市の方

 高山市水道部上水道課
高山市花岡町2丁目18番地高山市役所内
TEL0577-35-3149

  • 飛騨市の方

 飛騨市環境水道部水道課
飛騨市古川町本町2-22飛騨市役所内
TEL0577-73-7484

  • 下呂市の方

 下呂市上下水道部
下呂市森960番地下呂市役所内
TEL0576-24-2222