ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

清流長良川あゆパークについて

 近年、若い世代の川離れなどが進み、鮎の漁獲量や遊漁者数などが減少してきている中で、県は、広く県民の皆様に漁業を体験する場を提供し、その振興及び発展を図るとともに、世界農業遺産「清流長良川の鮎」に関する情報発信を行うための施設として「清流長良川あゆパーク」の整備を進めています。

整備概要について

  • 建設予定地

郡上市白鳥町長滝(道の駅白鳥の隣接地)地内

  • 整備面積

約1.9ha(うち、中核施設468平方メートル)

  • 整備内容

中核施設(展示・研修室、川魚料理等を提供するレストラン等)

野外施設(魚ふれあい水辺、釣り体験広場、あじわい広場、親水護岸等)

<参考資料>

計画平面図(PDF:790kb)

各施設のイメージパース図(PDF:365kb)

  • 総事業費

約5.3億円

  • 整備スケジュール
年度 主な内容
26

基本計画・基本設計業務(全体計画、整備コンセプト等)

測量・設計業務(河川法手続きのための測量等)

27

実施設計業務(中核施設、基盤整備)

環境調査業務(整備予定地周辺の生物調査)

28

土地造成工事

親水護岸工事

29

中核施設の建築、野外施設工事

展示物・備品の設置

30 供用開始

 

施設利用について

施設の供用開始は平成30年度を予定しています。

 

供用開始日以降の施設利用について

  • 利用時間

午前9時から午後5時まで

  • 休館日

火曜日(当該火曜日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)である場合には、その翌日以降の最初の休日でない日)、1月1日及び12月31日