ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県道路施設維持管理指針

 

 岐阜県は、飛騨地域に標高3,000メートルを越える山々が連なる一方、美濃地域の濃尾平野に木曽三川が流れるなど自然に恵まれた地形で、標高差や気候の差が激しいなど厳しい地勢の中、県民生活の向上に必要な道路施設の整備に取り組んできました。
2012(平成24)年4月現在で県が管理する道路は、道路延長4,152km、橋梁4,336橋、トンネル173箇所と、全国でもトップクラスの道路施設を管理していますが、これらの施設は多くが高度経済成長期以降に建設されたことから、今後、急速に高齢化が進行するため、老朽化対策も含めたきめ細やかな維持管理を行っていくことが必要とされています。
しかし、その必要性が認識される一方、補修や更新に要する費用はますます増大することが予想され、少子高齢化による社会保障費の増加等も勘案すると、今後、予算状況は厳しさが増していくほか、これに加えて、今般の道路法改正により、道路管理者は施設の点検を行うべきことが明確化されたところです。
このような背景から、県民が安全に利用出来る道路環境の確保、きめ細やかな対策を行うため、道路管理者が実施すべき施設の維持管理の水準と目指すべき姿などを示した「岐阜県道路施設維持管理指針」を策定しました。
今後は、この指針と関連する維持修繕計画等に基づき、計画的な道路施設の状態把握、修繕等の維持管理、安全対策等を行うともに、必要に応じ、指針の内容等の見直しも行います。

 

岐阜県道路施設維持管理指針

 [平成26年7月改訂版]
岐阜県道路施設維持管理指針
岐阜県道路施設維持管理指針(概要版)